トップページ > スタッフレポート

奄美大島・加計呂麻島の旅

「琉球・奄美の世界自然遺産」の候補地となっている奄美大島。今年はLCCのバニラエアの就航などで話題を呼んでいますが、今回は、奄美大島~加計呂麻(かけろま)島の様子をお伝えします。

奄美空港へついたらまず、「あやまる岬」へ。

あやまる岬2014-3.jpg

奄美の海の美しさが視界いっぱいに広がります。

その後、同じく笠利町の「原ハブ屋奄美」へ。「ハブと愛まショー」でドキドキ・ハブ学習をしました。

原ハブ屋(外観).jpg

お店にはかっこいいハブ製品もたくさんありますので、立ち寄りスポットとしてもおすすめです。

お昼はもちろん奄美の郷土料理「鶏飯」。自分でよそって食べるのがまた楽しいものです。

鶏飯ひさ倉.jpg

そのまま南下して約1時間40分で古仁屋港へ。ここから「フェリーかけろま」に乗り、生間(いけんま)港へ20分の船旅です。

フェリーかけろま2.jpg

生間港から、島の南東、諸鈍(しょどん)へ。

諸鈍デイゴ1.jpg

デイゴ並木の目前には、深い青色の海が広がっています。おじいちゃんが颯爽と通り過ぎていきました。

諸鈍デイゴ5.jpg

デイゴ並木の陰に入ると、涼しい風が吹き込んできます。

諸鈍デイゴ4.jpg

5月~6月には、美しい赤い花を咲かせるそうです。

諸鈍デイゴ3.jpg

少年が自転車で駆けていきました。 どこへ遊びに行ったのでしょうか。

とらやの車.jpg

食料品を販売する車が停まっていました。1軒1軒運んでいるようです。

ハイビスカスの原種.jpg

ハイビスカスの原種のひとつ、「フウリンブッソウゲ」(またの名を「ちょうちん花」)を見つけました。風に揺られる繊細な形がかわいいです。

諸鈍シバヤ(よかとこ100選).jpg

デイゴ並木のすぐ近くの大屯(おおちょん)神社には「諸鈍シバヤ」という伝統行事があります。平家の落人・平資盛が土地の人を招いて上演したのが始まりと言い伝えられている、国指定の重要無形民俗文化財です。 (写真は「かごしまよかとこ100選」より)

諸鈍からさらに南下して、徳浜へ。

加計呂麻_徳浜(看板).jpg

1995年に公開された「男はつらいよ」シリーズの最終作のロケ地で、看板には、映画のセリフが書かれてあります。

加計呂麻_徳浜1.jpg

夕方の静かな海。

加計呂麻_徳浜2.jpg

白いサンゴが沢山流れ着いていました。誰かがシュノーケリングしています。

この日は、スリ浜の近くのペンションへ。

スリ浜(ヨット).jpg

海にはヨットが浮かんでいました。このあと、夜には満天の星が私たちを迎えてくれました。夏の大三角も、天の川も、流れ星も見えました。

スリ浜(看板).jpg

「スリ浜」も寅さんのロケ地となっていて、同じくセリフの書かれた看板があります。

スリ浜4(ヤドカリ).jpg

アダンの下に、ヤドカリを発見!このほかにも葉っぱの裏にたくさん隠れていました。

スリ浜2.jpg

しばし童心に返ります。

かけろまバス(アップ).jpg

「かけろまバス」がやってきて、新聞を配るのを見届けたあと、島尾敏雄文学碑を見に呑之浦(のみのうら)へ向かいます。

吞之浦2.jpg

入り江に向かう途中には、緑が溢れて、静けさが漂います。

吞之浦1.jpg

静かな入り江は、赤っぽい地面と海のエメラルドが混ざり、深い緑色をしています。

震洋艇レプリカ.jpg

ここで震洋特攻隊がひたすら出発の時を待って過ごしていたかと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

島尾敏雄は隊長としてこの地に赴任し、その時の様子が小説に記されています。

島尾敏雄文学碑2.jpg

「出発は遂に訪れず」には、8月13日に出撃の命令が下り、それから終戦の8月15日までの感情や、終戦の事実を知ってからの気持ちの移り変わりなどが描かれています。

島尾敏雄文学碑.jpg

島尾敏雄の、命そのもの・存在そのものを表すような文章は、ここ吞之浦の濃い景色と静けさによって培われたのでしょうか。

次の目的地は於斉(おさい)です。ここには大きなガジュマルがあります。

於斉ガジュマル.jpg

樹の下で涼んでいたおじいちゃんが、「写真を撮ろうか?」と話しかけてくださいました。

於斉ガジュマル4.jpg

集落の草刈りが終わって、休憩しているところだそうです。ガジュマルの木陰は、風が吹き抜け、とても涼しい。いくつか椅子があり、いつも集落の人たちもここで涼むのだそうです。

於斉ガジュマル3.jpg

ガジュマルの樹にはロープがあり、しばし遊ぶこともできます。

於斉の海辺.jpg

目の前は美しい海が広がっています!とても素敵な場所。ちなみにここも寅さんのロケ地になっています。

於斉ガジュマル1.jpg

去り際に、ふしぎな音が聞こえました。吞之浦でも聞こえた、オカリナの練習してるようなちょっとおかしな音。「アオバトだよ」とおじいちゃん。今朝、リュウキュウアカショウビンの鳴き声も聞こえていました。姿は見えないけれどなんだか嬉しい。

そろそろ船に乗らなくてはいけないので、瀬相港へ。

加計呂麻_瀬相港.jpg

瀬相港は貝のモニュメントがインパクト大!の記念撮影スポットです。

瀬相港ちかくの商店.jpg

港の近くの商店でアイスクリームを買って、船が来るのを待ちます。

かけろまバス(瀬相港).jpg

路線バスも船が来るのを待っています。

フェリーかけろま.jpg

船から降りてきたお客さんが乗車したら、一斉に出発です。

フェリーかけろま3.jpg

瀬相港から古仁屋港まで25分の船旅です。

フェリーかけろまからの風景2.jpg

船の上から、加計呂麻島に別れを告げます。

お昼は「せとうち海の駅」へ。奄美大島と加計呂麻島との間に広がる大島海峡ではクロマグロの養殖が行われていて、出荷量は日本一なのだそうです!

