トップページ > プロデューサーズコラム

「2010年を振り返る」 〜観光プロデューサーズコラム〜

2010年12月27日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光

P1010840_1.jpg  2010年も残り少なくなりました。今年の鹿児島の観光は、スタートから緩やかな回復基調にありましたが、4月の宮崎での口蹄疫発生後未曾有の苦戦を強いられた年でした。県の観光動向調査(サンプル調査)によると、延べ宿泊客数は、10月までは前年比約90%であり、厳しい現状となっています。6月が11.5%、7月が20.2%、8月が6.3%、9月が11.1%、10月が6.7%と厳しい落ち込みとなっています。特に指宿地域が6月以降15%以上の落ち込みが続いており、根本的な対策が必要になっています。しかし昨年落ち込んだ外国人は、円高にもかかわらず、韓国を中心として40%以上の伸びとなっています。観光関連産業にとっては厳しい1年となりましたが、県全体としても観光客の減少は、地域経済にも大きく影を落としています。

20101225205733862.jpg  口蹄疫が終息後、観光客回復策として、指宿、霧島では独自の取組を、県全体としては、「おいでよ!かごしまキャンペーン」を展開し、かごしまの「ありがとう!」プレゼントには、県外宿泊者から5000名を超える応募がありました。今後利用者の声を分析し、次の展開に活かしたいと考えています。

 今年は、来年の九州新幹線全線開業をにらみ、受入体制の整備と観光客の誘致促進、鹿児島県のイメージアップなどに取り組んできました。
 受入体制については、「かごしまよかとこ旅」の発行や地域観光を担う人材育成に力を注ぎ、「かごしまよかとこ博覧会」は2年目を迎え、旅行会社での商品化も図られ、参加者も増加しています。

20101225210309885.jpg    「おもてなし先進県鹿児島」づくりでは、「かごしま人材育成塾」、「タクシー乗務員接遇研修会」、県内7箇所での「おもてなしセミナー」など観光客を温かく迎える運動を推進してきました。
   新幹線停車駅からの2次交通の整備も進んでいます。出水駅からは、「クレイン号」、川内駅から「きやんせ号」の周遊観光バスの実証事業がスタートしました。しかし乗車人員が少なく、市の職員も参加し市民への関心を高め、PRにつなげて欲しいと思います。
   観光客誘致促進では、全国のJR1400の駅に「すぐそこに、鹿児島県」をキャッチコピーとする本県観光宣伝用5連貼ポスターを掲出しました。
   誘致促進では、スポーツ合宿に成果が表れており、関西、福岡地域での誘致活動が実を結びつつあります。また教育旅行誘致では、グリーンツーリズムの受入体制が整いつつあり、今年は7000人、来年度はすでに1万人の予約が入っており、鹿児島の体験メニューの優位性が学校側に認識されてきております。
   鹿児島のイメージアップについては、「本物。鹿児島県」の魅力PR事業を展開し、東京、大阪では知事のトップセールスも行いました。新幹線の認知度はまだまだですが、各地の県人会が「ふるさとかごしま」を支援しており、開業ツアーの計画も進んでいます。

  20101225210419862.jpg  今年の大河ドラマ「龍馬伝」のロケが、7月霧島で行われ、県、連盟、霧島市などの協力で無事終了し、そのシーンは日本初の新婚旅行ということで全国に放映されました。整備された塩浸公園には、放映後多くの観光客が訪れています。口蹄疫の影響で心配された霧島地域ですが、「龍馬伝」効果もあり指宿に比較して急速に客足が回復しています。しかし大河ドラマやイベントに左右されることなく観光客を誘致するためには、食や伝統文化、人のおもてなし、祭りなど四季折々の魅力アップを図り、年間を通しての誘客に努めることが重要と感じています。

