トップページ > プロデューサーズコラム

「九州新幹線全線開業を1年後に控えて」 〜観光プロデユーサーズコラム〜

                                   2010年2月22日   

               鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光  

 九州新幹DSC_0512.jpg線の全線開業が2011年の3月になることが、JR九州から発表されています。約1年後に迫った新幹線全線開業に向けた全県的な取組の一層の拡大を図ることを目的に、地域活性化の権威等による基調講演や、「新幹線効果活用プラン」に基づく地域でのモデル的取組等の紹介、パネルディスカッション、俳優・沢村一樹氏のトークショーを内容とする「九州新幹線全線開業シンポジウム」が2月12日に開催されました。今回のテーマは、地域の魅力づくりや「増やす」、「広げる」、「活かす」の視点で議論が行われ、約600人の参加者があり、新幹線に対する関心の高さが伺えました。

 九州新2010022201332322236.jpg幹線は、2004年3月に部分開業しましたが、開業した1年間で約323万人が利用し、3年目には1000万人を突破しています。また、駅別取扱収入ランキングでは、西鹿児島駅(開業前の名称)は開業前は6位でしたが、2005年以降鹿児島中央駅は、博多駅に次いで第2位となっており好調に推移しています。通勤・通学に利用しているエクセルパスは1000人を超え、県民の足として定着しています。
 しかし、新幹線の停車駅がある出水駅と川内駅沿線の観光客は、伸び悩んでいるのが実情です。また、鹿児島市内の商店街の人の流れに変化が起きており、天文館周辺では空き店舗も目立っています。また鹿児島中央駅に大きな商業施設がオープンし、競争に更なる拍車がかかることが想定されます。 
DSC_7942.jpg
 シンポジウムでは、全線開業に向けてパネラーの方から、新幹線活用方策についてさまざまな意見が出されました。マガジンハウス編集プロデューサーの島田始氏は、「1年前がなぜ重要なのか」という問題提起をし、新幹線開業後の八戸駅周辺の繁栄と衰退の流れや、瀬戸大橋の開通後の地域の荒廃、レトロを売り物にしている門司港地区の中で、かつて賑わっていた通りの現在の寂しい状況を例に、開業前の街づくりや持続的な観光振興の重要性を問うていました。印象に残ったのが、観光客には「今だけ、ここだけ、あなただけ」が「うれしい」という指摘であり、オンリーワンの情報をいかに伝えることができるかがポイントであり、また、首都圏での情報発信の重要性を語られました。
DSC_8048.jpg
 「観光・交通」分野では、中原部会長から、新幹線全線開業について、関西地域では7割の人が知らない、と情報不足が指摘されました。また、鹿児島中央駅西口の駐車場の確保、着地型メニューづくりの重要性、天文館周辺の商店の閉店時間の延長、県民あげてのおもてなしの向上など、受け皿づくりなどを急ぐことの必要性を述べられました。
 
 「産業」分野では県商工会連合会地域力応援コーディネーターの上水流氏が、地域の資源を活かした新特産品づくりを行い、コンクールを実施していることや、県外の主要都市等での「観光物産展」を実施してPRしている実例が紹介されました。また「鹿児島フェア」等、ホテルやレストランと連携し、鹿児島の食材を使ったメニューの定番化を促進することを今後の取組の中心として進めていく、ということを話されました。観光客のP1020111.jpg楽しみは地域の食であり、観光客との接点を増やし購買を促進することが、地域に大きな経済効果をもたらすとことにつながると思います。
 
 「まちづくり・イベント」部会の津曲会長は、部分開業の時のイベントの責任者であったことから、全線開業のイベントにおいては、外に向かって発信することに重きを置くと述べられました。地域の特色ある祭・イベントの活用・創出を図る中で、灯りやライトアップなど光の芸術文化を融合させるなど新しい演出を行うことを提案されました。また全線開業ロゴマーク・キャッチコピー、ポスターの制作、全線開業関連の総合WEBサイトが既に開設されています。各部会とも全線開業に向けてさまざまな取組が展開されています。
 会場からは、焼酎IMG_0025_3.jpgや黒豚、黒牛など鹿児島の特産品のPRが不十分との指摘がありました。いろいろなメディアを活用してPRしていますが、消費者に「本物。鹿児島県」の魅力が十分浸透していないと感じました。あらためて情報伝達の手法について、点検する必要があります。