せとうち海の駅2.jpg

2階に上がり、「せとうち海の駅 シーフードレストラン」へ。

本マグロ丼.jpg

漁業協同組合直営店からの仕入れとのことですが、脂がのっていてとっても美味しい!!!写真は本マグロ丼(小)ですが、マグロが5枚のっていて、女性に丁度良いサイズなのも嬉しいです♪

せとうち海の駅からの風景(水中観覧船).jpg

水中観光船が戻ってくるのが見えました。お客さんがいっぱい乗っています。

さて、お昼ご飯を食べた後は、高地山(こうちやま)展望台へ。駐車場の奥の方の階段を上ります。

高知山展望台1.jpg

展望台が見えました!てっぺんに上るまで、途中で景色を見てはいけません。

高知山展望台2.jpg

大島海峡と加計呂麻島が視界に広がります!さっきまでいた古仁屋の街並みが目の前にあります。

高知山展望台3.jpg

加計呂麻島の東西に広がる様子がとてもよくわかります。島をぐるっと堪能するには、2泊か3泊は必要かもしれません。山に雲の影が映っています。

次の目的地・住用町へ向かう途中に見つけました!「クロウサギに注意」の表示。

クロウサギに注意2.jpg

アマミノクロウサギは植物を食べるため、夜に道路わきに出てきて食事をします。このあたりにクロウサギが生息するため、車でひいてしまわないよう、表示がなされているのです。

クロウサギに注意看板2.jpg

クロウサギのシルエットがかわいらしいです。みなさんもこの看板を見つけたら、特に夜は安全運転してくださいね。

マングローブパーク(カヌー乗り場).jpg

黒潮の森マングローブパーク(道の駅奄美大島住用)は、沖縄の西表島に次いで、日本で2番目の大きさを誇るマングローブ原生林です。絶滅危惧種のリュキュウアユなど、貴重な動植物も生息しています。

マングローブパーク3.jpg

漕ぎ方の説明を受けたら、いざ水の中へ。

マングローブパーク4.jpg

この日は40名くらいいたでしょうか、夏休みということもあってお客さんがとても多かったです。

マングローブパーク7.jpg

潮も満ちてきました。この日は大潮だったようです。

マングローブパーク.jpg

オヒルギ・メヒルギの木陰でガイドさんの説明を聞きながら休憩。

マングローブパーク5.jpg

ガイドさんに記念撮影をしていただいたら、今きたルートを戻っていきます。

この日の夜は、観光ネットワーク奄美の西條さんのご案内により、ナイトツアーへ参加!

アマミノクロウサギ(後ろ姿).jpg

車で森の中へ入ると、早速アマミノクロウサギが出迎えてくれました。でも、すぐ逃げちゃうので、カメラを構えた時にはすでに後姿...(^_^;)

ナイトツアー(オオトラツグミ).jpg

オオトラツグミが2匹で眠っている様子です。鳥たちにとって、ハブの脅威のない電線の上が一番安心して眠れる場所なのだそうです。

このほか、「リュウキュウアカショウビン」「リュウクウコノハズク」「アマミハナサキガエル」も見ることができました。そして最後に場所を移動し、初めて「ルリカケス」に出逢いました!

ナイトツアー(ルリカケス).jpg

写真がぼやぼやで申し訳ないのですが...色は判りますでしょうか!?
この近くで、ホタルが光っていました。ホタルといえば「川のホタル」ゲンジボタルが有名ですが、奄美は「森のホタル」キイロスジボタルが有名で、6月半ば~9月半ばに見ることができるそうです。

最後に、「サガリバナ」と星空を観に、川べりへ行きました。

サガリバナ2014-2.jpg

サガリバナは夏の夜にだけ咲き、次の朝には散ってしまいます。近づくと、見た目の神秘的・妖艶な雰囲気とは反して甘く、爽やかな香りがします。
見上げると、満天の星空が広がっていました。夏の大三角、天の川。昨日見た加計呂麻島の星空と同じくらいきれい!

じつは昨年も「シマ博」プログラムでナイトツアーに参加しました。昨年の様子はこちらをご覧ください。

翌日は、龍郷町戸口にある「金井工芸」にて、大島紬の染めの工程を見学しました。

金井工芸1.jpg

緑に囲まれた、静かで美しい集落の中にありました。

金井工芸2.jpg

案内してくださったのは、金井志人さん。

テーチ木.JPG

こちらのシャリンバイが、大島紬の染料になるそうです。

テーチ木(チップ).jpg

機械でチップにしたシャリンバイを大きな鍋で煮込んで、色を出していきます。

テーチ木染料.jpg

こちらが、シャリンバイから出た色です。赤色をしていますが、染めて泥の鉄分と反応させ、それを何度も繰り返すことで、大島紬の黒色を作っていきます。

金井工芸4.jpg

左の上が染めのみのもの、その下が一度泥で反応させたもの、そしてそれを繰り返していくと、一番下の布の色になるそうです。

金井工芸3.jpg

自然の光の差し込む作業場です。

金井工芸5-2.jpg

外の泥田を見せてもらいました。ここの集落には天然の泥田があり、近くの山から水をひいているそうです。

金井工芸6.jpg

近くの山にはソテツが自生しており、泥田の鉄分が足りなくなると、ソテツの葉を入れるそうです。字のとおり、「蘇鉄」なんですね。

金井工芸7.jpg

大島紬は1,300年ほど前から存在すると言われているそうですが、昔からの自然がそのまま残っているからこそ、今も同じ工程で、紬を造り出すことができるんですね。

金井工芸8.jpg

金井さん、ありがとうございました!