   今日本の国内旅行は成熟し、今後の人口の減少を考えると今後大きな成長は望めません。旅行マーケットは、田舎、レトロ、和への回帰が顕著となっています。「はやとの風」、「いさぶろう・しんぺい号」、「SL人吉」が走る肥薩線は、列車の人気に合わせてと、日本の原風景の残る沿線の魅力が重なり、郷愁を誘う「嘉例川駅」や「大隅横川駅」などには多くの観光客が訪れています。ローカル列車の魅力と新幹線のスピード感を楽しむ旅をもっとPRしていくことが大切です。

 地域観光を支えるボランティアガイドで、県の連絡協議会に加盟している団体は29あり、ガイドが646人います。会員の交流やスキルアップ講習会などを実施し、出番を増やす機会をつくって行くことが重要と考えています。2月には、ボランティアガイドの九州大会が鹿児島で開催され、九州管内から500名を超える会員が集まり連携強化を図りました。新幹線全線開業時には、鹿児島中央駅が終着となり、市内のガイドさんの活躍が期待されます。

20101225210735723.jpg  ところで九州新幹線の全線開業まで2か月余りとなり、各地域で受け皿づくりが進んでおり、開業の最大のイベントである「花かごしま2011」も開催されます。開業効果を県内全域にもたらすためには、開業への取組を県民が自分のこととして捉え「おもてなしの心」をもって観光客に温かく接する必要があります。北の「新青森駅」と南の終着駅「鹿児島中央駅」までが1本のレールでつながり、全国的に話題となります。しかし新幹線は、「魔法の杖」ではありません。100年に一度のビッグイベントをいい機会と捉え、鹿児島の観光の魅力を積極的に情報発信し、全国有数の観光地としての位置を築きたいものです。

 最後に今年も「プロデューサーズコラム」は、毎週月曜日52回すべて掲載できました。(通算137回)読んでいただいている皆様に心から感謝いたします。来年は、九州新幹線が全線開業し、記念すべき年になります。いろいろな話題を提供していきます。次回は1月3日に掲載します。皆さん良いお年をお迎えください。
 感謝を込めて

「沖永良部島の魅力と観光振興」 〜観光プロデューサーズコラム〜

2010年12月20日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光

201012191125278133.jpg  沖永良部島は、鹿児島市から南へ552km、北緯27度線の上に浮かぶ周囲55.8km、面積93.8k?の隆起サンゴ礁の島です。人口は、和泊、知名両町合わせて1万4千人あまり。年間平均気温22度という温暖な気候に恵まれ、四季を通じて熱帯、亜熱帯の花が咲き、エラブユリ、スプレーキクなどの栽培が盛んです。最近では春先に収穫されるジャガイモが市場で優位性を保っています。また、東洋一の鍾乳洞・昇龍洞をはじめ200〜300の大鍾乳洞群が見られ「花と鍾乳洞の島」として知られています。奄美群島の中でもハブがいない島であり、農業が主産業となっています。

  2010121923514823116.jpg  私が初めて島を訪れたのが、41年前の大学1年の夏休みでした。クラブ活動の調査で両町に2週間滞在し、島民との交流が思い出に残っています。その後何回となく島を訪れましたが、平坦で開拓された耕地には、いつも四季折々の植物がまばゆい太陽に照らされ、道路は整備され、家々の回りには花が咲き、落ち着いた雰囲気を醸し出している島の魅力にいつも安堵感を感じます。

   島への入込客は、平成20年で海路、空路合わせて82.540人で毎年2.000人程度減少しています。この度、「街おこし指導事業講習会」で講師として知名町中央通り会の方々と懇談する機会がありました。米軍から引き継いだ自衛隊のレーダー基地が大山にある関係で、飲食店は多くありますが、かつての街の賑わいはありません。農業のさらなる発展が見込めない中で、産業として観光の振興に期待を寄せています。やっと動き出した島に、観光客を呼び入れる方策について懇談しました。