 今後の課題を整理すると下記のようになると思います。
 ?九州新幹線が全線開業するから、黙っていても観光客が来る、ということは安易な考えである。新幹線は「魔法の杖」ではない。積極的な取組が必要である。
 
 ?日帰り観光客をいかに宿泊者に変えるか、泊まりたくなるまちづくりの仕掛けが必要
  ?時間短縮効果を生かすため新幹線の駅から遠い地域は、停車駅からのルートの設定が重要となってくる。2次交通の確保と地域間連携が重要である。
 ?地域の直売店で安全・安心の地元産品を提供し、購買と再訪に繋げることが重要である。
 ?滞在を可能にするため、地域の生活・文化に触れる着地型メニューづくりが求められる。 「よかとこ博覧会」等を開催し、地域の素材発掘と情報発信を行う必要がある。
 ?観光客は施設の魅力ではなく、地域の魅力に惹かれる。地域全体の魅力創出には、地域総力戦で取り組む必要がある。いかに「郷土愛」を育てるか。
 ?自ら汗をかき、地域をコーディネートする人材の育成が急務である。 ?時間短縮効果をPRし、北2010022201410021517.jpg部九州からの外国人の誘客が、重要課題である。
 ?観光には、おもてなしの心を住民、職場、地域で醸成することが重要である。などです。 

 今年の12月には新青森と東京が結ばれて、次は南の鹿児島が話題となり、メディアでも地域づくりの経過が取り上げられます。ぜひこの1年多くの情報を提供して話題づくりを行うことで、新幹線開業の認知度が高まることを願っています。今回のシンポジウムをスタートに、地元でも新幹線開業の機運が醸成されていくことを期待しています。そして開業後鹿児島に来られた方々が、「日本の中に鹿児島というすばらしい地があって良かった」と、感じられる魅力ある地域でありたいと願っています。100年に一度のビッグチャンスを生かすか、全線開業までに残された期間は少なくなりました。

「ボランティアガイドの皆さんの活躍に感謝」 〜観光プロデューサーズコラム〜

                                     2010年2月15日

           鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光 

  ガイドのP1030639.jpg質的向上と組織の強化、及び新規組織立ち上げの促進を目的に、九州各地で活動している観光ボランティアガイドの方々が相互に意見交換を行い、交流を深める場として、「第3回九州観光ボランティアガイド大会 in かごしま」 〜 ようこそ、「本物。鹿児島県」へ 〜 が450名の参加のもと盛大に開催されました。大会開催にあたり、ご尽力いただいた九州運輸局、九州観光推進機構、実行委員会の皆様に心から感謝いたします。 

 まず基調講演では、「NPO法人 まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会」の東川隆太郎氏が「九州らしいおもてなし〜観光ガイドがまちをかえる〜」として、九州各地の地域資源を題材に、ストーリーを語ることの大切さを面白く、楽しく説明してくれました。東川氏は地域資源を掘り起こし、その価値に関心を持ち、まちづくりに活用していく活動を積極的に行っています。また県内のほとんどの観P1030641.jpg光ボランティアガイドの育成・研修に参画しており、まち歩きのプロです。彼が名づけた「世間遺産」は、地域の名所となっており、今でも検証依頼が絶えないなど、鹿児島の着地型観光メニューづくりには、欠かせない存在となっています。今後の益々の活躍を期待しています。 

 大会では分科会や事例発表の中で、活発な意見交換が行われました。多くのガイド団体で課題となっているのが、ガイド料金や参加者保険の収受です。昨年の大会の発表からすると、料金を取る方向の団体が増加していると感じました。日常活動、研修会の経費や参加者の万一の事故等を考えると、ガイドの有料化は不可欠と思います。有料化することで案内マップの充実や他の団体との交流も促進されることになります。今回の大会参加者は、ほとんどが自費での参加だと思います。いつまでも無料では、組織の維持も難しくなります。 