R_STANDARD2.jpg

金井工芸と同じ敷地内に、何やらおしゃれな建物を発見。

R_STANDARD.jpg

手づくりの雑貨や古いすてきなもの、そして金井工芸の染めで作った衣類などが置いてありました。笑顔が素敵な店主・福本夢之条さんのセンスが光るスポットです。

R_STANDERD4.jpg

次は、福本さんが教えてくれた、fabrique spaceというお店へ向かうことにしました。

fabrique_space2.jpg

奄美市末広町にあるfabrique spaceは、テキスタイルやアンティークビーズアクセサリーのお店です。

fabrique_space1.jpg

テキスタイル作家の小田島智美さんが、ここにある織り機で造ったストールなどもあり、その仕事の細かさに感動!大島紬の織りをされていたというご縁もあって、ここ奄美でお店をされているそうです。

fabrique_space6.jpg

ほかにも、国内外のさまざまな作家の作品が販売されており、さきほど訪れた金井工芸や、R STANDARD福本さんの作品もありました。シャリンバイの灰を釉薬にした器など、奄美の素材を県外の作家さんへ送り、作品を届けてもらっているとのこと。植物の色をそのまま染めた"さくらんぼ"のストールも素敵。ぜひ"すもも"ストールもつくってほしいです。

fabrique_space5.jpg

奄美の文化と作家さんのセンスが融合したとっても素敵な空間・fabrique spaceは、入り口の蝶々が目印です。

最後に、お土産を買いに、「奄美きょら海工房」へ立ち寄りました。

奄美きょら海工房.jpg

黒糖を使ったお菓子など、奄美大島の素材を使った新しい商品を製造されていて、お食事スペースもあります。

きょら海工房前の海.JPG

目の前に海が広がっています。奄美の海も、これで見納め。ここから車で約15分で空港へ。帰路に就きました。

今回の奄美・加計呂麻島の旅は以上です。

スリ浜1.jpg

奄美の静かで優しい空気に包まれていると、いつのまにか、心の中がゆったりと、温かくなってきます。みなさんもぜひお出かけください♪

★旅のルート
【1日目】奄美空港→あやまる岬原ハブ屋奄美鶏飯ひさ倉せとうち海の駅(古仁屋港)→生間港→諸鈍デイゴ徳浜→スリ浜(泊)
【2日目】スリ浜於斉ガジュマル呑之浦(島尾敏雄文学碑)瀬相港→古仁屋港→海の駅レストラン高知山展望台黒潮の森マングローブパークナイトツアー→名瀬(泊)
【3日目】名瀬→金井工芸&R STANDARDfabrique spaceきょら海工房→奄美空港

★奄美の旅のリンク集
奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」
原ハブ屋奄美
瀬戸内町観光協会
高知山展望台(奄美まるごと情報局)
観光ネットワーク奄美
金井工芸
R STANDARD
fabrique space

(2014年8月5日 総務部 北園)

指宿地域コンシェルジュ研修会~知覧・頴娃・枕崎~レポート♪

鹿児島県観光連盟では、拠点地域のホテル等でのコンシェルジュ機能の強化のために、「指宿地域コンシェルジュ研修会」を開催しました。
今回は、6月26日・27日に行われた指宿発南九州市・枕崎現地研修の様子をレポートします!

指宿駅を出発し、南九州市頴娃(えい)地区のお茶畑へと向かいます。

お茶畑の様子.jpg

今年の茶摘みは終わっていて、次においしい芽をつけるために、刈り取られているお茶畑を見ることができました。昨年4月に同じ場所に来たときには、"かぶせ"と呼ばれる黒いシートに包まれた茶畑でしたが、時期によって表情を変えているんだなぁと実感。

大野岳公園案内マップ.jpg

大野岳に到着しました。ここ大野岳公園では、頴娃の茶畑だけでなく開聞岳、池田湖を一望でき、「茶寿階段」が設置されてさらに人気を集めています。
今回はあいにくの雨で上ることができなかったのですが、昨年の様子はこちらからご覧ください。

大野嶽神社.jpg

梅雨まっただ中の、あじさい映える大野岳神社です。ここには「えい茶顕彰の碑」があり、春にはお茶農家が一斉に会する「新茶祭」が行われるそうです。

大野嶽神社仁王像.jpg

また、大野嶽神社の仁王像や狛犬、鳥居は市の有形文化財に指定されています。鹿児島は廃仏毀釈が激しかったのですが、ここの仁王像のうちの片方はなぜか、その姿をとどめています。 なぜ生き残ることができたのか?不思議です。(写真は昨年のものです)

茶畑でのご案内.JPG

次はお茶畑へ。あいにくの雨により、お茶畑ウォーキングは中止でしたが、この地域は霧が多く、この霧が天然の"かぶせ"になることで、よいお茶を作るそうです。雨も霧も、おいしいものを運んでくれていたのですね!!

茶摘機.jpg

茶畑の美しさは、その均一な形が成す部分が多いですが、茶摘みで使われている機械を見せてもらいました。松元機工さんという、ここ頴娃町の企業さんの茶摘採機です。なんと!日本で初めて乗用茶園機械を開発した会社なのだそうです。

お茶畑の風景(CD).jpg

この風景を作っている、茶摘みの機械です。

茶節を味わう.jpg

薩摩半島南部の郷土料理「茶節」のふるまいもありました♪
鰹節と味噌、好みでネギ、ショウガなどをお椀の中に入れ、熱い緑茶または熱湯を注ぐだけ!こちらでは、お茶の葉も入れていました。鰹は出汁になるだけでなく、食べても美味しい!

次は、畑の郷「水土利(みどり)館」へ。お茶の手もみ体験&淹れ方教室です。

水土利館での説明.jpg

頴娃はお茶どころですが、実はここを潤す水は、池田湖からひいているそうです。池田湖は頴娃だけでなく、枕崎まで水を運んでいるそうです。知らなかった!

手もみ体験①.jpg

別室へ移動し、お茶の手もみ体験です。茶葉を乾燥させながら形を整え、最後に熱を加える工程を体験します。

手もみ体験③.jpg

手を擦り合わせながら形を整えていきます。お茶の葉のいい匂いが部屋中にたちこめて癒されます!

