トップページ > プロデューサーズコラム

感動の体験が生徒の心を変える

2011年8月1日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

 皆さんは中学・高校生の時の修学旅行の思い出はありますか。昼間は、名所旧跡の見学に追われ、夜は遅くまで仲間と騒ぎ、翌日のバスの中では寝てばかりだったというのが修学旅行の思い出として残っている方が多いのではないですか。

a0027_001385.jpg  今、農業や漁業の体験を組みこみ、農家に宿泊する民泊型修学旅行が人気を博しています。わずか1泊2日の滞在時間ですが、自然の中での体験や、農家の方々との交流が生徒たちの心を動かしています。
 昨年に引き続き、受け入れ農家、漁協、グリーンツーリズム協議会、市町村、地域振興局、県農政部、観光課、観光連盟など60名が参加し、今後の受け入れ態勢の改善、食中毒や安全対策、充実した体験メニューの提供などを重点に置いた研修会を開催しました。

DSC_0098.jpg  初めに、垂水漁港での漁業体験と農家民泊を組み入れた教育旅行を実施し、鹿児島への体験型旅行拡大のきっかけをつくっていただいた、奈良県生駒市の大瀬中学校の前の校長酒見宗良先生から講演がありました。鹿児島へ体験型教育旅行に切り替えた経緯や農家民泊の注意点、鹿児島の魅力について語ってもらいました。

 17年間実施してきたTDLへの修学旅行の教育的効果に疑問を感じ、地域の文化、歴史、自然を学ぶことが本来の修学旅行の目的であり、「ほんまもの体験」ができることなどが行先変更の要因でした。実施にあたっては、漁協や民泊先をこまめに下見するなど万全の態勢で臨み、実施前には鹿児島への変更に不満を持っていた一部の父兄や生徒たちも、終了後はほとんどが満足し、今では後輩たちに、鹿児島の魅力を語り継いでいるとのことです。学校の廊下には、「本物。鹿児島県」のポスターが掲示されるまでになっています。
 先生から、これからも「地産地消」など「食育」の大切さを生徒に体得させるため、地域ならではの農産物の収穫や郷土料理を味わう機会を提供してほしいという要望がありました。

DSC_0170.jpg  受け入れ農家からは、安全面で特に生徒の管理に細心の注意を払い、地域ぐるみでおもてなしの充実に努めていることが報告されました。
 一方、競合する旅館・ホテル関係者からは、民泊先からの生徒の食糧の持ち込みが多く、食中毒などの発生を懸念する声や、農家での連泊を避けて1泊は既存の宿泊施設を選ぶなど、双方がWin-Winの関係になるよう配慮すべきとの声がありました。
 民泊体験を希望する学校が増えることで、受入地域の競争も激しくなり、体験メニューの充実、ワンストップサービスの態勢づくりなども求められています。

 県内における農家民泊の実績は、受け入れが始まった4年度の360人から、11年度は1万人を超え27倍となっています。受入れ農家は700軒を超えています。鹿児島における農家民泊を支援し、情報の共有やコーディネートを務めている「かごしまグリーンツーリズム協議会」の会員は、発足時は17団体でしたが、今では32団体に増えています。(11年3月現在)
 受入地域は、南さつまから日置、さつま町、薩摩川内市、出水地区、いちき串木野、さらに伊佐、垂水地域に広がっています。今年の夏には大隅地域にも協議会が発足の予定です。漁業体験の受入れで注目をあびている垂水地域では、先日上海からの体験ツアーが訪れました。九州管内では、大分県の「安心院」、長崎県の「松浦」、佐賀県の「唐津」など特定の地域に集中していますが、鹿児島では県内全域での受入体制が確立しつつあります。

