トップページ > プロデューサーズコラム

「第2回かごしま観光人材育成塾」を終えて 〜観光プロデューサーズコラム


                    2009年11月30日

            鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光

 「第2009113000171530139.jpg2回かごしま観光人材育成塾」が開催され、79名が受講しました。九州新幹線の全線開業を控えて、県内各地に新幹線開業効果を及ぼすためには、地域の観光素材を発掘し、それを商品化し、誘客に努める必要があります。そのためには、地域をコーディネートする人材が必要です。県内各地に情熱を持って観光に携わる人が存在することが、地域連携や体験メニューのプログラムづくりを推進することになり、ネットワークづくりにも役立ちます。 

 今回は7名の講師が、豊富な経験を通しての地域づくりやイベントの創り方、おもてなし、食の安全・安心等について講義を行いました。各講師が強調されたことは下記のとおりです。

 NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会の専務理事の高砂樹史氏は、「行政に頼らないまちづくりを実践し、収支をはっきりすることが自立への道である。島の自然をそのまま提供し、田舎流のおもてなしすることが感動につながる。島の取組を紹介するために報道には細心の注意が必要であり、伝えたいことをきちんと報道してくれることを条件に取材を受け入れている。島に経済効果をもたらし、リピーターになるお客様を対象とした滞在型施設古民家を修復する計画であり、京都の民家を再生したアレックス・カー氏の協力を得ている。将来的には観光を農業に次ぐ産業に育て、50名の雇用を確保したい。」と述べていました。一人のよそから来た若者が、島の再生に取り組んでいる事例の紹介でした。

  NPO法人ウィズアス代表の鞍本長利氏は家族の介護を通して、障害者と介護者が共に楽しめる観光地の在り方について神戸市の取組を参考に「高齢者や障害者、介護者が共に観光地を楽しむためには、双方の不安を取り除くことが必要である。介護を必要とする人に対して、介護人の紹介やコールセンターの設置など仕組み作りが必要である。また観光と介護を一緒に学ぶ機会をつくることが重要である。」と語っていました。全国的には、町中のバリアフリーの取組は進んでいるものの、介護者の派遣とか、コールセンターの設置などは遅れていると感じました。神戸市での取組が全国的に波及すれば、高齢者や障害者がもっと旅行に出やすくなるのではないかと思います。 

 観光ビジネスコンサルタントの西川丈次氏は、ホスピタリティの重要性についての講演でした。「地元の住民が住んでいる町に誇りを持たないと、観光客は来ない。観光客は降り立った最初の駅や空港の案内人の対応で、そこの町の評価を決める。ホスピタリティは顧客をつくり、リピーターをつくるので、満足より感動を、そして感激を提供しなければならない。地域は、NO1よりオンリーワン、そしてファーストワンをつくり出さなければならない。集客するのではなく、創客することが重要である。」と顧客満足度の高いホテルやレストランの取組事例で、ホスピタリティ醸成の重要性を聞き、鹿児島でも十分な取組ができていないことを反省しました。 

 NPO法人ローosumihaku_w200_1.jpgズリングかのや事務局長の丸野里美さんは、今年開催した「大隅わっぜよかど博覧会」の取組について、その組織作り、メニューづくりなど地域をまとめることの難しさと課題について語ってくれました。「大隅地域が広域にわたっており、参画する人の意見をまとめるのに時間がかかった。ネットワークづくりと人の存在=顔の見える関係づくりがいかに大切かが理解できた。ありのままを見せることで観光客は喜んでくれた。収支を考えて今後は計画したい。」などイベントを生み出す苦しみ、人の輪の大切さ、強力なリーダーシップなど学ぶことが多くありました。 

 地域創造プロデューサーの二瓶長記氏には、地域の四季を活用したイベントの創設について示唆に富む話をしていただきました。「アイデアは考えるのではなく、拾うものである。イベントには理念が必要であり、地域の人が参画し、楽しいものでなければ続かない。お金をかけるのではなく、地域にある資源を活用することで地域住民の動員も図られる。前広にPRしてJRや旅行エージェントとタイアップすることで観光客が誘致できる。」など鹿児島の様々な自然の活用法があると感じました。 