手もみ体験④.jpg

形が整ってきたら、茶葉を集めます。

手もみ体験⑤.jpg

ホットプレートで熱しながら、最後の乾燥に入ります。香ばしい匂いもしてきました。乾燥が終わったら、完成!作った茶葉は最後に持ち帰ることができます♪

次に、お茶の淹れ方教室です。

お茶の淹れ方教室①.jpg

美味しいお茶を淹れるための温度や時間などなど、気を付けなければならないポイントを教わります。

お茶の淹れ方教室②.jpg

最後の一滴に美味しさがつまっていると言われているので、最後までしっかりとお茶を注ぎます。

お茶の淹れ方教室③.jpg

こんなにきれいな緑色が出ました。もちろん味もGOOD!一番茶は甘く、二番茶はすっきり。どちらも違った味わいがあります。

水土利館の展示.jpg

最後に、水土利館の「水と土展示室」を見学しました。鹿児島は4つのカルデラが存在しており、前回20日の座学でも、東川隆太郎さんに、阿多カルデラのお話をしていただいたところでした。

次は知覧へ向かい、「高城庵」でランチです♪

高城庵でランチ.jpg

「高城庵」は武家屋敷。敷地内へ入ると別空間が広がっています。まるでタイムスリップしたかのよう!知覧の食事処として、とても人気だそうです。

高城庵ランチ.jpg

さつま揚げに煮物、酢の物、かぼちゃのサラダにご飯、最後にお蕎麦もでてきました。
どれもひとつひとつに味がしっかりついていて、身体がほっこり喜んだような感じがします!

知覧武家屋敷の見学②.jpg

知覧武家屋敷を見学します。雨の中、生け垣の緑色が映えています。

知覧武家屋敷の見学③.jpg

南九州市観光ガイドさんにご案内いただきました。こちらは森重堅邸です。

知覧武家屋敷の見学④.jpg

こちらの蔵は、火事の時屋根が取り外せるようになっているそうです。塗りがまばらなのは修理の跡だということですが、大胆な柄がかえってカッコいいかも!?

知覧武家屋敷の見学⑤.jpg

こちらのお庭は、曲線に富んだ池、奇岩怪石で山や半島を表しているそうです。まるで小宇宙です。

知覧武家屋敷の見学⑥.jpg

最後に立ち寄ったところに、「知覧傘ちょうちん」がありました。開いて頭にのせると日傘・雨傘、開いて上下に引っぱると提灯になり、閉じると護身用の武器にもなるという優れもの。薩摩藩士が考案し、下級武士の内職として普及したものだそうです。

戦跡のガイド①.jpg

武家屋敷から知覧特攻平和会館へ。途中、ガイドの瀬戸口さんがバスの中から知覧の戦跡について説明をしてくださいました。瀬戸口さんが16歳のころに知覧に空襲があり、その時の様子を語ってくださいました。

戦跡のガイド②.jpg

掩体壕(えんたいごう)とは、「コの字型に土塁を築き、爆弾が近くに落ちた場合でもその破片及び爆風から飛行機を守るシェルター」のこと。

戦跡のガイド③.jpg

知覧の飛行場にはいくつかの掩体壕があり、戦跡として近年復元されたそうです。

戦跡のガイド④.jpg

知覧特攻平和会館へ向かう途中に石碑がありました。「三角兵舎」とは、特攻隊員たちが出撃するまで起居していたところです。現在は、知覧特攻平和会館の敷地内に再現されています。

知覧特攻平和会館.jpg

特攻平和会館は平日の昼間だというのに来館者がとても多かったです。一つ一つの遺書や遺品に向き合っていると、あふれ出てくる思いがありました。

知覧からもう一度頴娃へ向かい、釜蓋神社へ。

釜蓋神社0626①.jpg

雨だったので、屋根のあるところで案内を聞きました。釜蓋神社の近年の人気ぶりを受け、最近新しいベンチやトイレができています。今年の初詣は駐車場の近くまで行列ができていたそうです。

晴れた日の釜蓋神社.jpg

晴れた日の釜蓋神社はこんな感じ。釜の蓋をかぶって落とさずに参拝することができると願いがかなうといわれています。一緒に参加したある方は風雨の中でも無事に釜をかぶったまま通行することができました!いいことが起こる予感!

晴れた日の希望の岬.jpg

また、釜蓋神社の左横に「希望の岬」への道がありますので、神社に参拝された方には足をのばしていただきたい場所です。阿多火砕流の地形と海の織りなす景観が美しい場所です。

タツノオトシゴハウス(外観).jpg

釜蓋神社のあとは、タツノオトシゴハウスへ向かいます。番所鼻に建つタツノオトシゴハウスは、タツノオトシゴの観光養殖場です。

タツノオトシゴハウスでの説明①.jpg

タツノオトシゴは野生個体の過剰漁獲によって、絶滅危惧種としてワシントン条約で保護されているそうです。メスから受け取った卵をオスのお腹の中で育てて出産するというユニークな生態を持つタツノオトシゴ。

タツノオトシゴハウスお土産売り場.jpg

タツノオトシゴは、縁結び、夫婦円満、安産、子宝、健康、という5つの吉祥があると伝えられていて、養殖場ならではのお土産・お守り・関連グッズを販売しています。

晴れた日の番所鼻公園.jpg

タツノオトシゴハウスのすぐ目の前、「番所鼻自然公園」は、かの伊能忠敬が絶景と言った場所でもあります。晴れた日には、遊歩道を散策することができます。

★6月26日のルートは以下です。
指宿駅発→大野岳→お茶畑ウォーク→畑の郷「水土利館」→高城庵(昼食)→知覧武家屋敷→戦跡めぐり→特攻平和会館→釜蓋神社→番所鼻公園~タツノオトシゴハウス→指宿駅着

6月27日は指宿発、枕崎視察ルートです。この日は大雨のため、南さつま市へ行く予定が急きょキャンセルになりました。今回は枕崎ルートのみのレポートになります。ご了承ください。

鰹節工場見学①.jpg

枕崎市の的場水産にて、鰹節の工場見学を行います。まず簡単に説明を受けたあとに、帽子をかぶって工場へ入ります。

鰹節工場見学②.jpg

鰹を包丁で手早く処理していきます。

鰹節工場見学③.jpg

お湯で煮込み、冷ましたあとに骨抜きを行います。

鰹節工場見学④.jpg

骨抜きをした鰹に、すり身を付け、形を整えていきます。

鰹節工場見学⑤.jpg

堅木の薪を燃やし、乾燥させます。この作業を2~3週間繰り返します。

鰹節工場見学⑥.jpg

温度・湿度を調整した施設の中でカビつけを行います。天日干しと倉庫での熟成を繰り返し、本枯れ節になります。カビは水分を吸収し、煙を分解してうま味に変える作用があるそうです。

鰹節工場見学⑦.jpg

この本枯れ節をたたいて割ってみると...

