本物の素材を生かしたメニューがいっぱい!かごっまグルメ&お土産

地元で愛されるローカルおやつ

子どもも大人も甘くて幸せなスイーツタイムを♪
食べ歩いても良し、お土産にしても良し!鹿児島県ならではの可愛くて美味しいお菓子やスイーツを紹介します。全国で知られるようになったしろくまやさつまいもを使ったスイーツの他、昔から変わらない素朴なお菓子も要チェックです。

※画像は全てイメージです。
今や全国区となった鹿児島のかき氷
鹿児島を代表するスイーツと言えば、やっぱり「しろくま」でしょう。削りたての氷の上には、甘~い練乳と彩り鮮やかなフルーツがたっぷり。崩して食べるのがもったいないほどキュートな見た目も人気のポイントです。県内では「喫茶店の数だけしろくまがある」と言われるほど、さまざまなバリエーションのしろくまが存在。単なるかき氷とはひと味違う、本場のしろくまをぜひどうぞ。
絶対はずせない!鹿児島スイーツの大定番
薩摩の芋と書いて「さつまいも」。さつまいもの生産量全国1位を誇る鹿児島県には、かりんとうやからいも飴などの昔懐かしいお菓子から、さつまいもの甘さを活かした極上のスイーツまで、魅力的な商品がたくさんあります。
観光の途中で立ち寄りたいのが、天文館の中心に位置するフェスティバロのカフェ「みなみ風」。こちらのカフェのイチオシはなんといっても「焼きたてラブリー」。いつもはひんやり冷たいラブリーが、ここではあつあつサクッと焼きたてでお召し上がりいただけます。また、農園で育てているフレッシュハーブティーは、香り豊かで心も体も安らぐと評判です。

「みなみ風」
〒892-0826 鹿児島県鹿児島市呉服町1-1(唐芋ワールド2階)
電話番号:099-239-1333
営業時間:11時30分~18時30分ラストオーダー(1月1日を除き年中無休)
甘めのタレと柔らかい餅の絶妙コラボ
鹿児島弁で武士が携えていた大小の刀のことを指す言葉が「ぢゃんぼ(両棒)」。「ぢゃんぼ餅」はその武士の姿になぞらえて、2本の竹串を使って作ります。直径4~5㎝の平たく伸ばしたお餅を炭火で焼いて、甘い砂糖醤油や味噌などでつくったタレをたっぷりとからめていただきます。柔らかいお餅とタレの相性は抜群。いくらでも食べられそうな素朴な味わいです。
きれいな緑色のご当地スイーツ
鹿児島県はそらまめの生産量日本一。特にブランド産地である指宿のそらまめは、大粒で甘みがありホクホクした食感だと評判です。指宿ではこのそら豆を使ったさまざまなスイーツを販売。どら焼き、モンブラン、タルト、アイスなど、ここでしか味わえないヘルシーなそら豆スイーツは食べ歩きやお土産におすすめです。
400年以上愛され続けているシンプルな和スイーツ
小豆あんを包んでいるのは甘酒を練りこんだ生地。ほんのり酒の風味が香るふっくらとしたおまんじゅうは、地元で長く愛されている一品です。その歴史は古く、島津義弘公が加治木移城に際して石橋を造らせた工事業者にお茶うけとして出したのが始まりなのだとか。姶良市の7店舗で販売していますが、どのお店も売切れたら営業を終了するため事前に確認を。
行けば食べたくなるご当地ソフトクリーム
産地ならではの新鮮な食材を購入できたり、地産地消のご当地メニューが食べられる「道の駅」。ドライブの途中で立ち寄るスポットからわざわざ行きたいスポットへと、その魅力は年々増しています。そんな道の駅を訪れたら忘れてはいけないのが、そう、ご当地ソフトクリーム!その土地の自慢の味をぜひ食べ比べてみて。
おくらソフトクリーム 
おくらソフトクリーム 
~道の駅いぶすき「彩花菜館」~
いすぶき特産オクラがソフトクリームになってお目見え!地元のびわを使用したオリジナルびわソフトもご賞味あれ。
※オクラのトッピングはオクラ生産時期のみとなります。
抹茶ソフトクリーム 
抹茶ソフトクリーム 
~道の駅たるみず湯っ足り館~
鹿児島県産の抹茶を贅沢にブレンド。生クリームや生乳なども県内産にこだわっており、新鮮で濃厚な味わいが楽しめます。
桜島小みかんソフトクリーム 
桜島小みかんソフトクリーム 
~道の駅桜島「火の島めぐみ館」~
世界一小さいと言われている桜島小ミカンを使ったソフトクリーム。みかんの爽やかな香りと甘さが人気です。