トップページ > プロデューサーズコラム

なぜ今修学旅行の誘致が必要か

平成24年2月27日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

桜島と桜.jpg

鹿児島では例年桜が満開となる頃が新学期の時期と重なり、校門で桜の花を背景に写真を撮る親子の姿が見られます。桜前線が北海道まで到達するのは5月のGW明けとなり、日本列島の四季の長さを感じます。
教育現場が落ち着く4月の後半から、日本独特の学校行事の一つである春の修学旅行のシーズンが始まり、6月の中旬まで続きます。

昨年3月の九州新幹線全線開業により、今年は鹿児島への修学旅行が増加しています。今まで九州の他の地域に行っていた学校が、時間短縮効果で鹿児島に行先を変えているのではないかと思います。

九州の横軸より縦軸の時間が短くなり、特に関西から以西の学校が博多まで集約臨時列車で来て、九州新幹線の定期や臨時列車に乗り換えるコースが目立ちます。片道新幹線を利用し、鹿児島中央駅からバス利用で県内1泊、他県に1泊して学校までバス利用というコースもあります。

なぜ今修学旅行の誘致が必要なのか、その理由を学校現場のニーズと併せて誘致の観点から考えてみたいと思います。

学校は3年もしくは6年置きに行先を変える傾向があります。それはマンネリ化を防ぎ、先生方が新しい旅行先を求めていることや、教育課程の変更等が大きな要因です。 その際、目新しい施設がオープンしアクセスが整備されると行先として選ばれるチャンスが訪れることになります。

新幹線さくら.jpg

九州新幹線の全線開業で、大きな時間短縮が図られた鹿児島に注目が集まっているのは、新大阪から集約臨時列車や相互直通の「さくら」が増発されることが大きく、25年度以降はさらに鹿児島方面へ行先を変える学校が増加するのではと期待しています。

特に修学旅行専用列車の設定は、運賃・料金が軽減されしかも一般客との混合がなく安心して生徒の管理ができます。先日もある大手エージェントの教育旅行支店長会議が霧島で開催され、鹿児島への誘致を誓っていました。 今まさに鹿児島としては修学旅行誘致のチャンスと捉え、関係団体が連携しPRを強化すべきです。

教育旅行.jpg

最近の教育旅行のニーズは、物見遊山的な旅行から農業・漁業などの体験、火山や震災などの自然学習、街を歩きながらの歴史・文化の探訪、原爆や戦争に関する資料を通しての平和学習、ゴミ問題や水質汚染についての環境学習等さまざまであり、複数のカリキュラムを取り入れる学校が増えています。

体験型修学旅行においては、農業・漁業体験を組み込む学校がほとんどです。大分県の安心院、長崎県の松浦や平戸、佐賀県の唐津が人気を博していますが、NPO法人エコ・リンク・アソシエーションの下津代表によると、23年で、11,300人を扱い、24年は16,000人、25年は20、000人に迫る勢いです。出水市でも、NPO法人環不知火プランニングと連携し、24年はすでに11校の予約が入っています。

県内全域での取り扱いが始まっているのが大きな特徴で、他県との差別化を図り、新たな需要先の開拓も求められています。 そのためには、他県にないユニークな体験メニューの提供、また、受入側の安全面に対する意識を向上させ、体験学習における安全性を確保することが何よりも重要です。

鹿児島県では、農山漁村生活体験学習に係わる取扱指針を平成21年3月に作成しました。生徒の宿泊先の多くは、登録許可をもつ民宿ではなく、体験をする農家、漁家であり、料理はみんなで作るというのが絶対的なルールです。また、保健所の指導により、手洗いの励行、絶対に生ものを出さない、火を通すなど保健衛生面での格段の配慮が必要です。農業体験では、農機具などでけがや事故にあわないような最善の注意が必要です。

農業体験.jpg

受入農家等には農林漁業体験、調理、家での団らん等の機会を併せて提供する事が求められています。特に生徒が感動するのは、夕食後の農家の人との団らんの時間です。都会の生徒の多くは、家庭での両親との会話が少なく、民泊先での温かい心のふれあいに涙する生徒が多く、子供達の情操教育にも役立っているのではと感じます。

ところでグリーンツーリズムが浸透するにつれてホテル経営者は、民泊先にお客が取られると危惧してきました。しかし、行程の中でもう1泊は、温泉地でのホテル宿泊がほとんどです。新しい需要開拓で相乗効果がもたらされるという考えに立つべきと思います。一度鹿児島を訪れた子供達は、成人したらまた来てくれるリピーターにもなります。温かいおもてなしで、子供達に大きな感動をもって帰ってもらいたいものです。