鰹節工場見学⑧.jpg

綺麗なルビー色をしています。

本枯れ節天日干し風景(サイズ縮小).jpg

天気がいいときは、天日干しの風景も見ることができるそうです。

鰹節工場見学⑨.jpg

最後にこちらで鰹節を削り、パック詰めをして完成です。

工場見学のあとは、「自然花(じねんか)」で出汁教室と船人めしづくりを行います。

出汁教室①.jpg

枕崎市美山町の自然に囲まれた、NPO法人子育てふれあいグループ"自然花"。こちらで、中原水産の中原常務による出汁教室が行われました。

出汁教室②.jpg

さきほどの工場見学の工程をおさらいし、鰹節の削り方を教えていただきます。

出汁教室③.jpg

奥の方に押し出すように削ると調節ができるそうですが、難しいので、手前に引きながら削る方法もあるそうです。また「おかか」という、取っ手を回しながら削る道具もあるそうです。

出汁教室④.jpg

荒節を削ると、こんな感じ。色がとても鮮やかです。削りたての荒節はそのままおつまみになりそうな、食感もありました。

出汁教室⑥.jpg

本枯れ節と荒節、そして羅臼昆布で出汁をとります。羅臼昆布は、鰹の風味の邪魔をしない、引き立て上手な女房役だそうです。

出汁教室⑦.jpg

そのまま飲んでも十分美味しい、立派な出汁がでました。ちゃんと出汁をとると、塩分の量が少なくてすむので、健康づくりにもなります。

船人めしづくり①.jpg

さきほどの出汁を使って、「船人めし」づくりを行います。「枕崎鰹船人(かつおふなど)めし」は、鹿児島県内の商店街が競い合う商店街ぐるめNo.1決定戦のS-1グルメグランプリで2連覇を達成した人気メニュー!

船人めしづくり②.jpg

ぶえん鰹や梅干し、かつおの味噌、鰹節、のりなど、お好みでトッピングして、最後に出汁をかけます。かつおせんべいをアクセントにのせます。

船人めしづくり③.jpg

旨みをしっかり感じるけれど塩辛くなく、食べた後の味のキレもGOODです!

明治蔵外観627.jpg

次は、薩摩白波で有名な薩摩酒造株式会社の「明治蔵」へ。

明治蔵での説明.jpg

焼酎蔵を案内していただきました。ちなみに、美味しいお湯割りのお湯の温度は「42℃」。この温度が一番、苦みを感じず、甘さを感じる温度なのだそうです。

明治蔵試飲風景.jpg

見学のあとは、試飲をさせていただきました。

明治蔵の人形たち.jpg

館内には焼酎造りの様子を表した人形があり、こちらはその一部です。愛嬌のある表情に引き込まれます。

以上が、6月26日・27日に行われた指宿地域コンシェルジュ研修会現地研修会の様子です。
★6月27日のルートは、
指宿駅発→かつお節工場見学→出汁教室&船人めしづくり(昼食)→明治蔵見学
でした。

池田湖と開聞岳に抱かれた南薩摩エリアはまだまだ魅力たくさん!
みなさんもぜひお出かけください♪

(2014年7月14日 総務部 北園)

指宿地域コンシェルジュ研修会レポート♪

鹿児島県観光連盟では、拠点地域からの広域観光周遊ルートづくりに取り組んでいます。
昨年実施した指宿発・南薩摩ルートの、ホテル等でのコンシェルジュ機能の強化のために、「指宿地域コンシェルジュ研修会」を開催しました。

Coccoはしむれ.jpg

6月20日に指宿市の時遊館COCCOはしむれで座学研修を行いました。

自己紹介.jpg

参加いただいた指宿市・南九州市・枕崎市・南さつま市の職員・ガイドさんや指宿市のホテルの方々でグループ毎に分かれ、それぞれ自己紹介を行います。
指宿市職員の方はアロハシャツを着用しており、さらにホテルの方もアロハを着用されている方が多いので華やかです。

東川隆太郎さん.jpg

まず初めに、「かごしま探検の会」理事長の東川隆太郎さんに講義を行っていただきました。
まち歩きで県内のメディアやツアーにひっぱりだこの東川さんは、実は地学が専門で、今回は阿多カルデラについて語ってくださいました。また、古文書の読み解きを軽快な鹿児島弁で行っていただき、とても引き込まれました!江戸時代から山川港は活気ある港として有名で、旅人が訪れていたそうです。篤姫が鶴丸城でスイカ食べていたなんて驚きです。

次に、南薩摩の各地域のボランティアガイド・市役所職員による、団体紹介・地域紹介が行われました。

ガイド団体紹介1.jpg

左から、加世田いにしへガイドの福元さん。元美術教師だそうです。南さつま市は「海道八景」という景観の素晴らしいポイントをピックアップして、ドライブコースとして案内しています。

真ん中は、指宿まるごとガイド 篤姫ガイドの吉留さんです。指宿駅でのお迎えはもちろん、篤姫ゆかりの地今和泉でのガイドや、ホテルでの語り部も行っている、人気のガイドさんです。

右は、坊津やまびこ会の鮫島さん。坊津は、鑑真をはじめ、歴史的なスポットが多い街です。ガイドのみなさんで久留米の薩摩街道(旧坊津街道)を訪れた際の写真を見せてくださいました。

ガイド団体紹介2.jpg

左から、枕崎市観光ボランティアガイドの田中さん。枕崎はカツオの生産量が指宿の山川と合わせて日本一のカツオのまち。近年、カツオの工場見学や出汁ツアーなど、注目が集まってきています。

南九州市頴娃(えい)地区のガイド、加藤さんはIターンで鹿児島に来られた、今や頴娃のまちおこしのキーパーソンとも呼べる方です。釜蓋神社、番所鼻をはじめ、近年人気が高まっている頴娃地区について楽しく語ってくださいました。

南九州市知覧地区のガイドさんはこの日ガイドの予定が入ってしまったため、南九州市商工観光課の川田さんが知覧の魅力を語ってくださいました。6月にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」で知覧ロケが行われ、茶畑を見下せる隠れた絶景スポットが話題を呼んだそうです。

次に、グループ毎に"あったらいいな♪こんなルート"と題して、指宿発のルートづくりワークショップを行いました。"あったらいいな♪"なので、今はないけど、こんなものがあったら...という希望的観測もOkのルートづくりです。

ワークショップ2.jpg

全員でアイディアを出し合い、模造紙に書き込んでいきます。

ワークショップ1.jpg

パンフレットを切り取り、写真をたくさん貼っています。

ワークショップ3.jpg

地図を描いているグループもありました。どんなルートが生まれるのでしょうか?