a0008_001326.jpg  民泊について提起されているのがコンプライアンスです。現在の受入家庭のほとんどが、旅館業法で定められた「簡易宿泊所営業」の許可を取っていないということです。農家の方々が食事を提供し宿泊代を請求することは違法です。昼間は農作業の体験をし、朝晩の食事は農家の皆さんと一緒に食事を作り、夜は農家の一室を借りて寝起きすることで、その対価として体験料を農家に支払うことになります。「安心院」や「松浦」の受入家庭は、簡易宿泊所営業の許可を取得しています。
 旅行エージェントの教育旅行担当者からは、簡易宿泊所営業の許可を持っている施設の要望が、学校サイドから強くなっているということでした。今は、県の農政部が作成した受入指針に基づき受入を行うということを必ず遵守しなければなりません。教育現場では、一旦問題が起こると厳しい対応が求められます。

 先日、教育旅行の質的向上や輸送計画を担当している「日本修学旅行協会」と「全国修学旅行研究協会」の関西支部を訪問しました。両支部とも新幹線の輸送計画を教育委員会に代わって担当していますが、担当者は、九州新幹線の全線開業に加えて、震災の影響もあり、九州への仕向地変更を模索している学校が多いという話を伺いました。
 仕向地変更の最大の課題は、連合体輸送による経費の軽減と乗り換えなしで鹿児島まで輸送を確保することであり、JR西日本、九州に対して要望を行っています。平成24年度の実施分から少しでも適用できれば一気に鹿児島への教育旅行が増加します。

DSC_0092.jpg  鹿児島県は、農業・漁業体験だけでなく、知覧や鹿屋での平和学習、鹿児島市内の歴史学習、桜島や霧島の自然学習、内之浦や種子島での科学体験、屋久島の環境学習とどこの地域にも負けない体験プログラムが可能です。

 鹿児島県は第一次産業が盛んであり、地域への交流人口を増やすことで、農漁村で働く人の生きがい作りにもなります。生徒たちのうれしい笑顔をみると、受け入れて良かったと感じ、そしていつも新鮮な感動の体験を提供し続けることが、学校現場から選ばれる地域になるのではないでしょうか。

「あいさつ」は人と人とをつなぐ心のかけ橋

2011年7月25日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

二階堂住宅でのお茶.jpg  鹿児島では、昔からあるおもてなしの心「茶いっぺ」の行いが受け継がれています。旅先で列車を降りたときに元気なあいさつで出迎えてくれて、お茶のおもてなしがあれば感激しない観光客はいないと思います。また、見知らぬ人から「こんにちは」とあいさつをされて、気持ちが和んだ経験を持った方は多いと思います。

今和泉駅周辺.jpg  先日、県内の高校生の商業研究発表大会が中央公民館で開催され、その審査委員として出席しましが、その会場での生徒さん方のあいさつの素晴らしさに感心しました。面識のない私に会う生徒一人ひとりが、頭を下げながら元気な声で「おはようございます」とあいさつをしてくれました。
 大会では、「観光指宿PR作戦」として、おもてなしや商品開発に取り組んでいる指宿商業高校の、『指商ビジネスの「たまて箱」』の活動が最優秀に撰ばれました。
 NHKの大河ドラマ「篤姫」が放映された時、指宿の今和泉駅の近くにある「今和泉小学校」と「指宿商業高校」の生徒さん方が観光客に笑顔であいさつする姿が話題となりました。地域ぐるみであいさつするなど、おもてなしの心が定着していると感じます。

 会社では、仕事上付き合いのある人や職場の上司、同僚にあいさつすることはあっても、日頃お世話になっている守衛さんや、毎日掃除をしている方、宅配便を届ける方などへ率先してあいさつすることを怠っているのではないでしょうか。
 昼休みには保険会社のセールスレディが訪問し、多くの情報が掲載されているパンフや雑誌等を配布していますが、保険の契約を取るための営業活動の苦労が伝わってきます。
 その姿に接するたびに、自分も営業活動で苦労した入社の頃が思いだされて、あいさつと励ましの言葉をかけるよう心がけています。