新幹線の開業で永続的に安定した利用客を確保するためには、京都に代表されるように修学旅行生を誘致することが、一番の安定策です。鹿児島県は、教育旅行のニーズに対応できる環境が九州のどの地域よりも揃っていると思います。そのためには、地域での人材の確保、宿泊代として収受できる簡易宿所の登録推進、温泉地・ホテル等との連携などが必要と感じます。

教育旅行を受け入れる施設としてのメリットも大きいものがあります。修学旅行は、2年前に決定し、しかも人員の変動も少なく不況時でも安定した顧客であり、経営の見通しも立ちます。個人旅行が主流の中で、数少ない大型の団体旅行であり、一度受けると数年続くのも大きなメリットの一つです。

教育旅行歓迎.jpg

国内旅行はここ20年減少傾向であり、修学旅行の誘致競争も激しくなっています。新幹線の全線開業のメリットを活かし、多くの地域から県下全域への誘客を図るチャンスとしたいものです。

EGLツアーズ代表取締役社長 袁 文英氏の経営哲学に学ぶ

鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光
平成24年2月20日

太宰府梅の花.jpg

大宰府天満宮の樹齢1000年を超えるとされる飛梅が、今年は2月7日に開花しました。3月の上旬頃まで、境内にある約200種類、6000本の梅の花を見ることができ、受験生や進学・就職する人、外国人等が多く訪れ賑わいます。
菅原道真は梅をとても好んでおり、大宰府に左遷された際に詠んだ次の歌はあまりにも有名です。

    東風吹かば匂ひをこせよ梅の花
                     主なしとて春な忘れそ ~菅原道真~

梅の花が終わると、桜のシーズンになり海外からのお客様が増加します。車体の側面に「EGLツアーズ」と書かれた団体バスが鹿児島でもよく見られるのもこの春先からで、毎年1000人を超えるお客様がEGLツアーズを利用して鹿児島を訪れています。

アジアの中の鹿児島.jpg

この度、文部科学省大学教育推進プログラム採択事業の一環として、「取材学習を取り入れた循環型初年次教育」の平成23年度公開シンポジウムが、鹿児島大学で開催されました。
アジアの中の鹿児島―交流、観光、映画を通して、他県や海外から見た鹿児島の魅力や映画の素材としての鹿児島に注目し、これからの地域文化や街づくり、行政、産業のあり方について考えるのが今回のテーマでした。

基調講演の一人がEGLツアーズの社長袁文英氏でした。 EGLツアーズの日本向けの送客数は10万人を超え、香港の業界でそのシェアはNO1です。袁社長の経営方針を学びたいと、全国の自治体から講演依頼が絶えないなど有名な企業経営者です。

袁社長はかつて日本の大学で勉強され、香港人に対して日本で観光ガイドもされていました。その後香港での旅行エージェント勤務を経て、仲間6人と1986年に会社を設立され、昨年25周年を迎えています。昨年の11月には香港のコンベンションセンターで盛大な25周年パーティが開催され、日本からの500人を含む国内外から1500人が参加し、その偉業を称えました。

袁社長.jpg

袁社長の人となりと経営哲学について御紹介したいと思います。自分が社長と呼ばれるより「袁さんと呼んでくれ」といつも言われており、これから袁さんとして紹介します。
昭和54年から日本各地でガイドを担当し、その時自ら作ったガイド手引書は今でも多くのガイドの虎の巻として活用されており、数百名のガイド養成もされてきました。

昭和60年まで6年間香港の有力エージェントに勤務され、日本出張所の責任者もされました。その後自分で会社を興される際には、勤め先の会社にきちんと挨拶され、その会社の取引先には決してセールスには行かない等固い約束もされています。自分を育ててくれた会社に義理を尽くし、一方では自らの会社を発展させることで恩を返せたと語っています。

香港の街並み.jpg

会社を発展させる中で、転機になるような事件も発生しました。それは平成7年の神戸大震災、地下鉄サリン事件、史上空前の円高(1ドル=¥79)であり、多くの香港の旅行社は日本向けのツアー販売を中止しました。
しかし袁さんは、これまでの仕事を見直し、日本でのランドオペレーター事業から香港でのリテーラー業務に切り替え、他社が日本ツアーを敬遠する中で、航空会社から仕入れた席を売り切り大きく業績を伸ばしました。

このことが航空会社や日本のホテル、運輸機関から絶大な信頼を得ることとなり、会社が飛躍する大きな節目の年になりました。袁さんは「危機はチャンスよりも 危機こそチャンス」と語っています。

