トップページ > スタッフレポート

鹿児島ー静岡線7月23日就航!静岡発第1便到着

 FDA(フジドリームエアラインズ) 鹿児島−静岡線が7月23日就航しました。 静岡発第1便が予定より10分DSC04570.jpg遅れの13:55分 FDAの真っ赤な機体が鹿児島に到着しました。

 静岡発の第1便で川勝平太静岡県知事や鈴木与平FDA社長らが到着し、薩摩川内親善大使ら鹿児島の関係者が出迎えました。

 鹿児島県観光連盟よりお客様76名にパンフレットやお菓子を贈呈しました。 また両県関係者が鹿児島空港で記念セレモニーを行いました。

 鹿児島ー静岡線は、毎日1往復。 所要時間は約1時間半で、静岡発は午後0時15分、鹿児島発が午後2時25分。 同日は、FDAの静岡−熊本、静岡−小松の両路線も就航しました。
 

fda_01.jpg

霧島神話の里公園 ブルーベリー狩り


  霧島の大自然と太陽がはぐくんだ自然の幸。霧島神話の里公園ブルーベリー園では、ブルーベリー狩りがはじまります。
 

●期  間  7月
19日()〜8月

●開 園 日  日・火・木
・土のみ開園(祭日・お盆にかかわらず) 

*ただし、雷雨の場合や来2009071615091112404.jpg園者が集中して完熟した実がない時などは、やむを得ず閉園させて頂く場合もございますので、ご来園の際はお電話にてお確かめください。

●開園時間  AM9:00〜PM5:00(受付はPM4:00まで)

●場  所  霧島神話の里公園ブルーベリー園
(神話の里公園より歩いて5分)霧島神宮大鳥居前の交差点から国道223号を丸尾方面へ2?。

  ●料  金  入園は無料。試食はご遠慮ください。
1kg・・・1,500円    100g・・・150 摘み取った分だけ買い取っていただきます。
 
●駐 車 場  ブルーベリー園横の駐車場には数台しか駐車できませんので、道の駅か神話の里公園駐車場をご利用ください。

●そ の 他  農薬を散布しておりませんので、虫さされ等にご注意ください。帽子、長そでをご準備ください。所定のざる・カゴをご利用ください。

 ●お問合せ  霧島神話の里公園 
  (0995-57-1711  霧島市霧島田口2583-22

観光プロデューサー 九州商工会女性部鹿児島大会で講演!

   九州商工会P1020863.jpg女性部研修会が、7月7日(火)−8日(水)鹿児島市で開催されました日頃から九州内商工会女性部活動及び地域振興発展の活動を通じて得た体験や成果、意見を発表し、九州商工会女性部の交流を図りました

 奈良迫英光 鹿児島県観光プロデューサーが、九州各県から1300の女性部員を前に「観光地づくりは女性の視点で」をテーマに講演を行いました。 

大河ドラマ「篤姫」の人気の秘密と放映効果、お客様が喜ぶおもてなしの心、これからの観光地に求められるものなど女性の視点が観光地の魅力発信に貢献すること等について話いたしました。 共感する女性部員からは大きな拍手が送られました。 
K-1.jpg

 特別講演として鹿児島生まれで、テレビでもおなじみの 末吉竹二郎氏が、「日本の進む新しい道」〜地球温暖化時代を迎えて〜 の講演を行いました。

 

(総務部 渡辺さつき)

「おおさき観光案内所」7月2日オープン!

道の駅くにの松原おおさきの敷地内に「おおさき観光案内所」が7月2日(木)オープンしました。
logo01.jpg
大隅半島は自然豊かで、野外体験活動にも最適な地、農業、林業、畜産業、水産業など鹿児島の食の生産地でもあります。 文化や歴史的な遺跡についても古墳時代、そして第二次世界大戦の遺構も残されています。 観光資源の情報発信の場として、ご利用ください。

道の駅くにの松原おおさきの一押しは、楽しくゆったりとした時を過ごせる「あすぱる大崎」です。露天風呂をはじめとする温泉施設や、地元の新鮮な食材を使った食事など、あわせてご利用ください。

場  所   道の駅くにの松原おおさき内
        鹿児島県曽於郡大崎町神領2419
       
営業時間  9時00分〜18時00分(年中無休)
問合せ先  おおさき観光案内所 099−477−2400

(総務部 渡辺さつき)

[心温まるエピソード」 ホテル秀水園など3団体が最優秀賞受賞!

 鹿児島、宮崎、熊本の官民でつくる南九州観光調査開発委員会(委員長・石原進JR九州会長)が主催する「第5回ホッとハート南九州キャンペーン」には、昨年10月から今年3月まで810通の応募がありました。
20090624S00-300.jpeg
 「心温まるエピソード」の最優秀賞にホテル秀水園(指宿市、湯通堂温社長)、木之下クリニック(指宿市、木之下藤郎院長)、民間救急のハーネスケア(鹿児島市、江野里美代表)の3団体が選ばれ、6月23日福岡市のホテルで表彰式がありました。

 最優秀賞は昨年10月、広島からホテル秀水園に滞在した観光客のエピソード。夕食中に脳梗塞(こうそく)で倒れた母親とそのご家族を、秀水園、木之下クリニック、ハーネスケアの介護タクシーが連携して支えてくれたことに感謝しています。

 南九州観光調査開発委員会は「災いを一生感謝する出来事にした素晴らしいおもてなしの心」「プロ意識と善意の壮大なチームワーク」と評価しました。 
ホテル秀水園 湯通堂温社長は、「特別なことではなく、普段通りのことをしただけです。お客様が回復されお元気になられたことが一番です。このような賞をいただけたこと恐縮しております。」と話されました。

 優秀賞には霧島市のホテル京セラ・日本料理「京はるか」など2団体1個人が、応募エピソードが最も多かった施設に贈られる特別賞に指宿市の指宿白水館がそれぞれ選出されました。

(国内誘致部 渡辺さつき)