トップページ > プロデューサーズコラム

「2009年を振り返る」 〜観光プロデューサーズコラム〜


                    2009年12月28日 

             鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光 

 2009年も残り少なくなりました。今年の鹿児島の観光は、前年の篤姫効果の反動もあり、想定以上の苦戦を強いられました。小生は36年間、観光業界に席をおいていますが今年ほど回復が遅い年はないと思っています。
 
昨年末のリーマンショック、新型インフルエンザなどに加えて、急激な円高によるインバウンドの減少、経済不況による旅行の手控えなどがあり、観光関連産業は厳しい1年となりました。エージェントやマスメディアによる誘客方法など、今までのビジネスモデルが変化した年でした。 
20090722D_08.jpg
 
県の観光動向調査(サンプル調査)によると、延べ宿泊客数は、10月までは前年比約90%であり、厳しい現状となっています。地区別では指宿地区が20%減と大きな落ち込みとなりましたが、篤姫の反動と考えられます。鹿児島地区と霧島地区は比較的善戦したと捉えています。離島は、種子島と屋久島が流木問題で高速船が長期にわたり欠航し、大きな影響を受けました。皆既日食で、十島村が脚光をあびました。日食は観測できませんでしたが、島の魅力を世界に発信できたことは、大きな成果でした。また島でのおもてなしが、日食を見ることができなかった人々の心を和らげてくれました。
 
大河ドラマやイベントに左右されることなく観光客を誘致するためには、食や伝統文化、人のおもてなし、祭りなど四季折々の魅力アップを図り、年間を通してのPRと誘客に努めることが課題と感じています。 
nariakira_dozo_w240.jpg
 
今年は「島津斉彬生誕200年」にあたりキャンペーンを展開しました。関連施設である「仙巌園」の入園者は、前年からは落ち込みましたが、前々年からは伸びており、日帰り観光客が顕著であったことが伺えます。また「維新ふるさと館」も同じような傾向であり、篤姫の人気は根強いものがあると思います。高速道路の低料金などで今後は日帰り観光客の増加が予想され、サービスエリアやレンタカー会社などとのタイアップの必要性を感じています。

  外国人は、前年971107-1.jpg比50%となっています。香港エキスプレス航空の撤退や円高による韓国人の大幅な減少が要因となっています。しかし韓国人のゴルフ客は、10月以降回復基調にあり、来年にかけてはかなりの予約が入っています。今後は個人ビザが解禁となった中国人の富裕層対策が必要と考えており、銀聯カード使用店の拡大や案内表示板の充実が求められています。 また、「肥薩線開業100年」の記念すべき年であり、「はやとの風」、「いさぶろう・しんぺい号」、「SL人吉」の列車の人気と、原風景の残る沿線の魅力が重なり、「嘉例川駅」や「大隅P1030023.jpg横川駅」などには多くの観光客が訪れました。企画乗車券の「ぐるっと一周肥薩切符」は2.5倍の売り上げがあり、人気の高さを示しています。引き続きローカル列車の魅力と新幹線のスピード感を楽しむ旅をPRしていくことが大切です。 今年は新しい取組として「よかとこ博覧会」を開催しました。大隅、蒲生、日置地域の3箇所ですでに開催し、1月から2月にかけて桜島と奄美で開催予定です。地域の人が主役になり着地型メニューを造成し、自ら情報発信を行いました。
100-0003_IMG_5_2.jpg
 また、「よかとこ100選」の「食彩の旅」が刊行され、現在5冊のテーマの中から「100選」のコースを選定すべく作業を進めています。今の観光は、滞在・交流・体験が増加しており、今後の誘客のヒントになると考えております。
 

 現在県内には、観光ボランティア団体が31あり、ガイドが850人います。県内全域に広がっており、これらの方々をいかに活用するかが課091107165906.jpg題となっています。12月18日県内の連絡協議会が設立され、会員の交流やスキルアップ講習会などを実施し、出番を増やす機会をつくって行くことが重要と考えています。来年2月には、ボランティアガイドの九州大会が鹿児島で開催されることになっており、会員の連携強化を図って行きたいと思います。 

 ところで九州新幹線の全線開業まで1年3か月余りとなり、各地域で受け皿づくりが進んでおり、開業時期には、「都市緑化フェア」の開催も予定されています。開業効果を県内全域にもたらすためには、アクセスの整備や地域の魅力アッ250px-Kyusyushinkansen_type800_shinminamata.jpgプが欠かせません。12月から始まった鹿屋までの直通バスの運行は、良い事業だと思います。来年の12月には北の「新青森駅」まで新幹線が伸び、その3か月後は南の終着駅「鹿児島中央駅」までつながります。
 また、来年はメディアが鹿児島の地域づくりについて、かなりの時間を割いて報道することが多くなります。この機会をとらえ、鹿児島の観光の魅力を大いに情報発信していくことが重要です。大河ドラマ「龍馬伝」も始まります。今年の反省を踏まえ、来年度の新幹線開業に繫げていきたいと思います。