また、事業規模が拡大する中でも、常にお客様の視点での経営を貫いており、頭を低くし、決して傲慢な企業体質は全く見受けられません。私も観光ミッション等で本社を訪問することがありますが、まさにサプライズの連続です。

ビルの1階で社員が、訪問者一人ひとりの名前を書いた「ウェルカムボード」を持って迎えてくれます。13階の応接フロアーに着くと、今度はエレベーター前のテレビのモニター画面に、一人一人の名前が映し出されます。
応接間には日本全国の自治体より受けた感謝状や各施設からのアワードが展示されており、改めて会社の存在のすごさを感じます。帰る際も見送りが徹底しており、バスが見えなくなるまで手を振ってくれます。ここまでのおもてなしを受けると感動・感激しない客はいません。

最近の日本へのツアーは深夜便が多いこともあり、顧客に対し新たな取組を提供しています。「夜の快眠を妨げないで」と表示してあるステッカーの配布や、日本到着後の待合室での歯ブラシの提供等常にお客様にサプライズの感動をいかに与えるかということに気を使っています。
日本におけるホテル、バス会社等これまで長期にわたり団体、FITで利用している機関に対しては、前金もしくは保証金による支払いの方法をとり絶対の信頼を得ています。

また、社会貢献活動にも積極的に取り組まれており、平成17年のスマトラ津波・地震の際は、被災地に対し従業員と会社で多額の義捐金を送られています。また、昨年の東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県に総額1億1955万円を届けています。

人々2.jpg

一方、袁さんは従業員を大切にされており、平成16年のサーズ発生で自らの企業が大変厳しい時でも、従業員の給料カット、人員削減、自宅待機等は一切行っていません。むしろ逆に添乗員の賃金をあげるなどの方策をとっています。

危機管理対策にも常に気を配っています。困難な時ほど逆に従業員に気持ち良く働いてもらうことが、従業員へのお返しだとも語っています。日本の企業経営者も学ぶべき点が多いと思います。

鹿児島大学の講演では、生徒たちに「変化に対応できる判断力を養う」ことや、「おもてなしの心」を持つことの大切さを語っていました。時にはユーモアを交え語りかけるように話される姿は、永年の企業経営で培われた謙虚な姿勢と確かな自信に裏打ちされていると感じました。

出水武家屋敷ミニ.jpg

翌日は出水の武家屋敷、肥薩おれんじ鉄道、農家レストラン、阿久根等を視察され鹿児島の地方都市の魅力に触れてもらいました。今後新たな企画が生まれるものと期待されます。有志による歓迎会では、県知事からの「薩摩大使」の任命状も渡されました。

今後ますますの袁さんのご活躍をお祈りしたいと思います。

環霧島周遊観光列車の運行に向けて

平成24年2月13日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

霧島は日本で最初に国立公園に指定された地域で、毎年国内外から多くの観光客が訪れていますが、新燃岳の動きが気になる状況が続いています。

霧島連山-2.jpg

「霧島山」をふるさとの山と捉える自治体が、それぞれの行政区域を越えて連携し、環境、観光、防災及び教育等に関わる様々な施策・事業について、お互いに知恵を出し合い、協同することにより、地域活性化を図ることを目的に環霧島会議が組織されています。

参加しているのは宮崎県側が、都城市、小林市、えびの市、高原町、鹿児島県側は、霧島市、曽於市、湧水町の5市2町で、人口は合わせて426,536人です。霧島山系は、豊富な水資源、温泉等を生み出し、また、沿線の肥沃な田畑では四季折々の農作物が収穫され、地域住民は恩恵にあずかっています。

一方、昨年1月の新燃岳噴火では、高原町、都城市方面に大量の火山灰が降り、大きな被害をもたらしたのも事実です。観光面では、霧島温泉地区で6月から宿泊客が前年を上回るなど回復基調にありますが、霧島山周辺地域全体としては観光客が減少しています。

この度、九州新幹線の全線開業効果を生かす新たな取組として、日豊本線、吉都線、肥薩線を結ぶ周遊観光列車の実現を目指して、モニター列車が運行されました。 沿線には34の駅がありますが、ほとんど無人駅となっています。かつて沿線の駅は、街の中心であり多くの地域住民が利用していましたが、若者の都会へ流失、高速道路の開通等で過疎化に拍車がかかり、今では駅舎だけが昔の面影を留めており駅の活用策が求められています。 