ビジネスマンの腕.jpg  小生は入社間もない頃教育旅行を担当し、毎日学校を訪問し事務室の許可を得て校長室や職員室に入り営業活動をおこなっていました。
 私学のセールスに行く時、先輩から「守衛さんにしっかり挨拶をしておけ」と指導を受けました。その後学校訪問時には必ずあいさつすることを心がけ、先生との約束の時間に間がある時は、極力守衛さんと話をする機会をつくりました。
 守衛さんは、学校内部の情報に詳しく、他社の営業マンの動きを教えてくれて、営業に大変役立ったとことを記憶しています。あまりスポットライトを浴びないところでがんばっている人々にも、分け隔て無くきちんと挨拶することの大切さを学びました。

shinkansen3.jpg  今インターネット上で九州新幹線開業の「幻のCM」が話題となっていますが、新幹線沿線の人々が、田んぼの中で、屋根の上で、駅のホームで、たくさんの笑顔で列車に手を振るシーンが映し出されています。6月にフランス・カンヌの世界的なCMコンクールで金賞にも輝いており、心のこもったシーンが好感を得ていると思います。

 最近お客様に好評を得ている会社に、「Aタクシー」があります。車を呼ぶと、まず挨拶をして名前を名乗り、必ずドアの開閉を自ら行うなど心配りが徹底しています。
 会社では、まずあいさつが基本と考え、日頃から乗務員教育に力を注いでいます。タクシーは、観光地ではお客様が最初に乗る乗り物であり、その接遇が地域の印象となります。初対面の方にあいさつするのは、接客の基本ルールだと思います。

イルカジャンプ.jpg  今日本は成熟社会を迎え、モノの豊かさより心の豊かさが求められる時代となっています。満足は当たり前であり、「感動・感激」を経験した人だけが顧客になります。
 「こんにちは」という何気ないそのひとことが、人と人の心をつなぐ「心のかけ橋」になるのではないでしょうか。

地域づくりと景観保護の必要性

2011年7月18日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

城山から桜島.jpg  久しぶりに鹿児島市に帰り、家の前から見える景観に変化が起きていることに気づくことはありませんか。今までは桜島全体が見えたのに、2階のベランダに出ないと全体を見ることが出来ない。明らかに家の周りに大きな建物が建ち、景観が損なわれているのです。

 市内の至る所に高層のマンションが建ち、街の様相が変化してきています。錦江湾を隔てて鎮座する桜島の景観は、鹿児島の財産です。また、色とりどりの看板や旗などは、街の美観を損ないます。これからのまちづくり、景観保護、観光振興について考えてみたいと思います。

 まず市街地での景観保護の重要性です。鹿児島市を訪れた観光客は、まず城山の展望所から桜島の遠望と市街地を臨むケースが多くあり、日に7回変化すると言われる桜島に感嘆の声をあげます。高台にある城山の展望所から、桜島を遮る建物はありませんが、市街地の景観は毎年変化しており、高層ビルが増える一方で空き地も多くなっています。

 今後市中では公園を整備し、街路や海岸周辺では木や花を植栽し、建物の外観は原色を減らすことなどで美しい街をつくることになります。維新ふるさと館を中心とした甲突川両岸の整備や、市電軌道の緑化は、鹿児島市の魅力づくりにつながっていると思います。

嘉例川駅.jpg  一方県内には築100年を越す木造の建物が残されており、多くの観光客が訪れています。
 その代表的なものが、JR肥薩線の「嘉例川駅」と「大隅横川駅」です。かつては町の象徴であり、軍人達が万歳三唱の音頭で戦場に旅立ち、高度成長期には中学、高校を卒業したばかりの若者が涙とともに旅立って行った場所です。昔の良き思い出を残し、心の豊かさを彷彿させる建物です。
 両駅とも、「はやとの風」が運行開始された時、無人駅に特急が泊まる駅として、全国的に有名になりました。