作成後に、各グループで発表を行いました。

Aグループ_コース1.jpg

Aグループは「南薩の海辺を巡るコース」と「歴史を巡るコース」の2つのテーマでコースを作ってくださいました。
海辺コースでは山川港→川尻海岸(オリビン:カンラン石を採集)→南九州市で茶畑ティータイム→釜蓋神社・番所鼻→枕崎かつお料理→火之神公園→南さつま市網代浜→指宿市魚身岳→指宿駅 というルート。

Aグループ_コース2.jpg

歴史をめぐるコースでは、今和泉篤姫ゆかりの地→濱﨑太平次ゆかりの地→山川港かつお節工場→たまてばこ温泉・山川砂むし風呂「砂湯里」→漬物工場→枚聞神社→南九州市知覧の武家屋敷・英国館ティーワールド というコースです。あったらいいな♪ポイントは、お食事もできる古民家カフェ。

Bグループ.jpg

Bグループは「夢たまとボンネットバスで巡るよくばりグルメツアー」という、乗り物をテーマにしたコースでした。説明いただいたのは、指宿白水館の下竹原利彦さんです。「夢たま」とは、現在、指宿市までの運行となっている「いぶすきのたまて箱」を枕崎まで運行する便のことです。
夢たまで指宿から山川駅、西大山駅、石垣駅をめぐり、枕崎駅からはボンネットバスでめぐります。船人飯や出汁体験、焼酎工場見学をして、南九州市の高塚山(絶景ポイント)でお茶畑を眺め、大野岳周辺でお茶体験をしたあと、指宿へ戻り、砂むし温泉を楽しむというコースです。あったらいいな♪ポイントは夢たまとボンネットバス。

Cグループ.jpg

Cグループは「鰹節生産量日本一の町を巡る旅~枕崎(まく旅)~」です。指宿ロイヤルホテル細川さんの明るい笑顔が素敵です。
指宿駅を出発し、鰹の水揚げ見学やマイナス50℃の冷凍庫体験、枕崎おさかなセンターで船人めしを堪能したあと、火之神公園へ。その後、明治蔵で仕込み作業を見学し、枕崎市のまちなかアート「青空美術館」を鑑賞しながら、昨年新しくなった枕崎駅舎へ。車窓から茶畑を眺めつつ指宿へ戻り、JR最南端の駅「西大山駅」で記念撮影後、砂蒸し温泉へ。というルートです。

Dグループ.jpg

Dグループは「大陸とのかけはし鑑真と遣唐使をしのび南さつまの海道八景を巡る旅」と題し、山川から南さつま市坊津まで船で海からの景色を堪能する、という、まさに"あったらいいな♪"というルートです。指宿から海を回って坊津に行くと、どんな景色が見えるのでしょうか。
坊津からはくじらバスで、鑑真記念館、黒瀬杜氏の里(焼酎蔵)や、のま池をめぐり、笠沙で1泊。たかえび丼を満喫したり、海辺を散歩したり、「くじらの眠る丘」へ行ったり、南さつま地域をじっくり回るコースでした。

講義2_1.jpg

ワークショップの後は、講義を受講。知覧武家屋敷保存会代表の森さんによる「暮らしからみた知覧」です。

講義2_3.jpg

知覧では、現在、7か所の武家屋敷を見学することができ、年間約21万人の観光客が訪れるそうです。

講義2_2.jpg

森さんは現在も先祖代々から伝わる正月飾りなど、様々な習わしを守って暮らしていらっしゃいます。写真は武家屋敷の入り口の様子。男玄関と女玄関があります。

講義2_4.jpg

正月飾りは三段階で変え、盛り土の部分は火山灰でできているそうです。とても気品があって素敵だなぁと思いました。

講義3_3.jpg

最後の講義は知覧特攻平和会館語り部の村永さんによる「特攻隊員の心に学ぶ」です。
特攻隊員の遺書は、涙なしで読むことはできません。知覧では、戦跡の掩体壕を再現しているそうです。

最後に、各地域の特産スイーツを持ち寄った茶話会を行いました。
今回の研修会では南薩摩の各地域のみなさんに、市町村の枠を超えて各スポットの魅力を再発見していただけたのではないかと思います。
次回は6月26日・27日に行われた現地研修の様子をレポートします♪

(2014年7月2日 総務部 北園)

霧島温泉コンシェルジュ研修会&自然観察会

鹿児島県観光連盟では、拠点地域からの広域観光周遊ルートづくりに取り組んでいます。
昨年実施しました指宿発南薩摩ルート、指宿発大隅南部ルート、霧島発大隅北部ルートにひきつづき、今回は霧島発・えびの高原ルートの研修会として「霧島温泉コンシェルジュ研修会&自然観察会」を4月17日に開催しました。

エコミュージアムセンター案内_1.jpg

「えびのエコミュージアムセンター」に集合したあと、早速館内を案内いただきました。案内をしてくださったのは自然公園財団えびの支部の柳田さんです。

エコミュージアムセンター案内_2.jpg

この展示では、霧島山を上から眺めることができます。霧島山とは大小20を超える複合火山の総称で、このエリアにこれだけ多くの火山が密集しているというのは、世界でも特異なのだそうです。

エコミュージアムセンター案内_4.JPG

2013年7月に改装を終えた同センターは、木のぬくもりあふれる造りになっています。
霧島の野生動物・野鳥についての展示は、子供たちにも分かるような工夫がなされています。

ミュージアムセンターのお花案内.jpg

そのほか、季節の見どころや自然情報、登山情報や新燃岳の火山活動についての展示もあります。霧島の自然に親しむための入口にピッタリです!