環霧島1.jpg

今回の行程は、隼人駅発着で、霧島神宮、都城、小林、えびの、吉松、栗野、嘉例川の各駅を廻る4時間33分の列車の旅で、途中4つの駅では、地元の人たちによるお茶や手作りの菓子等の提供、地元女性グループの踊りや幼稚園児の小旗を振っての出迎え等温かいおもてなしに触れ感激しました。

車内では、5市2町の担当者が沿線の案内や観光の見所を説明し、周遊列車にかける思いを感じました。
私もオブザーバーとして参加しましたので、今後の課題について整理したいと思います。

今回の列車は、日頃通勤・通学に利用するディーゼル列車での運行でした。日豊本線は電化されていますが、吉都線と肥薩線は電化されていないため、鹿児島本線に運行していた電車「つばめ号」や日豊本線のかつての「きりしま号」は運行できません。

はやとの風.jpg


今後もディーゼル車での運行になりますが、将来的には、「はやとの風」や「いぶすきのたまて箱」タイプの観光列車の運行が不可欠です。観光の主役は女性であり、トイレの清潔さや車内の雰囲気作りは特に大切と感じます。

また、車内で歓談しながら弁当を食べるなど、非日常の時を過ごさせるための演出が求められており、車内でのエンターテイメントの充実も必要になります。

今回は4時間33分の乗車時間ですが、観光列車としては長いと時間と思います。「いぶすきのたまて箱」が52分、「はやとの風」が、1時間43分です。
外国人にはローカル列車は人気がありますが、1時間30分程度の時間が適当かと思います。各自治体を周遊する関係で長い時間になりますが、観光列車運行の際は、停車駅や出発時刻等の検討が必要と考えています。

発着駅については隼人駅でしたが、新幹線の利用客を取り込む必要があり、乗車率を高める意味でも鹿児島中央駅の発着が望ましいと思います。
「いぶすきのたまて箱」の利用率が高いのは、新幹線との乗り継ぎが便利なためであり、多くの乗降客のある鹿児島中央駅はPR効果も大きいと判断しています。特に乗り継ぎ割引や時間短縮効果が発揮されます。

環霧島3.jpg

また、沿線の自治体に経済的効果をもたらすことが一番重要なことです。下車したくなる地域になるには、温泉やオンリーワンの観光素材、食のPR、祭りやイベントの事前告知などが欠かせません。1回乗車した観光客がリピーターとなり次は宿泊してもらう取組が必要です。

列車の利用率を高めるためには一般の観光客だけでなく、地域団体のイベント貸切列車として、教育旅行の学習の機会に利用することも考えられます。
環霧島会議では、「霧島ジオパーク」を「世界ジオパーク」としての認定を目指しています。沿線住民が霧島山の重要性を認識する取組も必要であり、この列車に乗車してそれを体感することをお勧めしたい。
沿線には日本の原風景がいたるところに残り、四季折々の景観は車内でしか見ることができません。

ところで新燃岳が噴火して1年以上が経過し、その後の山の状況に関心が集まっています。再噴火した場合は、環霧島地域が一番の影響を受ける地域であり、連携して迅速で正確な情報を発信することが求められます。
昨年の噴火では霧島温泉地域は、風評被害で5月までかなりの痛手を受けました。もし同様な噴火が起きた場合は、早急に温泉地、施設の正確な情報を的確に伝え風評被害を防止しなければなりません。

現在の「霧島屋久国立公園」は、3月16日に「霧島錦江湾国立公園」と「屋久島国立公園」に分かれます。この機会に霧島山の魅力を再度発信して多くの観光客に来ていただく努力も必要です。

環霧島2.jpg

2012年度に4回の貸切臨時列車の運行が計画されていますが、将来的には観光列車で巡る旅を、環霧島会議自治体の売りにしていきたいものです。

春季キャンプ到来 ~チームを応援しよう~

平成24年2月6日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

今年は例年になく寒さが厳しく、北国では街全体が雪におおわれ過疎の村では雪降しがままならない現状も伝えられています。

秋田.jpg

秋田の「玉川温泉」では、雪崩による死傷者もでるなど被害がでています。 玉川温泉は、「大噴」と呼ばれる湧出口からpH1.05(日本で一番pHの数値が低い)の強酸性泉が毎分9,000リットル湧出し、単一の湧出口からの湧出量としては、日本一を誇っています。

この温泉を有名にしているのが、悪性の病気に効能があるという情報が一部にあり、全国的に話題となっている温泉です。また、予約が取りにくい温泉地としても知られています。
私も20年前に旅の途中に訪れましたが、雪崩が起こるような場所には感じませんでしたが、それほど今年は異常な程雪が降り続いているのではないかと思います。