 やはり古い建物が残り、ノスタルジーを感じさせる雰囲気が、観光客の支持を得ていると思います。レトロ感覚の建物は、残す方向で整備してもらいたいと思います。

出水麓武家屋敷群.jpg  また、伝統的武家屋敷群も多く残っています。江戸時代、薩摩藩では鶴丸城(鹿児島市)を本城とし、領内の各地に外城と呼ばれる行政区画を設けて、それぞれに地頭仮屋を設け、その周辺に「麓」と呼ばれる武士集落をつくりました。
 代表的な場所として、「知覧」、「出水」、「入来」、「蒲生」などがあります。各武家屋敷とも街路の両側に築かれた石垣や生垣、木々が落ち着いた街路景観を醸し出しています。
 現在では開放している武家屋敷や庭園も多く、地域の魅力発信にもつながっており、庭園を活用した野点や灯りの祭典は、武家屋敷に似合うイベントと思います。

 これから大規模な土地利用の転換を図る再開発事業では、歴史的景観が残る地区をどのように整備していくかが課題です。一方では周辺の住民にも理解を求め、のぼり旗、広告物の撤去など美しい景観の維持に努めたいものです。

棚田.jpg  地方では、人口減少に加えて農家の高齢化が進み、利用されない田畑が増え荒廃が進んでいます。50年前は多くの人々が農村地域に住み、田畑の開墾、米や野菜の収穫などをしながら地域コミュニティの維持が図られていました。人口が減少していくなかで、交流人口をいかに増やすかが重要です。

 田舎の原風景は、人々の心を癒してくれます。荒れ放題の沿道を整備し、駐車場やトイレ等の整備を行い、美しい景観を復活させる取組が求められています。また、定期的に地域ならではの農産物等の販売を行うことでリピーターの確保になると思います。

   一方農業が盛んな地域では水路の改善により、生息していた藻、魚、とんぼなどの生物がほとんど姿を消しています。棚田やため池の保全、水路には石積を利用するなど川の生物が住める環境に配慮して欲しいものです。

美瑛のセブンスターの木(遠.jpg  ヨーロッパでは、ドイツ、フランス、イタリア、スイスなど地方の農村地域に観光客が訪れ、グリーンツーリズムを楽しんでいます。
 日本では、北海道の「美瑛」、「富良野」の田畑は、植え付けから収穫まで景観の配慮した耕作に心がけ、美しい農村景観を保ち人気の場所となっています。美瑛の丘には「パッチワークの路」と呼ばれるエリアがあり、そこに立つ木々は「セブンスターの木」や「ケンとメリーの木」、「親子の木」などの愛称が付けられ、CMの舞台にもなっています。

 県では「魅力ある観光地づくり」を進めており、平成18年から毎年10億円の予算を投入し、美しい景観づくりに努めており、「錦江湾なぎさ街道」や「よかとこ100選」に選定された場所は重点的に整備しています。市町村では整備された場所の良好な景観保護・維持に努めてもらいたいと思います。

 また、「道」は貴重な観光資源であり、案内板を統一した形や色にし、橋やガードレールも周りの環境に配慮するなど工夫が求められます。

 日本人の国内旅行は成熟しており、大幅な伸びは期待出来ないと思います。今後の行先としては日本の原風景が残り、地域ならではの食が堪能できる地域に人は集まると思います。美しい日本の景観を醸し出す地域になるよう努力して行きたいものです。

琴線にふれるおもてなし~心温まる乗務員の案内に観光客が感動~

2011年7月11日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

ikedako.jpg  県では観光客が再び訪れたいと思っていただける観光かごしまづくりを進めるため、関係機関・団体等と一体となって、観光客を温かく迎える「観光まごころ県民運動」を展開しています。22年度には、タクシー乗務員接遇研修会の開催や、宿泊施設、観光施設等の従事者、観光ボランティアガイドなどを対象とした「おもてなしセミナー」を県下7地域において実施しました。

