西郷どん案内帖

鹿児島と西郷隆盛を読み解くGUIDEBOOK
「西郷どん」こと西郷隆盛公の生涯やゆかりの地、ゆかりの温泉、ゆかりの人々などを紹介。鹿児島と西郷隆盛を読み解く特集コンテンツです。
鹿児島の人なら誰でもご存じ西郷さん。 意外にも知らないことがいっぱいありました!
西郷隆盛が生まれ、そして最期を迎えた地である鹿児島城下は、現在の鹿児島市街地にあたります。
誕生地のある加治屋町周辺は、同時代に活躍した人物を多く輩出した地域で、まさに明治維新のふるさと。城下の外れにあたり、下級武士が多く暮らす地域でした。
西郷は二度奄美群島で暮らしています。
ゆったりとした時間の流れる美しい島の風景とそれぞれの島で出会った人々は、その後の西郷の人間形成に大きく影響しています。
西郷隆盛は、全国の偉人のなかでも群を抜く温泉好き。温泉に通ったのは、趣味の狩りや釣りを一緒に楽しめる環境にあったということと、病気治療や体調管理からの必要性もありました。
戊辰戦争後、一度は鹿児島に戻った西郷でしたが、明治政府の参議となります。特に大久保利通らが欧米諸国へ使節団として向かう中その留守を預かる「留守政府」として、「学制」「地租改正」「徴兵令」などを実行しました。
西郷と共に学んだ友、西郷を見出した君主、一緒に明治維新を成し遂げた人物…
西郷隆盛の人生はまさに波乱万丈ですが、彼らもまた幕末、明治維新を生き抜いた人々でした。
西郷隆盛の行動範囲は、北は北海道から南は沖永良部島まで全国に及んでいます。
安政元(1854)年に藩主・島津斉彬の江戸参勤に従い初めて薩摩藩の外に出たことから始まり、斉彬の命で他藩へ赴いたり京都での工作を行ったりしました。