 島が抱える課題としては、
・港湾の設備は充実し大型船が就航しているが、船の利用客は減少している。
・航空機は、DH400の導入により時間短縮が図られている。生活路線であり、観光用の運賃は沖縄に行くより割高であり、使いづらい。
・島には就業できる職場が少なく、卒業後島を出て行くため若者が少ない。
・島の魅力が県外だけでなく、県内の人にも知られていない。情報発信の強化が求められていますが、強力なリーダーシップを持った人材が不足している。
  ・沖永良部島は一つという発想で観光振興の重要性が問われている。等があげられます。

     このような不利性を抱えながら島に観光客を呼び込む方策として次のような点が考えられます。

R0012026_1.jpg 運輸機関については
 ・観光客の利便性を確保するため、奄美群島を自由に乗り降りできる周遊キップの導入が必要である。
・船旅は時間がかかるため、定期的に船内での展示会、カルチャースクール、撮影会、音楽の発表会などを行い、船内でゆっくり楽しむための仕掛けが必要。
・第一次離島ブームを創った世代が、退職の時期に入っている。「なつかしの船旅」を提案し、島でのイベントを開催することで再訪を促す。
 島が積極的に取り組むべきことは、
・知名度を高める戦略として、島の自然の魅力を映画、ドラマ、CMの舞台として売り込むため情報発信を強化する。
・ダイビングや洞窟探検など島の魅力を盛り込んだ体験メニューをつくり、私立高校を中心として、教育旅行の新たな魅力として売り込む。
・大学とタイアップして、島でのゼミ講座を開設し、交流人口の定着を図る。
・県本土からの誘客については、教育、PTA,業界団体、スポーツ等の大会、会議を積極的に誘致することが、街に活性化をもたらす。特に女性の大会を誘致する。
・早取りジャガイモなど島の特産品を、菓子やスナック等に加工して出荷するなど新たな産業を誘致し、雇用拡大につなげる。
・大都市圏や鹿児島市内で島の物産展を開催し、地域産品の流通促進を図る。
・温暖な気候と花粉が少ないことをPRし、都市圏居住者に2地域2居住を勧める。
・島一周道路が約42kmで、起伏が少ない道路状況は、マラソン開催には好条件であり、大会スポンサーを確保し、島外者を対象にした大会を開催する魅力がある。また、島民が一体となるイベントになる可能性がある。等があげられます。

201012191133558089.jpg    人口が減少する中で、交流人口を増やすことが街の活性化には不可欠です。居酒屋で働いている若い店員は、育った島が忘れられず戻ってきたと言っています。働く場所があれば、都会から戻って来る人が増えると語ってくれました。

 島の活性化には、農業・水産業・商業・工業など多くの分野の人々が参画できる事業に取り組む必要があり、また、地元で利益が循環することが大切です。離島という不利性を優位に変えるには、「今だけ、ここだけ、あなただけ」の魅力を観光客に提供することが重要であり、加えて地元住民が島を愛し、四季折々の魅力を情報発信し続けることで、認知度が高まり、誘客に結びつきます。誘客については、鹿児島からだけでなく沖縄からのルートも考えられます。島の人々の素朴で厚い人情は、旅人を和ませてくれます。島が一つとなって発展することを祈りながら、機上から手を合わせていました。

          参考資料:沖永良部島観光ガイドブック:沖永良部島観光連盟

「観光客に県境はない」 〜観光プロデューサーズコラム〜

                 2010年12月13日 

          鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光                             

 九州経済連201012121314131165.jpg合会熊本地域委員会の主催による「九州新幹線全線開業と地域振興」のシンポジウムが熊本市で開催され、パネラーとして参加しました。 久しぶりに降り立った熊本駅は、新幹線と在来線との駅舎の連絡通路の整備、駅前の道路の拡幅工事と信号機の変更など開業準備に余念がないという感じです。3か月先には新大阪と博多から「みずほ」、「さくら」、「つばめ」の3本の列車が運行され、一段と賑やかになることと思います。 

 会議では、誘客やPRの方法、まちづくり等について議論が展開されました。九経連の松尾会長からは、地域の魅力が十分に発信されていないことや、福岡との交流を促進するには人的交流が重要、との指摘がありました。熊本から博多まで30分となり、物流だけでなく人の往来がますます激しくなるという印象を持ちました。 
CAR6LYBN_1.jpg
 