 今回参加されたobimapjpg_1.jpg団体の中で、宮崎県の「飫肥城下町保存会」の日南市観光ボランティアの会の取組が話題となっています。飫肥城の周辺の案内資料として「引換え券付マップ」を発売しています。マップは600円で5枚の引換券が付いており、38のお店で飲食や、小物、名産品と交換でき、町を訪ねたほとんどの観光客が買い求めています。券で引き換える品物以外に他の物品を買う人や、1回の訪問ではすべての店を回ることが出来ないので、再訪する方が多いということです。最初は8店からのスタートでしたが、今では参加店も増え、地域の活性化につながっています。まち歩きに参加する人にとっては、ガイド料の負担については抵抗は少なく、むしろ地域の生活・文化にふれることが大切であり、その意味でも取組は参考になると思います。ぜひ有料化に向けて取り組んでほしいと思います。 

 ボランティP1030650.jpgアガイドの案内の方法でも貴重な意見がたくさん出ました。地域の歴史、背景など専門的な知識の羅列では、参加者は飽きてしまいます。客の表情を伺い、案内の内容を変えたり、場所によっては説明の濃淡をつけることも必要と考えます。ある団体では、予約を受けたお客さんの地域の実情を調べて、最初の挨拶でふれると親近感が高まると話していました。地元の言葉で語り、楽しんでいただく姿勢が重要と思います。お客様をどのようにしておもてなしするかということを、各団体とも努力されている姿が伝わってきました。 

 ところで今P1030655.jpg回の大会に向けて、昨年の12月に鹿児島県観光ボランティアガイド連絡協議会が設立され、27団体が参画しています。鹿児島ボランティアガイドの村松勇様が代表世話役に就任されました。この大会の開催が結束強化につながり、大会の運営に大きく貢献してくれたと思っています。
 
サンロイヤルホテルでの出迎えや視察コースのお見送り、中央駅での解散時など、かごしまならではのおもてなしを実践し、参加者の思い出に残ったことと思います。懇親会では、「いぶすき篤姫観光ガイド」の吉留さんが、鹿児島弁を交えながらユーモアたっぷりに宴を盛り上げていただき感謝しております。 
map_shibushi-01.jpg
 
来年3月には九州新幹線が全線開業します。開業効果を県内全域にもたらすために、今県では、「増やす、広げる、活かす」の視点で、地域活性化のひとつとして着地型メニューづくりを展開しており、その重要な役割を果たすのがボランティアガイドの皆様です。地域の生活・文化を地域の言葉で語ることが、観光客の琴線に触れることになります。これからの活躍を期待するとともに、連携して頑張っていく覚悟です。  
 

「さくらじま文学散歩」 〜鹿児島県観光プロデューサーズコラム〜

                    2010年2月8日

            鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光
 
  鹿児島よかとこDSC06089.jpg博覧会の4番目として、桜島での「まるごと体験フェア」が始まりました。今回のフェアでは、桜島の歴史や大自然、特産品などを活用した様々な体験メニューが用意されており、「桜島大根の収穫体験」、「椿オイルでリフレクソロジー」、「陶芸体験」、「火山博士と溶岩原を歩く」、「フロマラソン」、「桜島砂防体験ツアー」、「新島探検ツアー」など31のプログラムがあります。 

 今回小生が参加したツアーは、NP0法人かごしま文化研究所の三嶽公子さんが案内する、「潮の香り漂うさくらじま文学散歩」というプログラムでした。文学者たちも魅せられた桜島を三嶽さんの案内で巡り、自分が主役になった感じを抱かせる楽しい3時間の旅でした。
 