  九州新幹線全線開業により、観光客の伸びは顕著な実績として表れています。真心のこもったおもてなしが、観光客の鹿児島に対する評価となり、リピーターになります。

 心温まるおもてなしを実践して、観光客からお礼状が絶えない素晴らしいタクシードライバーを紹介します。
 その人は、指宿ハニ交通の富山剛招さんです。富山さんは、岐阜から里帰りして勤務歴6年です。観光連盟に届いたものと直接本人に届いた分の一部を紹介します。

フラワーパーク.jpg昨日山川フラワーパークで結婚式があり、JRで山川駅まで行き駅からタクシーを利用しました。そのタクシー運転手の素晴らしい接客に対し感動いたしました。
『台風の影響もあり列車の遅れも心配しておりましたが、雨も降らずJRも定時運転で良かったですね』、『フラワーパークまで途中、名所をご案内いたしましょう、料金は当初ご契約いただきました金額で追加はいただきませんから・・・』と砂蒸し温泉や地熱発電、墓地など車窓から案内していただきました。同乗された福岡からの女性の方々も喜んでおられました。
結婚式の帰りも指宿駅まで乗せていただきましたが、お客様に喜んでいただくのが何よりも嬉しいと、最近のお客様からのお礼状を見せていただきました。その内容を見て驚き同時にこんなにも多くの観光客に感謝されている運転手さんは、鹿児島の何よりの誇りであり大事な財産です。 今、指宿は元気ですが、観光特急「いぶすきの玉手箱」のお客様を一過性のものにならないように、この運転手さんのような『おもてなし』を全てのポジションで出来るよう推進したいものです。
(企業管理職の男性Nさん)
タクシー.jpg
先日(6月4日)指宿での観光の節には短い時間でしたのに、大変良くして頂きまして記念写真も撮って頂き、また駅までも届けて下さって本当に感謝いたして居ります。今回の旅で一番の良い思い出になりました。玉子もとてもおいしかったです。本当にありがとうございました。
(岡山県 主婦Kさん)

先日は色々とお世話になりありがとうございました。お陰様で思い出の多い旅となりました。写真までいただきありがとうございました。お礼の印に奈良の名産を送らせてもらいます。
(奈良県 主婦Fさん)

sunamusionsen.jpg 上記以外でも多くのお礼状を頂いているということです。富山さんは乗務に際しては、挨拶の励行、名刺を渡し、行程で時間があれば近隣の名所を案内してあげています。また、必ずカメラを持参し、観光スポットではスナップ写真を撮ってあげて、自宅まで郵送しています。暑中見舞いや年賀状は必ず出して、親交を深めているとのことです。
 日頃から勉強するよう心がけており、地域の新しい話題を提供し、車中でお客様を飽きさせないよう努力されています。
 お客様が喜んでもらえることが、タクシー乗務員としての最大の喜びであり、「サービス イズ アワ ビジネス」を実践されています。

 タクシーは観光地でお客様が初めて乗る乗り物であり、乗務員の態度がその地域の第一印象となります。心のこもったお迎えをしたいものです。
 富山さんは、岐阜で乗務の経験があり、定年後指宿でタクシー乗務をして6年になりますが、一貫してその乗務態度は変わっていないとのことです。

 観光地でのタクシードライバーに対するクレームは多くありますが、県内では良いおもてなしを受けたという事例も増えています。これからも富山さんの接遇に学び、観光客を温かくおもてなしできるドライバーが増えて欲しいと思います。
 富山さんのますますのご活躍を期待します。


東日本大震災から3か月過ぎて ~資源・エネルギーの大切さを再認識~

2011年7月4日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

 東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災から、3か月が経過しました。震災の影響は国民生活に大きな影を落としており、観光関連では国内旅行だけでなく、海外からの観光客も激減という深刻な状況となっています。

海岸.jpg  また、宿泊施設の倒壊、原発事故による放射能汚染の風評被害などで、観光地再開のめどが立たない地域もあります。
 先日三陸海岸の被災地を訪ねました。海岸の後片付けは進んでいますが、レストランの多くは休業状態で、観光客もまばらという状況で、復旧にはまだ時間がかかると思いました。一日も早い復興を国民総意でなしとげたいものです。