エコミュージアムセンター映像_1.jpg

こちらの映像では、四季折々の霧島山の風景は、表情がそれぞれ違い、とても魅力的です。(ちなみにナレーションはドラマ「半沢直樹」でも有名な山根基世さん。)

エコミュージアムセンター講演_1.jpg

館内の視察のあとには、講義が行われました。きりしまふるさとガイドの後藤さんによる「えびの高原の魅力について」です。
登山は天気の影響をうけにくい午前中が良いそうで、「ホテル従業者の方々に正しい安全の知識(気象情報など)を登山客へ伝えてほしい」とのお話でした。笑顔がとても印象的でした。

エコミュージアムセンター講演_3.jpg

次は、鹿児島大学准教授 井村先生による「えびの高原の自然について」という、映像を使った講義が行われました。

エコミュージアムセンター講演_5.jpg

えびの高原の年間の平均気温は10~11℃で、青森や北海道南部と同じなのだそうです。このため、照葉樹林帯に加え、九州では珍しい針葉樹林帯、落葉樹林帯の3つを見ることができるのも霧島山の魅力なのだそうです。

エコミュージアムセンター講演_4.jpg

秋の霧島の風景です。ススキの風景も美しいですね。

霧島錦江湾国立公園冊子2jpg.jpg

霧島山は80年前に国立公園に指定されています。世界遺産は保護の視点から立ち入りが禁止されているエリアがありますが、国立公園は「公園」という名前のとおり、広く国民が利用できる場所として、地理的条件や歴史、その他様々な基準により決められているそうです。いずれにしても、世界に誇る日本の財産のひとつであることに変わりはありません。

エコミュージアムセンター講演_8.jpg

神話時代からの歴史を感じることができるのも魅力のひとつです。井村先生には、様々な角度から霧島の豊かさについてお話しいただきました。

霧島発池めぐりルート_0.jpg

さて、お昼休憩をはさみ、いよいよ自然観察会「えびの高原 池めぐり」へ!
ここからは、きりしまふるさとガイドのみなさんも同行してくださいます。

霧島発池めぐりルート_2.jpg

エコミュージアムセンターを出発し、5分もたたないうちに、すっかり森の中に入りました。赤松に囲まれた上り坂が続き、足が疲れてきますが、階段がキレイに整備してありますので、山道に慣れていない方でも安心です。

霧島発池めぐりルート_3_2.jpg

出発から15分ほどで、1か所目の展望台「えびの展望台」につきました。韓国岳が真正面から見えます。

霧島発池めぐりルート_3_1.jpg

ここでは井村先生が地形の起伏について、ローソクのロウに例えて解説してくださいました。さきほどの上り道も、かつての噴火活動によるものなのだそうです。

オオカメノキ(縮小).jpg

次の目的地へ向かう途中、うす曇りの景色の中で輝きを放つ白い花を見つけました。「オオカメノキ」というそうです。

霧島発池めぐりルート_5_1.jpg

木の根っこ階段の道をしばらく抜けたら、「二湖パノラマ展望台」へ到着です!
正面に見えるのは六観音御池と甑岳です。火口湖の水は雨水ではなく、山の中の地下水が浸み出したもので、地下水の高さよりも火口の底が低い場合に、池になるのだそうです。

霧島発池めぐりルート_8.jpg

左手には白紫(びゃくし)池が見えます。ここは以前、天然のスケートリンクがあり、きりしまふるさとガイドさん曰く「スケート下駄」なるものを使っていたようです。
ちなみに今は、えびのエコミュージアムセンターの近くにスケート場ができていて、シーズン中は家族連れなどでにぎわっています。

霧島発池めぐりルート_6.jpg

右を向くと韓国岳がどどん!とそびえています。ここから見ると、西側に溶岩が流れ出した様子がよくわかります。

白鳥山北展望台から.jpg

また、こちらは昨年12月の写真ですが、二湖パノラマ展望台から白鳥山北展望台へ行くと、さらに開けた景観が楽しめます。晴れた日の六観音御池は、白い砂浜と湖のコバルトブルーのコントラストがとても美しいです。

霧島発池めぐりルート_9.jpg

今回は二湖パノラマ展望台から戻り、白紫池を横切り、六観音御池へと向かいます。ここからまた、森の景観が変化していきます。写真中央部の黄色は「シロモジ」。早春のえびの高の森に黄色が映えます。

霧島発池めぐりルート_10_2.jpg

さきほどのモノトーンの森から、しっとりと緑濃いエリアへと入って行きます。

霧島発池めぐりルート_10_1.jpg

突然、巨大な杉の木が現れます。霧島神宮や阿蘇神社など、九州中南部の古い神社のご神木と同じ系統なのだそうです。

霧島発池めぐりルート_13.jpg

六観音御池に着きました!ここでも井村先生になぜ六観音御池の砂浜は白いのか教えていただきました。砂の色は、水質に関係があるそうです。
色んなところに'ジオ'が隠れているんですね。少しヒントをもらうだけで、山歩きがとても楽しくなります。

霧島発池めぐりルート_12.jpg

紅葉の季節には、ここの展望台がカメラマンで満席状態になるそうです。池の水面に映える紅葉をうまく撮るには、風のない夕方が良いとのこと。

霧島発池めぐりルート_11.jpg

六観音堂(豊受神社)にさよならを告げ、次の目的地、不動池へ。

祠のある景色.jpg

相変わらず緑の深い道を歩いていると、左脇に祠がありました。個人的な話ですが、祠を見ると「となりのトトロ」を思い出さずにはいられません。神秘的な場所には心が惹かれます。

霧島発池めぐりルート_14.jpg

不動池につきました。曇り空でしたが、池の濃紺が輝いています。アビイ・ロード的な一瞬をとらえました。

最後のあいさつ(白橋専務).jpg

不動池からえびのエコミュージアムセンターへ戻り、白橋専務より閉会の挨拶がありました。
参加者の方々には、エコミュージアムセンターの見学と講義、自然観察会により、より深く霧島山のことを知っていただけたのではないかと思います。

キリシマミズキ.jpg

今回さまざまな場所で見られたキリシマミズキ。霧島の春は黄色からはじまり、世界で霧島山にのみ自生する固有種のノカイドウ(5月初旬)、ミヤマキリシマ(5月~6月)へとつづきます。季節ごとに趣を変える霧島山に、みなさまもぜひお出かけください♪

●えびのエコミュージアムセンター

●霧島トレッキングマップ ダウンロード(PDFファイル:1.09MB)

当連盟では、広域観光周遊ルートづくりにより、鹿児島に旅行に来られたお客様に、新しい楽しみ方を提案いたします。次回もお楽しみに!