桜島には高浜虚子、米谷静二、城谷文城の句碑や牧暁村の歌碑がありますが、桜島を有名にした小説として、作家梅崎春生の「桜島」があげられます。梅崎春生は、昭和20年に下士官教育を受け、通信科2等兵曹となり、桜島で終戦を迎えています。その時の体験をもとに書かれたのが、小説「桜島」であり、戦後の戦争文学の代表作と評されています。 
DSC06091.jpg
 
最初に袴腰港の近くにあり、日頃は鍵がかかって入ることはできない海軍防空壕跡を、見学する機会に恵まれました。小説の中にも登場しますが、戦時中に兵隊が生活した姿がしのばれる場所です。港から10分ほどの高台に「月読神社」があり、奥には大正・昭和の俳壇の中心的存在であった高浜虚子の句碑が建立されています。近くの桜島ユースホステルの周辺は、昔小学校があった場所であり、大正の大噴火で埋没し、その記念碑が句碑や歌碑と並んで立っています。地下に学校が埋没しているグランドに立つと当時の爆発の大きさが想像できます。201002072236258398.jpg
 散策の後、道の駅「火の島めぐみ館」で、ここでしか食べられない「さくらじま小みかんうどん」のランチをいただきました。地産地消にこだわることが地域の魅力発信につながると思います。隣の売店には、火山灰土壌の中でもたくましく育った「桜島小みかん」や「桜島大根」などの加工品が販売されており、人気を博しています。今全国的に「道の駅」が脚光をあびていますが、その要因として顔の見える商品が多く、安全・安心の商品作りに努めていること、生産者が値段を付けることができること、地域のコミュニケーションの場所になっていることなどが上げられます。
 

 
文学散歩の最後は、溶岩なぎさ公園にある梅崎春生の文学碑DSC06104.jpgを訪ねました。この文学碑は、三嶽さんを中心に市民の善意で建てられたものです。小説の最後の章には、桜島の美しさが次のように書かれています。
 
「壕をでると、夕焼けが明るく海に映っていた。道は色褪せかけた黄昏を貫いていた。吉良兵曹長が先に立った。崖の上に、落日に染められた桜島岳があった。私が歩くに従って、樹々に見え隠れした、赤と青との濃淡に染められた山肌は、天上の美しさであった。・・・後続く」。
 
溶岩で作られた文学碑には、「赤と青との濃淡に染められた山肌は、天上の美しさであった」という文章が刻まれてい201002072238498558.jpgます。小説は戦争という過酷な環境の中で、自分の心が荒んでゆれる状況を、桜島の自然と対峙させて書かれており、最後の章が特に読者の心を捉えると思います。また、文学碑の前には日本一の長さの足湯があり、旅の疲れを癒してくれます。対岸の鹿児島市の夜景も美しく観賞できるスポットです。 

 ところで桜島は、鹿児島市からフェリーで15分の距離にありながら、市民は意外と島に渡らず、しかも桜島一周を経験した方はさらに少ないと思います。県外から来た観光客は、桜島の美しさに感嘆の声を上げます。市民がもっと桜島に渡り、生きている自然の姿を多くの方にPRすることが重要であり、そのことが観光客を桜島に渡らす効果に繫がると信じます。文人、墨客が愛した桜島の自然の魅力を伝えていきたいものです。    

 文学散歩をしながら短歌を一首 

 「冬晴れに けむり流るる 桜島 庭の梅には 春の足音」


           参考文献「桜島」梅崎春生 講談社文芸文庫
    
  「さくらじま文学散歩」 NPO法人かごしま文化研究所 

「離島の魅力に触れる」 〜観光プロデューサーズコラム〜


                     2010年2月1日 
 

      鹿児島県観光プロデューサーズコラム 奈良迫 英光  
           

 1月14201002010006201890.jpg日から24日まで「南の島ゆめ市場」が、鹿児島港本港区の北埠頭ターミナルビルの2階で開催され、34、900人と当初目標の2倍を超える来場者で賑わいました。
 