 川辺やすらぎ2009113000232430139.jpgの郷の西迫峰洋氏は、野菜ソムリエの資格を持つ方です。道の駅を通しての地域産品の販売戦略を語ってくれました。「道の駅は安全・安心は当たり前である。生産者が儲かる仕組みをつくってあげないといけない。スーパーと同じ安売り合戦では生産者は商品を提供しない。地域と共に歩く姿勢が必要である。生産者が出荷場所を選ぶ時代でもある。これからは、八百屋的なコミニュケーションを持った店舗が生き残る。」など地産の販売にいかに努力しているかが理解できました。また野菜の選び方について品物を並べて解説してくれました。道の駅の販売で、常に上位にランクされている理由が理解できました。 

 JR九州リテール鹿児島支店長の中村修氏は、昨年に続き講義をお願いしました。新幹線開業前から駅長として駅の美化やサービス向上に取り組み、九州管内の駅でNO1の駅となりました。国鉄時代からの取組についてユーモアを交えて語ってくれました。「入社のころ率先してトイレを掃除して、表彰を受け、その後どこの駅でもまずトイレをきれいにして、利用者に感謝された。人は褒めることで喜び、成長する。トップの姿が職場の環境を変える。目配り、気配りこそがおもいやりである。お客様は心の触れ合いに感動をする。」など琴線にふれる話に、顔を紅潮しながら講義を聴いている人が多かったと思います。まさに観光は人であり、ホスピタリティだと感じました。 

 2日間を通して感じたことは、 地域の人が我が町を愛することが大事であり、郷土愛を構築し、2009113000225329965.jpg地域にあるもの活用して磨きをかけ、四季彩を感じる商品を造成することが大切である。他をまねるのではなく、オンリーワンをつくり、しかもファーストワンにしなければならない。 

 観光は持続性が大切である。地元住民の参画や、地域住民に経済効果をもたらすことが重要である 

 観光は人の存在が大切である。自ら汗をかき、まとめていく能力が問われる。地域のコーディネーターを育てなければならない。 

 地域の情報をいかに効率よくPRしていくか、仕組み作りが大切である。

  ホスピタリティが顧客を生み、リピーターとなる。 

 多くの示唆を与えてくれた「第2回かごしま人材育成塾」でした。塾生が地域に帰り、観光地づくりに頑張ってくれることを期待します。九州新幹線全線開業まで1年4ヶ月、残された時間は少なくなりました。開業効果を県内全域にもたらすために塾生と共に頑張りたいと思います。   

「肥薩線全線開通100周年を迎えて」 〜観光プロデューサーズコラム〜

                   2009年11月23日        

          鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光  

 隼人駅と熊本県の八代駅100-0008_IMG.jpgを結ぶ肥薩線が全線開通したのが、1909(明治42)年11月。今年100周年を迎えるこのローカル線は、九州の近代化を支えてきた歴史的価値の高い路線です。
 
現在では、九州新幹線の新八代駅と鹿児島中央駅が約46分で結ばれており、これを表の路線とすると、八代から人吉、吉松、隼人を経て鹿児島に至る路線は、いわば遠回り路線であり、時間的に余裕のある人にとってはのんびりとした旅を楽しむことができ、魅力満載の路線と言えると思います。 

 鹿児島中央駅を出た「はやとの風」は隼人駅から肥薩線に入り、築100年を超えた古い駅舎が残り、ノスタルジーを感じる「嘉例川駅」、「大隅横川駅」などを通り、終点の「吉松駅」に着きます。吉松から人吉に向かう線は通称「山線」と呼ばれ、絶景が楽しめます。
 
この区間には、上りが、「しんぺい」、下りが、「いさぶろう」と呼ばれる列車が走っていますが、路線の開業に尽くした鉄道院総裁・後藤新平と逓信大臣・山形伊三郎の名前が由来となっています。 

 真幸駅から肥薩線で最2009112300114530182.jpgも標高の高い矢岳駅に至る沿線は、日本の三大車窓のすばらしい景観が広がります。肥薩線は勾配がきつく明治時代の蒸気機関車にとっては難所の場所でした。そのために様々な工夫が凝らされています。その一つが大畑(おこば)駅の半径300mの円を周遊しながら標高を重ねる「ループ線」。
そしてもう一つが、ジグザグに前進・後退をくり返して勾配を登っていく「スイッチバック」です。「ループ線」と「スイッチバック」を同時に備えている駅は、日本では大畑駅だけであり、旅の醍醐味を感ずることができます。
 