観光振興について、熊本県としては横軸の重要性を説いていました。阿蘇から由布院、別府にいたるコースと天草、雲仙、長崎への観光ルートが定着するのではないかと感じています。各地域をつなぐバスの運行が計画されています。福岡が日帰り圏内になるという危機感から、関西方面に誘客の軸足を置いている印象を受けました。今話題のタレントである熊本出身のスザンヌを宣伝部長に起用し、イメージづくりに努めておりかなり浸透していると思います。 
 一方、熊daisyou.jpg本城を中心とした街並み整備にも取り組んでおり、回遊性のある街づくりをめざしている姿勢が伺えました。鹿児島中央駅が九州新幹線の終着駅となることで、観光客が南に下るという危機感から、熊本に途中下車させる様々な取組を展開していると感じています。
 

 鹿児島県の取組としては、南北600キロに及ぶ広いエリアに、いかに開業効果をもたらすか、また開業後も持続的な観光地になることを目指して取り組んでいる「増やす」、「広げる」の施策について紹介しました。また「おもてなし先進県鹿児島」づくりとして、「おもてなしセミナー」や「タクシー乗務員接遇研修」などを実施し、観光客を温かく迎える運動を推進していることなども報告致しました。時間短縮効果を活かし、川内で下車して甑島へ、指宿から種子島、屋久島などへ誘客することが滞在効果をもたらし、鹿児島への乗車率を高めることになります。
 
 隣接す201012121308351064.jpgる地域では、連携した観光客誘致の取組が始まっています。出水市元気再生創出協議会では、NPO法人環不知火プランニングと協力して、農家民泊体験と環境学習のプログラムづくりが進み、教育旅行の実績が上がっています。また出水と水俣・芦北地域が連携し食のイベントやウォーキング大会なども開かれています。今年の秋からは、出水駅から蔵ノ元港までの定期バスの運行も始まり、牛深との連携を図っています。
 

 霧島温泉から1時間の位置にある人吉地域は、国宝に指定された青井阿蘇神社や味噌醤油蔵、焼酎工場など、「まち歩き」しながら滞在型の観光が楽しめます。また、球磨川でのラフティングは、教育旅行で人気を博しています。全線開業で肥薩線沿線の魅力と共に、レトロな列車、古い駅舎は旅人を惹きつけます。あるホテルの経営者は、今後霧島地域からの誘客に力を注ぐと語ってくれました。 

 九州観光推進機構の調査によると、首都圏女性の九州観光に対するイメージは、北海道、沖P1030048_2.jpg縄に比べてかなり劣っています。TVや雑誌での露出が少ないこと等があげられています。南九州の魅力ある観光ルートを定着するためには、県境を越えた連携が必要です。九州観光推進機構や南九州3県の広域観光ルート連絡協議会などと連携した共同キャンペーンの展開が誘客につながります。来年秋に展開されるJR6社の「デスティネーションキャンペーン」は、大きな成果が期待されます。遠方から来る観光客は広域に回り、県境の意識はありません。これからも熊本県と協調しながら誘客に努め、一方では競争して地域を磨くことも必要ではないでしょうか。新幹線開業効果をそれぞれの県が最大限に活かすことが求められています。

「九州新幹線全線開業まで100日」 〜観光プロデューサーズコラム〜

                2010年12月6日

       鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光 


 3月12SEB201010200071_1.jpg日の九州新幹線全線開業まで、100日を切りました。九州新幹線は、2004年3月に部分開業しましたが、開業した1年間で約323万人が利用し、3年目には1000万人を突破しています。今年の3月には、2000万に達し、また、通勤・通学に利用しているエクセルパスは1300人を超え、県民の足として定着しており、全線開業で更なる利用増が見込まれます。 

