トップページ > スタッフレポート

「熱き想いを夕日と語ろうin南さつま」が開催されました☆

  南さつま市P1030309.jpg笠沙町のまちづくりグループ いっどん会主催の「熱き想いを夕日と語ろうin南さつま」が、10月24日開催されました。曽於や出水、地元の方など80名の参加があり、講演会や交流会が実施されました。 

 奈良迫 鹿児島県観光プロデューサーが「地域資源を生かした観光おこし」について基調講演を行いました。「地域づくりは人づくり」、「夕日を生かしたイベントや地域イメージの発信」、「笠沙の地理を利用したブルーツーリズムの推進や琴線に触れるおもてなしの重要性」なP1030310.jpgどについて話をいたしました。

 野間池から見る地域自慢の「夕日」でお客様を呼び込みたい!という目的で企画された夕日コンサートは笠沙町野間岬の後浜海岸で開催されました。サウンドメイツという南さつまや南九州市の社会人メンバーが、夜空のトランペット、風になりたい、見上げてごらん夜の星など演奏しました。夕日を見ながらのジャズ演奏は大盛り上がり。台風接近のあいにくの天気で心配されましたが、水平線に沈む濃赤の夕日に感嘆の声が上がりました。

 笠沙の地域まちづくりグループ「いっどん会」は、長井芳信会長のもと約15名のメンバーで、様P1030313.jpg々な活動をしています。笠沙の国道226号に、指宿市から分けてもらった菜の花の苗を植えたり、笠沙町沖島松島に植した松の草刈などに汗を流しています。減少している人口、そして観光客をいかに笠沙に人を呼び込むか、交流人口を増やす仕掛けや努力を続けています。

 今回の夕日サミット&コンサートをきっかけに、笠沙地域の観光素材を加えてルートなど売り出し、定置網の体験や漁師民宿など経済効果のあがる長い取組みを期待したいと思います。

総務部 渡辺さつき

「なた豆」の新製品ができました!!


2009102614190726000.jpg

なた豆を使った「薩摩なた豆石鹸」「薩摩なた豆バスソルトの新製品がヨシトメ産業から発売されました。

ヨシトメ産業は、鹿児島の吉田の地でなた豆生産に取り組み、なた豆茶製法特許を登録、「薩摩なた豆」として商標登録もしています。
全国になた豆茶やなた豆歯磨き粉を販売し、鹿児島のブランドとしてPRされています。

NHK大河ドラマ「篤姫」で紹介され、その実の大きさで有名な「なた豆」ですが、ヨシトメ産業・吉留社長によると、
身体の弱い方がなた豆畑に入って作業するうちに、元気になられたという話もあるとか。
生命力の強いなた豆のパワーを浴びることで「なた豆セラピー」として、さらに健康と観光とも結びつけていけたら、との考えもお持ちです。

是非、皆さんもこの新製品もトライしてみてください。


(海外誘致部 鹿籠六 貴子)

「山川港・まち歩きガイド」のホームページができました!!


「山川港・まち歩きガイド」>(いっど、いっが、山川港の会)
山川港・まち歩きガイドのホームページが出来ました。
あわせて、琉球ゆかりの地・地元食紹介コースもオープンしました。
「山川港」って? 周辺のみどころ、アクセスや地元食・特産品の紹介など
盛りだくさんです。 アクセスください!

  http://yamagawa-minato.com/ 
 

  問合せ先   元気な山川まちづくりの会 事務局長・水流信隆
  (事務局)   〒891-0516鹿児島県指宿市山川成川4229-11
            電話080-1799-0006 F050-3441-0

鹿児島県観光連盟・山口県観光連盟姉妹盟約を締結しました!


 平成21年10月16日(金) 山口県庁において、鹿児島県観光連盟・山口県観光連盟との姉妹盟約調印式が2009101617095822318.jpg行なわれました。

 鹿児島県観光連盟 金子万寿夫会長と山口県観光連盟 大谷峰一会長が協定書に署名を行いました。

 鹿児島県、山口県は、歴史的に深い縁があります。
このような中、平成23年3月には、九州新幹線が全線開業し、鹿児島〜山口は2時間で結ばれることになります。
 
両県観光連盟は2009101617114022734.jpg、歴史的な縁を生かしながら、新幹線などの交通基盤や観光地、食など、相互の観光発展を図るために交流を行なっていきます。

 10月17−18日と山口市で開催される「きらら博覧会」に鹿児島ブースを設置し、鹿児島のPRを行います。

総務部 渡辺さつき

社団法人山口県観光連盟・鹿児島県観光連盟との姉妹盟約締結について

  鹿児島県と山口県は200910070949153333.jpg薩長同盟など歴史的に深い縁があり、また平成23年3月には九州新幹線が全線開業し、鹿児島ー山口間は2時間程度で結ばれ、人や物の更なる交流が期待されます。 

 両県の観光連盟では今後連携・協力しながら、新幹線などの交通基盤や観光地、食、温泉などの観光素材を活かして両県の観光振興を図るべく、平成21年10月16日(金)山口県庁において、両観光連盟の姉妹盟約を締結することになりました。鹿児島からは鹿児島県観光連盟金子万寿夫会長他一行が山口を訪問します。 

 これにあわせて、10月10日〜11日鹿児島中央駅にて「山口県観光PR」を、また10月17日〜18日に山口県でのきらら物産展で「鹿児島県観光PR」を実施いたします。