 
 
大畑駅を過ぎるとまもなく人吉駅に着きます。人吉は、お茶屋さんや味噌・醤油の蔵、鍛冶屋2009112300095929830.jpgなど昔ながらの街並みが残されており、小京都の雰囲気を味わうことができます。平成20年に青井阿蘇神社の山門が国宝に指定され、観光客が増加しています。

 また、今年の4月から11月末まで熊本駅と人吉駅間にSLが運行され、観光の目玉になっています。八代までの球磨川沿いを走るため、通称「川線」と呼ばれ、球磨川で釣りを楽しむ太公望や川下りの姿が車窓から眺められ、旅情を誘います。 
R0014152.jpg
 
肥薩線は峠を越え、多くの鉄橋を渡りながら走り、自然の織りなす絶景と沿線の移り変わる姿が四季折々にみられ、日本の原風景がよみがえる路線と思います。また列車の旅に欠かせない駅弁では、嘉例川駅の「百年の旅物語かれい川」が、第4回と第5回九州駅弁ランキングで1位に輝きました。竹皮製の弁当箱と手作りの温もりが好評を博しています。 

 ところで嘉例川駅の名誉駅長の福元100-0006_IMG_2.jpg平さんは、地元出身の元国鉄マンで嘉例川駅にも10年間勤務された経験があり、今でも待合室やホームの掃除をされ、「はやとの風」が着くと停車時間に乗客と気軽に写真に収まっています。風貌からにじみ出る人なつっこさは、まさに100年の歴史の駅に似合う人だといつも感じています。 

 かつては多くの兵士が、万歳の音頭で戦場に向かい、高度成長期には中・高校生が涙と共に都会へ旅立った駅は、いまでもひっそりとした中に開業当時の佇まいをみせて、訪れる人の郷愁を誘います。春は満開の桜、夏はひまわりの花、秋は紅葉、   冬にはスイセンの花が旅人を迎えます。一時駅を取り壊す動きがあった時に、この駅が脚光をあびる時が必ず来ると、存続に向けて力を注いだ方々のおかげで駅舎が残ったのです。あらためて敬意を表したいと思います。

  誰もが口ずさむ文部省唱歌の「汽車」の歌詞です。 

 1.今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと 
    
思う間も無くトンネルの 闇を通って広野原(ひろのはら) 

  2.遠くに見える村の屋根 近くに見える町の軒(のき)
 
  森や林や田や畑(はたけ)後(あと)へ後へと飛んで行く  

 3.廻(まわ)り灯籠(どうろう)の画(え)の様に    
   変わる景色のおもしろさ 見とれてそれと知らぬ間に
    
   早くも過ぎる幾十里
     

  1912年(明治45年) 作詞:不明、作曲:大和田愛羅 

 肥薩線にふさわしい唱歌です。皆さんもぜひ肥薩線の列車に乗って旅をしませんか。沿線の駅、食、人々に触れることで、その魅力を再確認できると思います。   
            参考資料:JRで行く九州観光情報

「全国都市緑化かごしまフェア」の成功にむけて  〜観光プロデューサーズコラム〜


                    2009年11月16日   

                   鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光  


 九2009111523112020901.jpg州新幹線が全線開業する平成23年の3月18日から5月22日までの66日間、第28回全国都市緑化かごしまフェアが開催されます。この大会は、都市緑化の意識高揚と、都市緑化に関する知識の普及等を図ることにより、緑豊かな潤いのある都市づくりに寄与することを目的として、建設省(現国土交通省)の提唱により、昭和58年から毎年開催されている花と緑の祭典です。 
 鹿児島でのメイン会場は吉野公園で、サブ会場が鹿児島ふれあいスポーツランドとなっており、かごしまフェアのテーマは「南からの風にのせて
! 〜よかまち、よか花、よか緑〜」となっています。観光客誘致目標として80万人の目標を立てています。  

 時は同じ2009111523134020911.gif頃九州新幹線の鹿児島ルート全線開業があり、それと関連したイベントとの連携を図りながら県内外からの誘客に努めなければなりません。新幹線開業は鹿児島が変わる一大イベントであり、日本列島が青森から鹿児島中央まで1本のレールで結ばれます。来年になると新幹線の話題で鹿児島が大きく報道されると思います。地域づくりの一環として県全体を花でかざり鹿児島をPRする最大のチャンスとして生かさなければなりません。 