 12月4日には東北新幹線が新青森まで延び、九州新幹線の全線開業時には、南北を縦断する多くの旅行商品が誕生することを期待しています。開業に合わせて指宿駅まで、「いぶすきのたまて箱」という観光特急の運行も決まりました。ドアを開けるとミストが吹き出し、座席はすべて海側を向くなどJR九州の熱い思いが伝わってきます。観光特急の多い九州ですが、新たな話題になると思います。 

 九州新幹R0010831.jpg線全線開業関連イベント実行委員会では、新幹線“さくら”により鹿児島と関西、中国、北部九州などがダイレクトにつながることを「鹿児島さくら街道」という新しい道の誕生と見立てて、〜往来、オーライ!〜を基調に、相互交流の拡大を目指しています。開業記念イベントとしては出水駅、川内駅では、地域の特色ある祭・イベントの活用・創出を図る中で、ふるさとフェスタ、ご当地グルメグランプリなどを開催する計画です。 
 
鹿児島中央駅では商店街イベントと連携し、花と灯りによる装飾やライトアップなど新しい演出を行うことが決まっており、賑わいの創出が図られると期待しています。
 
県民の皆様にも、全線開業ロゴマーク・キャッチコピー、ポスターや全線開業関連の総合WEBサイトを大いに活用し、県外の知人にPRして欲しいと思います。 
 
 
先月広島P1040038.jpg市内で初めて開かれた九州観光推進機構の説明会には、10社のエージェントの社員60名が参加し、九州新幹線への関心の高さが伺えました。エージェントからは、「従来の観光地に代わる新しい鹿児島の情報を提供して欲しい」、「桜島の噴火の影響」、「離島へのアクセス」、「開業時のイベント」などの相談が多くありました。広島からは最速で2時間24分となり、1泊2日の旅行に適した場所である、とうれしい言葉もあり、今後のPR活動を強化しなければならないと感じています。
 
観光客は、「今だけ、ここだけ、あなただけ」の体験が感動につながり、オンリーワンの情報をいかに伝えることが出来るかがポイントであり、情報発信の重要性が問われていますP1040719.jpg
 鹿児島県
特産品協会では、新特産品づくりやコンクールを実施し、「鹿児島フェア」等ホテルやレストランと連携し、鹿児島の食材を使ったメニューの定番化を促進する取組を進めてきました。観光客の楽しみは地域の食であり、観光客との接点を増やし購買を促進することが、地域に大きな経済効果をもたらすことにつながると思います。 

 新幹線による時間短縮で日帰り観光客の増加が見込まれ、いかに宿泊者に変えるか、泊まりたくなるまちづくりの仕掛けが必要です。また遠方からの誘客も可能となり、新幹線の駅から遠い地域は、停車駅からのルートの設定と2次交通の確保が重要です。そして観光客が訪れるお店では、安全・安心の地元産品を提IMG_0025_4.jpg供し、再訪に繋げることが重要です。 

 大きなイベントで多くの観光客が一気に増えると、料金の便乗値上げやサービスの低下が顕著となり、信用を失墜しその後お客が遠ざかっていった地域が多く見られました。日頃と変わらないサービスの提供が、求められます。観光客は施設の魅力ではなく、地域の魅力に惹かれます。住民、職場などで、観光客を温かくお迎えする心を醸成するなど、地域総力戦で取り組む必要があります。 

 東京から北の新青森まで新幹線がつながり、次は南の鹿児島ということで、県内の地域づくりや誘客のための取組の話題がメディアで取り上げられ、九州新幹線開業の認知度も高まIMG_0745.jpgってきています。しかし九州新幹線が全線開業するからといって、黙っていても観光客が来るということは、安易な考えであり、新幹線は「魔法の杖」ではありません。積極的なPR活動が求められます。 

 鹿児島に来られた方々が、「日本の中に鹿児島というすばらしい地があって良かった」、「また来たい」と感じられる魅力ある地域であり続けたいと願っています。100年に一度のビッグチャンスを県民総ぐるみで迎えたいものです。