「人吉・球磨地域との連携について」 〜観光プロデューサーズコラム〜

                 2009年12月21日 

                鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光

            

  「一般社PC140202.jpg団法人くまもと教育プロジェクト・九州さがらヒストリア」の依頼により、人吉・球磨地域の観光関係者との勉強会に出席しました。会場となった青井阿蘇神社は、平安時代初期の大同元年(806)9月9日の重陽の日に創建され、平成18年に千二百年の歴史的節目を迎えています。この間、鎌倉時代初期から明治維新まで約700年間は、相良氏の一元的な支配と保護を受け荘厳を極めてきました。中世からの独創的な意匠を継承した建造物に、華麗で装飾性に富む桃山様式が先駆的取り入れられ、その技法は人吉球磨地方の近世社寺建造物の手本となっていきました。平成20年には社殿が国宝に指定されて多くの観光客が訪れています。  
R0014165.jpg
 今年は肥薩線が開業100周年になることや、熊本駅から人吉駅までSLが運転されていることもあり、例年以上に人吉の街が賑わっています。城下町の風情を残す鍛治屋町にある「みそ・しょうゆ蔵」には、昨年の倍以上の観光客がきているとのことで、経営者は大変喜んでおられました。
 

 今年度の国土交通省の新たな公募事業でスタートしたのが、「九州さがらヒストリア」と題したプログラムです。ヒストリアとは歴史ヒストリーの語源です。九州さがらは、熊本県人吉市および球磨郡町村地域であり、この地域には県の史跡などが8割あり、歴史の宝庫です。「九州さがらヒストリア」では、体験型のプログラムを提供することで、新たな観aoiasojinjya.jpg光客の掘り起こしを進めています。この事業のリーダーが、教育プロデューサーの藤井誠氏で、これまで各地の活性化事業に取り組まれています。国宝青井阿蘇神社のガイド養成や、人吉の歴史を学ぶ講座も開設しており、人気を博しています。また、9月から2ヶ月間、地域の歴史や生活・文化を学ぶ「2009 秋のじゅぐりっと博覧会」が開催され、多くの市民と観光客が参加しました。 

 人吉地域には、「人吉球磨はひなまつり」のイベントがあります。九州各地のひなまつりとも連携しており、人吉市内の「専徳寺」、「石野公園」、「九日町・五日町のおひな通り」、「鍛治屋町通り」のひなまつりは特に有名です。周辺の「山江温泉」、「球磨村」、「あさぎり町」、「多良木町」、「湯前町」などでも開催されており、地域の広がりとしては、九州では一番ではないかと思います。また観音霊場をまわる、「相良三十三観音めぐり」や鍾乳洞、球磨川を活用した川下りやラフティングが楽しめます。「五木の子守歌」で有名な五木村までは1時間の距離で、秋の風情が魅力的です。 また地域の自然を生かした「山林体験」や「グリーンツーリズム」がこれからの観光の素材になると思います。

 ところで鹿児島県とP1030046.jpgしては、人吉・球磨地域の魅力ある観光素材を活用することで、新たなルート開拓が可能になります。人吉市は、車で鹿児島空港から1時間、霧島温泉から1時間半の距離にあります。特に今年脚光をあびた肥薩線を活用することが、これからの広域観光の目玉になると思います。「はやとの風」や「いさぶろう」「しんぺい」号、「SL人吉」と旅情をかきたてる列車が運行されています。また、吉松から人吉までは、日本の3大車窓やスイッチバック、ループ線など日本ではここでしか見ることができない場所があり、また、日本の原風景が残る沿線も旅の魅力です。 

 23年春には、九州新幹線が全線開通します。新幹線のスピードとのんびりとしたローカル列車の旅を楽しんだお客さんを、霧島地域まで誘客するため県境を越えての連携をぜひ推進しなければなりません。観光客の視点に立ってルートづくりを推進することが重要であり、観光地間の移動の快適化が課題です。ここ数年教育旅行の誘致にあたっては首都圏と関西地区を、鹿児島、熊本、宮崎の3県で共同セールスを実施しています。他の事業についても、霧島地P1030048.jpg域と人吉・球磨地域との共同販促パンフの作成や宿泊施設に相互の観光地のパンフを置くなどの取組が求められます。また着地型旅行商品の造成も不可欠です。観光関連施設の従業員は、意外と他の観光地の実情を知らないことが多く、相互交流の機会をつくりPR強化を図る必要があります。  