スポーツキャンプ2012.jpg

このように北国では厳しい寒さが伝えられる中、2月1日に南国鹿児島では、野球、サッカー等のプロチームのキャンプがスタートしました。
キャンプ地としては、1軍の野球は沖縄、サッカーは宮崎が主流となっていますが,鹿児島県内ではサッカーJリーグ1部と2部、プロ野球2軍のキャンプが行われています。
今年はサッカー日本代表の前監督の岡田武史氏が監督を務める中国スーパーリーグ・杭州緑城が15日から指宿市で初のキャンプを張り話題を集めるのではないかと思います。

今月から3月上旬にかけて、韓国、中国を含む16チームが、7市町村でキャンプを張り春からのシーズンに備えます。サッカーは9チームがキャンプを実施しており、地元出身者も故郷で練習しています。昨年は3万4千人を超える多くの見学者が押し寄せました。 

関係自治体では地域住民との交流の機会を増やし、チームとより緊密な関係を作り上げることが重要です。観光客も一緒になってチームを激励して欲しいと思います。

ところで徳之島でも日本のトップクラスの女子長距離・マラソン選手の合宿が始まりました。

天城クロスカントリー.jpg

徳之島の合宿では、16団体の選抜選手30人に加えてスタッフ18人が同行しており、9日まで走り込みを行います。かつて徳之島では、2000年シドニーオリンピック女子マラソンの金メダルを獲得した高橋尚子選手がキャンプを行っていた場所で、天城町の与名間ビーチ近くの道路沿いには「尚子ロード」の碑があります。

また、2004年のアテネオリンピックで金メダルを獲得した野口みずき選手は、奄美大島で合宿を行っていました。島は信号や車が少なく、またアップダウンの多い道路は練習に適していると言われます。 

練習環境が整っている奄美大島や徳之島での合宿が、金メダルへ繋がったのではと思います。ぜひ今回の合宿チームの中からも、ロンドンオリンピックで金メダルを獲得する選手が出て欲しいものです。

野球写真.jpg

ところでプロのスポーツキャンプ誘致については、宮崎県に先行されており、東京読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス、埼玉西武ライオンズなど人気球団のキャンプ地となっています。 地元経済研究所の発表では、宮崎県の毎年の経済効果は100億円を超えると試算しています。

鹿児島市では千葉ロッテマリーンズが鹿児島市でキャンプを行っていましたが、現在では野球の1軍のキャンプはありません。特に鹿児島市はアクセスに恵まれ、温泉があること、宿泊施設が充実しており、繁華街に近いメリットを活かし誘致に努めたいものです。

1軍のキャンプにはサポーターや多くの取材陣が訪れ、またキャンプ地リポートとして、毎週メディアがその地域とチームを取り上げ、そのPR効果は大きなメリットの一つです。また、有名選手が出かけるレストランや居酒屋、食材等はその後人気の店として定着することがよくあります。

スポーツキャンプ2.jpg

県と観光連盟では、学生のスポーツキャンプ・合宿の誘致を図るため毎年関西、福岡市でセミナーを開催しています。キャンプ誘致に努めている市町村と合同で、地元の食材を使用したメニューを学生たちに提供しPRを行っています。その効果もあり年ごとに成果が上がっており、22年は32団体、人員で650人増加しています。

ところでプロスポーツと学生の誘致は条件が違います。プロのチームの誘致には、整備された冬芝のあるグランド、充実した宿泊施設、歓楽街が近くにあるなどの条件が厳しく、しかも誘致に時間と費用も要します。その点学生はプロチームほどの条件は求めません。県内にある公的施設で十分と考えており、十分な練習ができること、近くにコインランドリーやコンビニエンスストアがあること、補助金等が受けられることなどがあげられます。また、学生は、春、夏の最低2回は訪れ、毎年来てくれるメリットがあります。

しゃぶしゃぶ.jpg

鹿児島県は各地に温泉が湧き、豊富な食材に恵まれ、温暖な気候やおもてなしの心等他県に勝る要件が揃っています。また、高速道路の整備や九州新幹線の全線開業、「さんふらわあ」等交通アクセスもそろっています。多くのスポーツキャンプ・合宿を誘致することが、周辺地域の観光客誘致にもつながり、地域の活性化に繫がると思います。

これから国内旅行の大幅な伸びは期待できません。プロスポーツのキャンプや学生の合宿は安定した市場です。各市町村が、今以上に誘致に取り組むことを期待します。

参考:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」