今回の事業は、「21年度地方の元気再生事業」の公募で採択されたものであり、イベントの運営は、「南の島々を輝かせるプロジェクト協議会」が事務局となり、有人離島を持つ20の市町村が参加しました。北は長島、甑島、南は種子・屋久島、三島村、十島村、奄美群島の与論島まで、ほぼ県内の離島を網羅したイベントでした。 

 各島の特産品の201002010007092664.jpg展示即売会や郷土芸能が披露されるなどの演出効果もあり、売上げが目標の3倍に達するほどの盛況となり、品切れになった商品が多く、急遽島から取り寄せたものもあったとのことです。島のアンテナショップは、現在市内にいくつかありますが、20の市町村が一堂に会したのは、今回が初めての試みでありました。 

 鹿児島県は南北600キロに及び、有人離島面積は全国第1位で、有人離島の数は28で第4位となっており、温暖な気候が作り出した自然、食、伝統的行事、人など唯一無二の宝が残っています。今回のイベントの成功には島民の熱い思いが結集され、市内に住む島の出身者が多く来店しました。我がふるさとの島を応援したい気持ちが、来店につながったと感じています。 

 島の子供達は、学校を卒業するとほとんどが進学、就職のために島を離れますが、一次産業以外に201002010008061683.jpg就職口が少ない島にとってはやむを得ないと感じます。島に対する思いは、本土の人よりも強いものがあると感じます。今回閉店後に開かれた夕べでは、島唄や8月踊りが披露され、六調のリズムに誘われて誰からともなく踊りに参加し、交流を深めていました。
 
北埠頭に近いドルフィンポートには、奄美の食を堪能でき、島唄のライブを定期的に開催しているお店があり、もっとPRして観光客を呼びたいものです。また新港のターミナル完成時には、奄美群島全体のアンテナショップを設置したいものです。 

 今回のイベントは、北埠頭の活用策にも一石を投じてくれました。種子・屋久航路が南埠頭に移り、北埠頭のターミナルが空き家となっており、活用策が議論されています。イベントごとに貸し出すことは可能ですが、年間を通して利用率を上げることが活性化につながると考えます。さらに石橋公園から名山堀、水族館、ドルフィンポートを含めて上町地域の振興を一緒に考える必要があります。
 北埠頭から南埠頭、魚類市場や鹿児島新港にいたる一帯は、県の「鹿児島港の在り方委員会」で一定の方向性が確認されていますが、市民と観光客が気軽に訪れ、賑わいのある地域として生まれ変わることを期待しています。
 
yurigahama.jpg
 
ところで昭和40年代は第一次離島ブームがあり、奄美航路の1500トンクラスの船は、デッキまで人があふれていました。美しい珊瑚礁の海を持つ与論島は、民宿ラッシュで多くの若者が島を訪れました。その後沖縄が日本に返還され、若者の行く先は飛行機で気軽に行ける沖縄本島、先島の宮古、石垣島に取って変わられましたが、奄美の島々の自然の美しさと人情の豊かさはそのまま残っています。沖縄はすでに開発し尽くされており、悠久の自然が残る奄美群島は、これからも観光客を魅了する地域です。 
201002010009482570.jpg
 
三島村へは枕崎港からの新たな定期航路の実証実験が行われており、硫黄島にある東温泉は全国の秘湯ファンの人気を集めています。また、十島村は昨年皆既日食で全国的に有名となり、島の自然、伝統文化、島民の温かいおもてなしが話題となりました。種子島は世界で一番美しいといわれているロケット基地があり、世界自然遺産の屋久島は、日本人の行きたい代表的な観光地です。来年の3月には九州新幹線が全線開業しますが、沿線の出水駅、川内駅が基点の長島201002010010252677.jpg、甑島は行きやすくなります。アクセスの確保と島の魅力を発信することが求められます。 

 「観光かごしま大キャンペーン推進協議会」では、この度「しま旅」というパンフレットを作成しました。
 
県民の皆さんがもっと離島に足を運び、島の伝統文化、郷土料理、人々の生活に触れる機会をつくっていただきたいと思います。きっとすばらしい感動の出会いがあると思います。