 今の観光客は一つの観光地に滞在し、他の地域をまわる人が増えています。自分の地域に無いものは、周辺地域の観光地の魅力を組み込むことで、連泊に繫がることになります。遠方から来た観光客は広域にまわります。是非霧島地域と人吉・球磨地域が連携し、観光客の相互誘客に努力されることを望みます。

    参考資料 国宝「青井阿蘇神社」パンフ    

「水産業と観光との連携について」 〜観光プロデューサーズコラム


                     2009年12月14日 

            鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光


 鹿児島県の各漁2009121322174626668.jpg協や漁連、水産行政の方々の意見交換会に出席し、水産業と観光との連携について、講演する機会を得ました。
 
鹿児島県は海岸線や離島が多く、漁港は139あり全国5位となっています。また、海面漁業・養殖業生産額は、819億円で全国4位となっており、主要産業の一つになっています。(平成17年統計)。しかしながら漁獲量の低迷や安価な魚の輸入増に加えて、国民の魚離れもあり、漁業を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。 

 鹿児島を訪れる県外の宿泊観光客は、810万人にもおよび、これらのお客様に新鮮な魚介類を提供することができれば、鹿児島の食の魅力がアップし、リピーターとなり、消費拡大に繫がるのではないかと思います。また日頃から、輸入された安価な魚より鹿児島の近海で取れた新鮮な魚を、学校給食や家庭で積極的に使うことが漁業振興につながると思います。 

 水産業と2009121322221226854.jpg観光の連携については次のように考えています。
まず、最近教育旅行における漁業体験が増えてきました。都会の子供達にとって、鹿児島の青い海での体験は驚きの連続です。漁船に乗りいけすの周りで餌をやると、魚が競って群がり、大きなしぶきを上げて飛び跳ねます。泳いでいる魚をみたことがない生徒が多く、歓声を上げます。体験の後は漁協の女性部の方が魚をさばき、生徒に刺身として出し、初めての子も喜んで食べます。今年初めて垂水漁港で体験をした奈良の中学校の校長は、子供達のこんな笑顔は初めてと感2009121322230326899.jpg想を述べていました。子供の頃から魚を食べる習慣をつけることが食育にも役立ちます。また、漁の合間に体験を実施することで漁協の収入増につながり、女性部の働く意欲をかき立てることにつながります。今後「こども農山漁村交流プロジェクト」も本格的にスタートします。その受け皿として漁港が活用されることを期待します。  

 次に、漁協の直営店舗を充実する必要があります。港に水揚げされた魚を消費者が直接購入できる店舗が必要です。安全・安心をキーワードに魚の新鮮さを前面に出し、農産物や花、地域の素材でつくった弁当などを一緒に出すことで、誘因効果が高まります。観光客も立ち寄るためには、おみやげとして購入できる干物などの提供が不可欠です。昔は魚は鮮魚店、野菜類は八百屋となっていましたが、今の消費者は総合店舗でものを買う時代です。消費者の目線でマーケットを考えることが重要になっています。 

 福岡市西2009121322241726344.jpg区にある「志摩の四季」は、漁協が中心となり獲れたての魚介類に加えて、周辺の農家が提供する野菜、花、弁当、スイーツが並べられており、朝10時の開店には多くの市民が列をつくっています。また買った魚は、その場で内臓などを取り出してくれるので、若い人にも大人気です。若い人の魚離れが進む中で、新しい取組として注目をあびています。小さな食堂も併設され、取れたての魚を料理してくれるので固定客がかなり多くなっています。  

 3点目は、旅行エージェントとタイアップし、漁協での食事や買物を組み入れた商品企画を提2009121322235126649.jpg案することです。特にバスツアーなどに力を入れるべきです。今熟年の女性を中心にバスツアーが大人気で、水産物を買って帰るツアーが好評を博しています。漁協ならではのメニューを開発し、他の漁協との差別化を図ることが大切と思います。魚臭さを取り除き、B級グルメや調味料を開発することで新たな需要開発になると考えます。また地域のイベントと連携し漁協として店舗を出すなどして魚ファンを開拓することも必要です。これからは、漁港は地域の情報発信基地としての役割を果たすべきと考えます。  

 日本は今少子高齢化が進み、漁業に従事する若者も減少しています。漁港が栄え、漁協の店舗に多くの観光客が訪れ、魚介類の販売につながることが活性化になると思います。  

 漁師の方は船を持ち、自分の腕で獲った魚を市場に出せば売れた時代がありました。しかし流通ルートが変化し、また魚の販売システムが大きく変わっています。やはり販売のルートをどれだけ確保するかがもう一つのテーマと考えます。  

 水産業と観光が提携することで、地域の魅力発信と交流人口が増大し、魚の消費拡大につながることが重要です。その意味でも観光客が魚に直接触れる機会を多く提供していきたいと思います。 