 イベントを成功させるために、多くの課題があると思います。まず県民にいかにこのイベントを知らせるかです。メディア等でのPRも増えますが、やはり家庭までいかに情報を伝えるかです。市町村の広報誌で概況を定期的に掲載したり、マスコットが種々の表紙を飾ることで関心が高まると思います。 
 また、人が集まる駅、空港、デパート、スーパー、学校などでのポスター掲示も欠かせません。
  

 次に、P1010442.jpg今回のイベントは2箇所での分散開催であり、特に吉野公園は市内中心部から遠く、輸送手段をどのように確保するかが最大の課題です。休日やゴールデンウイークは、1日2万人程度の入場者がないと、目標達成は厳しいと思います。中央駅や近隣の駐車場からの輸送をどのように確保するかが重要です。また学校行事での参加や、平日の目玉をつくることで渋滞が緩和されるのではないかと思います。  

 また、花に関する自治体の会議や、鹿児島で開催されるコンベンション開催前後の視察に組み入れてもらうことも、入場者を増やすことになります。自治体の各種の会議を鹿児島に誘致するために積極的に手を挙げることが求められます。  

 花に対しては、誰もが親しみを持って接することができます。会場内で花に関する講習会や生け花展、スケッチ大会などを定期的に開催することでリピーター対策にもなります。子供の芸能発表会を会場で行うことで、大人の誘客につながります。  
2009111523160320671.jpg
 新幹線開業時には多くの観光客が鹿児島を訪れます。旅行エージェントの企画にも積極的に組み入れてもらうよう観光連盟として、働きかけをしていきたいと考えています。新幹線開業効果が、都市緑化フェアにも表れるよう県民の関心を高め、入場者が目標を達成するようこれから頑張っていきたいと思います。


2009111523213021085.jpg

「アレックス・カー氏に学ぶ」 〜観光プロデューサーズコラム〜


                   2009年11月9日 

           鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光 

 先日、鹿児島国際大学で開催された「観光と地域活性化」をテーマとしたシンポジウムに参加しました。まず、国土交通省地域振興課笹森課長の「日本の観光産業の魅力と将来について」と題した基調講演がありました。講演の中で、観光庁の概算要200911082306398319.jpg求額が本年度の4倍となる257億円になり、骨子として「外国人の誘客を促進する」ことと、「観光圏づくり」に力を入れる方針であるとの報告がありました。前原大臣は、就任早々から「羽田のハブ空港化」や「観光立国」にむけて積極的な発言をされており、今後の観光振興にはずみがつくのではないかと期待がかかります。 

 つぎにアレックス・カー氏が「日本の地域観光について」、講演をしました。カー氏は、1952年米国メリーランド生まれですが、大変な親日家として知られています。1974年エール大学日本学部を卒業されています。また日本の大学や英国でも学ばれ、日本の文化だけでなく中国、東南アジアの歴史、文化にも大変造詣が深い方です。1973年には、徳島県東祖谷山村に江戸中期の民家「ちいおり」を購入し、1988年には、その茅葺き屋根の茅き替えを完成させています。祖谷を中心にした「日本の田舎の保存、文化と自然の活性化」を目的に積極的に活動されています。 

 彼の著200911082310158752.gif書には、「美しき日本の残像」や「犬と鬼」などがありますが、日本の観光地の在り方について厳しい指摘をしています。まず外国人が多く訪れる京都について、「京都は京都を嫌いになっています」とショッキングに述べています。千年の都の景観が壊れた要因として、反対意見が多かった京都タワーの建設を上げています。また、古くから京都は茶人や公家によって洗練された建物が建ち並んでおり、そして織物、和紙、漆塗りなどさまざまな技術によって形づくられた京の街は、フィレンツェやローマに並ぶ文化都市として世界中の人々に愛されていました。連合軍が第2次大戦の空爆から京都をはずしたのは、京都を全人類の遺産だと考えていたからであると述べており、建物や景観保護の重要性を訴えています。 

