世界自然遺産の登録へ

お問い合わせ

フォントサイズ


時を紡ぐ、彩りの島

「奄美×琉球」を世界自然遺産へ

次世代へと受け継ぎたい、美しい自然、貴重な生態系を有している

「奄美・琉球」。鹿児島県から沖縄県にまたがる、奄美大島、徳之島、

やんばる(沖縄島北部)、西表島の「世界自然遺産」登録を見据え、

各地域の魅力と豊かな個性をナビゲートします。

次世代へと受け継ぎたい、美しい自然、貴重な生態系を有している「奄美・琉球」。鹿児島県から沖縄県にまたがる、奄美大島、徳之島、やんばる(沖縄島北部)、西表島の「世界自然遺産」登録を見据え、各地域の魅力と豊かな個性をナビゲートします。

奄美×琉球エリア地図

世界自然遺産とは

「世界自然遺産」は、世界共通の財産として後世へと受け継いでいくべき、貴重な宝物。世界遺産条約に基づいて、「地形・地質」「生態系」「自然景観」「生物多様性」といった4つの評価基準のいずれかで世界で唯一の価値を有する地域を、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が登録します。

日本国内では、これまでに屋久島(鹿児島県)・白神山地(青森県、秋田県)・知床(北海道)・小笠原諸島(東京都)の4地域が「世界自然遺産」に登録されており、現在、鹿児島県から沖縄県の南西諸島にまたがる「奄美・琉球」はそれに続く世界自然遺産候補地として選定されています。

「世界自然遺産」には、貴重な自然の景観や地形、そこに生息する稀少な動植物や独自の生態系を次の世代へ遺したい、という人類の強い思いが込められています。


「奄美・琉球 」対象地域を訪れる際の注意事項とご協力のお願い

世界自然遺産登録を見据えた「奄美・沖縄」の各島・対象地域は、奥深い森や海岸線など、手つかずの自然が残るエリアが多いため、適した衣服・履物等の装備を事前に調べ、怪我・事故などがないよう十分にご注意ください。また、対象地域では自然保護の観点から、動植物の採取・捕獲・各エリアからの持ち出し等を行わないようにご注意ください。世界共通の財産である豊かな自然を守りながら、次世代へ受け継ぐためにも皆様一人ひとりのご協力をお願いいたします。


Page Top