 インターネット調査会社の株式会社マーシュは、1都3県(神奈川、千葉、埼玉県)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、インターネット調査で「東日本大震災後の意識に関する調査」を実施しています。調査の中で、地震体験後意識の変化が「あった」と8割の人が答えています。
 我々も教訓とすべき興味ある回答を紹介します。

・世界の日本に対する見方が思ったより好意的だったことを知った。募金やボランティアに対して懐疑的だったが素直に見ることができるようになった。(39歳男性)

・節電・節水に今まで以上に気を遣っている。人間は本当に優しくて思いやりのある生き物だと感じた。隣にだれが住んでいるのかさえ、気にしない人たちが多いと言われているのに、世の中捨てたもんじゃないなぁと思った。(49歳男性)

a0001_001245.jpg ・今まで日本人は明るい照明や十分な冷暖房に慣れていたが、やろうと思えばずいぶん省エネできるんじゃないかと思った。(57歳男性)

・現代の生活が便利すぎていたということ、電気はみんな必要ないほどの過剰な量を使っていたということなどに気づかされた。(20歳女子学生)

・災害時の備えやどう行動するか等、全く準備していなかった。子供が生まれ、自分だけどうにか逃げるというわけにもいかなくなったので、色々考えたり用意しようと思うようになった。(33歳主婦)

おやこの手.jpg ・今まで大地震や津波の被害も実生活に変化がなかったので、他人事のように感じていた面が反省させられた。特別な被害は受けて無いが、大きな揺れを実体験し、スーパーでの買い占めを目にしたり、不安に感じたり、募金を色々な所でしたのも初めてです。(51歳)

・普通の生活ができることが本当に幸せなことなのだということが、実感できるようになった。(62歳女性)

 回答から今までの消費生活の反省や省エネ、無駄をなくすことへの意識の変化が感じられます。家族の絆や思いやりの心を持つことの大切さを教えています。
 また、今の幸せを実感するとともに、明日への備えの意識が高まったのではないかと思います。

 観光連盟では特産品協会と共同で鹿児島中央駅での募金活動を行い、義援金を日本赤十字社を通して被災地に送りました。自分にできることを精一杯やりたいと、進んで献金した方が多かったと捉えています。

神話の里.jpg  ところで、旅行需要が一番大きくなる夏休みが近づきました。GWは4月の前半まで低調でしたが、その後間際で急に予約が伸びました。
 その背景は、余震が減ったこと、計画停電の中止、日常生活の回復とともに気分転換に旅行をという意識変化の表れと考えられます。
 今年の夏の旅行はどうなるでしょうか。猛暑が予測されていますが、一方では節電の取組が求められており、例年より帰省の早期化や長期の夏休みをとる人が増えるのではないかと思います。7月になり休暇計画が決定すれば、家族旅行の予約が急激に増えることも予想されます。
 また、地域では西日本地域が主流となり、地震や原発事故の影響で、海より山の宿泊地が混むと想定しています。

img01.jpg

  一方高速道路料金の上限が撤廃されたため、ファミリー層が主体の夏休みは、経費軽減の意味では近場の旅行が増えることも考えられます。
 県内においては、高速道路に近い霧島温泉地域が、遠方からの客の減少が懸念されます。最近のお客様のニーズは、温泉に入るということだけではなく、時間を過ごす時(こと)の充実を求めています。山や渓谷の魅力や地域の生活・文化の発信、体験メニューの充実等で連泊促進を図るべきです。

 例年より2週間早く、南九州の梅雨明けが発表されました。今年の夏のキーワードは"涼"です。滞在してゆっくり時を過ごし、癒しのできる場所としての魅力を発信していきたいものです。

 参考資料:地震・震災に関するアンケート:実施期間4月5日~8日 調査:株式会社マーシュ