 カー氏は今、長崎県の小値賀島で古民家の再生に取り組んでいます。佐世保港から200911082311108750.jpg高速船で1時間30分の島は、かつては1.2万人いた人口が現在では3千人となり、多くの古民家が残されており、その家を修復して宿泊施設やレストランを造り観光客に提供し、滞在型の島として売りだす計画です。カー氏は、京都の古民家を再生した経験があり、彼のアイデアで景観と環境に配慮したものに修復され、観光客に感動を与える施設に変わるものと思います。また、一緒に取り組むのが、小値賀観光まちづくり公社の高砂専務です。高砂氏については、10月5日のコラムで取り上げましたが、必ずや二人の手により島が再生すると期待されています。 

 カー氏は、日本は四季それぞれの魅力があり、自然の雰囲気を大事にすべきと語ってお200911082311568750.jpgり、地方に残る美しい川、海、渓谷、木、森林などを保護することの大切さを教え、また伝統文化を継承し育てていくことの重要性も問うています。 

 ところで鹿児島市内から見る桜島の絶景は、世界に比類のない姿であり鹿児島の財産です。今後もこの景観は守っていく取組が必要と考えます。これからの観光は、ハコ物を造るのではなく、既存の物を大切にして、磨きをかけて活用していくことが観光客の心をとらえます。ぜひカー氏の教えを学び、これからの観光地づくりに生かしていきたいと思います。  

「鹿児島のすばらしさ 行きたい県 九州で1位に」 〜観光プロデューサーズコラム〜


                                    2009年11月2日       

           鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光 

  九州R0010804.jpgで1番行きたい県に鹿児島が選ばれました。熊本、宮崎、鹿児島の3商工会議所が合同で実施した全国イメージ調査で明らかになりました。 
 今年の2月から3月にかけて全国の商工会議所の協力のもと、南九州3県以外に居住または通勤する人に、九州7県で行きたい県や観光地、食、人物などについて質問し、36都道府県から回答がありました。
 

 「九州で行きたい県」は1位が鹿児島県、2位が長崎県、3位が宮崎県となっています。鹿児島は大河ドラマ「篤姫」の放映効果や世界自然遺産「屋久島」があるからだと思いま2009110123251023921.jpgす。2位の長崎県は観光地としての根強い人気、3位の宮崎県は、東国原知事効果が表れています。
 「観光地で連想するもの」として1位に桜島を上げています。次に続くのが熊本城、阿蘇山となっています。人物としては1位に東国原知事、西郷隆盛、加藤清正となっています。
 
 「観光する場合に重要な要素」として「食べ物が美味しい」を上げており、次に「景観」や「宿泊施設」などとなっています。
  
2009110123255823953.jpg
 一方九州で行ったことのある県としては、福岡県、長崎県となり、鹿児島県は5位、宮崎県は6位であり、行きたい県とは逆の結果となっており今後のPRの仕方に工夫を加える必要があると感じています。
  

 調査結果R0013961.jpgから見えることは、鹿児島は本土最南端の県であることが魅力の一つでありまた、温泉、食、世界遺産の「屋久島」、世界産業遺産の登録を目指す「集成館事業」などポテンシャルの高いものがあると一般の方が認めていると思います。 
 1年半後には、九州新幹線が全線開業しますが、関西・中国地域では認知度が低くこれからの情報発信が重要と考えます。
 
 来年になるとメディアが開業前の鹿児島の受け皿づくりや食のブランド化、ホテル建設や沿線の話題を度々放映すると思います。ぜひそのブームに乗り鹿児島の旬の情報を的確に提供する必要があります。終着駅となる「鹿児島中央駅」周辺には、夜遅くまで営業する飲食店や特産品のお店が必要です。
 

 また、特急が2009110123273823932.jpg運転予定の指宿は、観光客が増加すると考えます。周辺地域を取り込んだ滞在型観光地づくりが求められます。高速船が指宿から就航しており、種子島や屋久島との共同パンフを作成し、誘客に努める必要があります。 
 
 
今回の調査で示された「行きたい県」の1位という強い顧客の期待を裏切らないためにも、「おもてなしの心の醸成」や「体験・交流のメニュー充実」、「観光圏整備」など滞在を可能とする地域への取組を進めていくことが大事になってきました。 
 新幹線全線開業を鹿児島県の魅力発信の絶好のチャンスと捉え、日本の名だたる観光地としての地位を確立したいものです。