「ツーリズム産業の発展にむけて 就職を希望する学生に望むこととは」 〜観光プロデューサーズコラム


                    2009年12月7日

           鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光 


 
(社)日本ツーリズmainvisual.jpgム産業団体連合会(TIJ)は、「ツーリズム産業の自立と健全なる発展を図り、豊かな国民生活の実現と我が国の経済に寄与する」ことを目的に、平成13年11月に設立された団体です。現在185の企業や業界団体で組織され、日本を代表するツーリズム関連の横断的組織です。ツーリズム産業に関する内外の諸問題について公正な意見をとりまとめ提言するとともに、その実現に向けた事業を行っています。昨年観光庁が発足し、業界としての交渉団体の役割が大きくなっています。  

 そのTIJが主催する「産学連携オープンセミナー」が、福岡市で開催されパネラーとして出席しました。今回のセミナーは、ツーリズム産業に関心の高い学生、一般社会人、観光産業に従事する企業・団体の社員を対象に、ツーリズム産業の今後の発展を展望するとともに、その重要性、魅力等について理解を深めていただくことを目的に開催され、250名の参加者がありました。パネリストには、JR九州の町孝常務取締役、おぢかアイランドツーリズム協会の高砂樹史専務理事、そして私の3名で、コーディネーターは、九州産業大学の千相哲教授でした。  

 地域づくりや人材育成2009120622524718451.jpgについて、多くの意見が出ました。地域の素材を生かした観光地づくりについて、地域の人を巻き込んで多くの分野に経済効果をもたらすことが、持続的な観光地となる条件である。また地域の住民が地域を愛することが、郷土愛を育てることなる。おもてなしの心を醸成することなどが観光客誘致には欠かせないとの意見が述べられました。 

 私が考えるツーリズム産業の役割とは、
 
?    観光は、地域のあらゆる産業との関わりがある。一方人口の減少や少子高齢化が進み、地域は活力がなくなっている。交流人口を拡大し、地域に経済的効果をもたらし、地域を元気にするのが、ツーリズム産業の役割である。

 ?    大きな投資を求めるのではなく、あるものを活用し商品化することで需要が増大し、新しい産業が生まれる。雇用の確保もツーリズム産業の大きなテーマである。 

 地域におけるツーリズム産業の可能性については、
 
?    ツーリズム産業を動かすのは人である。地域の素材を磨きそれを商品化し、情報発信することが大切である。それができなければ地域へ人は来ない。ツーリズ2009120622594918681.jpgムの推進には積極的に動く人が必要である。よそ者、若者を活用すれば道は開ける。

 ?    今の観光は、従来の物見遊山から滞在・交流へと変わりつつある。地域に誇りと愛情を持つ人が地域づくりに参画し、滞在できる環境づくりができるかが鍵である。そのためには、地域の食、祭り、歴史、イベント、農業、漁業などを組み合わせたメニューづくりが必要である。

  企業が求める学生の人材については、
 ?    大学での観光thumb.jpgに関する勉強が、必ずしもツーリズム産業の採用には直結しない。むしろクラブ活動や面接での評価が重要視される。在学中にキャンパス以外でツーリズムに関する活動に取り組んでほしい。企業が求める人材は、営業力や危機対応能力、協調性、奉仕の精神が重要視されておりそう言う活動が役に立つと考える。

 ?    旅行業界に入社すれば、旅行ができると安易な気持ちでの入社は好ましくない。仕事は営業、企画、店頭販売、添乗業務がメインであるが、男性はセールスが主であることを肝に銘じてほしい。業界のことをきちんと勉強してほしい。

 ?    今地域づくり団体や観光協会、商工会議所などで地域をコーディネートできる人材を求めている。そのためには学生時代にボランティアガイドや地域の奉仕活動に積極的に活動してほしい。人と接することでおもてなしの心が醸成される。2009120622575618575.jpg

 ?    学生時代に自分で稼いだ金で旅をし、全国を歩き回ってほしい。特に過疎地や新しく地域づくりに取り組んでいる地域を自分の目で確かめてほしい。地域に入り込んで地域の心を動かすことのできる人材が求められている。

 ?    学生時代に多くの本を読んでほしい。バランス感覚を持った人材が求められている。

  昨今の経済不況で、ツーリズム産業も厳しい状況の中にあります。しかし国民のツーリズムに対する関心は高く、景気が回復すれば国民のレジャー志向が高まり、産業の果たす役割が増大すると考えています。

 企業はまさに人が財産です。優秀な人材を確保し、ツーリズム産業が発展し日本経済の活性化に繫がることが、ツーリズム産業の地位を高めることになると思います。 
 多くの学生がツーリズム産業を希望してくれることを期待します
 


  

(社)日本ツーリズム産業団体連合会(TIJ) 

            http://www.tij.or.jp/