(2014年4月25日 鹿児島県観光連盟 北園)

旨味!枕崎!~出汁(だし)文化~

遠洋カツオの水揚げとかつお節生産量日本一を誇る、かつおのまち、枕崎。

鰹干し風景(よかとこ100選).jpg

その枕崎市で、かつお節をはじめとする出汁文化を広めようと取り組んでいらっしゃる、中原水産株式会社の中原常務を訪ねました。

中原さんは、「薩摩海鮮かつ市」ブランドの「かつおせんべい」などの加工品の開発を行うほか、一昨年の3月から「出汁の王国・鹿児島」プロジェクトの実行委員としてさまざまな活動を行っているそうです。また、おだしツアーという新しい取組を行っているとのこと。

中原水産にて1.jpg

日本一のかつお節生産量を誇る枕崎において、たった3%しか作られない「本枯れ節」を目の前で削っていただきました。

中原水産にて2.jpg

慣れた手つきで鰹を削る中原さん。このあと、美味しい出汁の取り方を、詳しく教えていただきました!

鰹節1.jpg

写真は、削りたての'荒節'です。鮮やかな色にハッとします。濃厚で、香ばしいかおりが漂います。荒節と、本枯れ節を2種類入れることで、香りと上品な風味が生まれるそうです。

カツオ節の削り体験.jpg

中原さんは、各地で「出汁のとり方教室」を開催され、食育の観点からも関心が高まっているようです。また、おだしツアーはかつお節の工場見学からはじまり、削り体験と出汁の取り方教室、そして最後には「枕崎鰹船人(かつおふなど)めし」を作って試食する、という食の体験ツアーです(要問合せ)。

枕崎鰹船人めし1.jpg

写真は、「枕崎鰹船人(かつおふなど)めし」です。鹿児島県内の商店街が競い合う商店街ぐるめNo.1決定戦のS-1グルメグランプリで2連覇を達成した人気メニューです。「枕崎鰹船人めし」について詳しくはこちら

また、今年4月には、枕崎駅近くに「おだしSHOP」もオープン予定とのことで、もっと気軽にかつお出汁を愉しむことができるようになります♪

枕崎駅舎1.jpg

2013年4月に完成した枕崎駅舎はグッドデザイン賞受賞。全国唯一、建設資金のほとんどを市民をはじめとする民間寄付金で建てられたという点が高く評価されたそうです。
駅舎内の山幸彦やハートの敷石など、遊び心のある素敵な駅舎になっています。また、駅舎の看板「枕崎駅」の字は、昨年までの大相撲立行司「第36代木村庄之助」さんが書かれたものだそうです。

南溟館(風の芸術展).jpg

駅舎を見学したあとは、南溟(なんめい)館で芸術鑑賞♪
こちらでは、枕崎神社の丘に建つ木造の美術館で、山口長男、海老原喜之助、吉井淳二画伯などの作品を展示しています。また、「風の芸術展」という現代美術の全国公募展を3年に一度開催しており、枕崎市役所周辺や駅通り、中央通りは「青空美術館」と名付けられ、各受賞作品等を見ることができます。

CAFETHEOLDMAN外観.jpg

そうこうしているうちにランチの時間です。本日は、CAFE THE OLD MANにてかつおバーガーをいただきました。先日、観光列車「いぶたま」が枕崎駅へ走った時に「まくらざき満喫ビュッフェ」で鰹バーガーが出たことで、最近注目が高まっているそう。

まくらざき鰹バーガー1.jpg

鰹で作ったハンバーグに、マヨネーズとたっぷりのかつお節でトッピングしています。かつお節の風味が効いていてとっても美味!
CAFE THE OLD MANの店舗情報については「まく旅」をご覧ください。

その後一行は、花渡川ビアハウスに「鰹ステーキ」なるメニューがあると聞き、枕崎駅から車で約5分、薩摩明治蔵へ向かいました。

明治蔵外観 2.jpg

薩摩明治蔵は「さくら白波」で有名な薩摩酒造株式会社が運営しており、100年以上使い続けたかめ壷で今でも焼酎を造っています。試飲が充実していて、ここだけのオリジナル焼酎の飲み比べができます。

鰹ステーキ(アップ).jpg

明治蔵に隣接する「花渡川ビアハウス」で鰹ステーキを頂きました。まさにお肉のような新食感の鰹に大感動!にんじんのソースも上品に絡みます。

鰹のカルパッチョとおさつBEER.jpg

鰹のカルパッチョは、こりこりした歯ごたえが絶妙です!また、黒ビールタイプのブラック、琥珀色が美しいピルスナータイプのゴールド、きれいな紫色のパープルと、3つの個性的な味わいのサツマイモビールも味わえます。

枕崎の景色1.jpg

お腹が膨れたのでちょっと運動がてら、薩摩明治蔵の展望台へ登ります。この日はあいにくの曇り空だったのですが、鰹節工場から煙が立ちのぼり、風情があります。朝はもっとたくさんの工場の煙が見られて、ダイナミックな風景が広がるそう。

枕崎土産1.jpg

さてさて、最後に、枕崎駅前観光案内所に戻ってきました。
観光案内所内には、ちょっとしたお土産コーナーもあります。本場英国の食のオスカー「グレート・テイスト・アワード」で二年連続金賞を受賞された枕崎紅茶も並んでいます。

瀬戸公園1.jpg

その枕崎紅茶の産地には、すぐ近くに瀬戸公園という市民の憩いの場があり、春には170本のソメイヨシノ桜が満開となります。多彩な魅力ひろがる「枕崎」へ、ぜひお出かけください♪

2013年12月、ユネスコの世界無形文化遺産に登録され、注目が集まっている「和食」。
その土台とも言える'旨味'は、「出汁」なくしては語れません。鹿児島は、かつお節をはじめ、奄美の鶏飯などの鶏や豚など、多彩な出汁文化が根づいています。
世界へ羽ばたけ!日本食!そして鹿児島の食!

「出汁の王国・鹿児島」プロジェクトについて、公式サイトはこちら
中原水産「薩摩海鮮かつ市」はこちらをご覧ください。
また、枕崎へお出かけの際は、枕崎市観光協会サイト「まく旅」をぜひご覧ください♪

(2014年2月17日 総務部 北園)