トップページ > スタッフレポート

観光列車「おれんじ食堂」デビュー♪

いよいよ平成25年3月24日にデビューを迎える肥薩おれんじ鉄道の観光列車「おれんじ食堂」の試乗会が3月13日に行われ、川内駅から八代駅まで乗車してきました!

外観1.jpg

観光列車「おれんじ食堂」は、美しい景色を眺めながら、ゆったり、のんびり、スローライフな旅が楽しめる快適な空間の演出をコンセプトに、本格的な昼食や夕食を堪能できる1号車「ダイニング・カー」と、お菓子やコーヒーなどが楽しめる2号車「リビング・カー」の2両編成で運行します。

車両デザインは九州新幹線などで有名な水戸岡鋭治氏によるもの。
ホテルのロビーやカフェレストランをイメージした車内は、熊本県、鹿児島県産のミズメザクラを随所に使用しているとのこと。また、熊本県・鹿児島県の伝統工芸品が飾られていたり、子ども用の特等席が設けられていたり、随所に遊び心が見られる、おしゃれだけれど温もりのある、楽しい空間となっています!

おれんじ食堂1-2.jpg

1号~3号の1日3便運行で、ダイニングカーでのお食事はそれぞれ出水市の三蔵、薩摩川内市の薩摩八重ファーム、水俣市の鶴の屋が提供しているとのこと。 私たちが乗車したのは2号車だったのですが、メインディッシュの黒豚が絶品でした!また、車内のミキサーでつくられた季節のフレッシュジュースは、自然の甘さそのままで思わずおかわりしたくなるお味♪もちろん車内販売もありますので、ビールなども楽しめます☆

おれんじ食堂2-2.jpg

いよいよ3月24日にデビューするこの観光列車「おれんじ食堂」!
運行日は毎週金曜日~日曜日と祝日、新幹線が停車する新八代駅-川内駅間の片道3便を予定しています。また、春休みや夏休みなども運行します。

おれんじ食堂パンフレット表紙(小).jpg

今回参加するまでは3時間って長いのかなと思っていたのですが、ゆっくりとお食事をしながらの鉄旅はあっと言う間で、名残り惜しい気持ちでおれんじ食堂をあとにしました。

いくつかの駅では約10~15分間停車し、おもてなしマルシェ(市場)を開催する予定とのことで、沿線の地域の特産品や地元の方々ともふれあえる素敵な時間になりそうです♪

また、途中ふたつの絶景区間があり、それぞれ時速35km、時速25kmで運行し、景色を堪能することができます。どんな絶景が見られるかは実際に乗ってからのお楽しみ☆

運行スケジュール、料金等詳しくはおれんじ食堂公式サイトへ! http://www.hs-orange.com/kankou/

(2013年3月15日 総務部 北園)

桜島で天然温泉掘り体験♪

DSC_0076.png


3月に入り、少しずつ暖かくなってきました。南国・鹿児島はもうすっかり春の陽が射しています。前回のレポートでは桜島を空から眺めるという贅沢体験をご紹介しましたが、今回は桜島の地中からの恵みを堪能できる「天然温泉掘り体験」をレポートしちゃいます!

鹿児島県は源泉数2800、毎分200tもの湧出量を誇る日本屈指の温泉県ですが、桜島には、海辺を少し掘るだけで40℃以上の天然温泉が湧き出す、とっておきのスポットがあるんです!

鹿児島港から約15分で桜島港に到着し、車で有村海岸まで向かいます。ここは大正溶岩、昭和溶岩、江戸時代の溶岩と、三つの時代の溶岩が同時に見られる珍しいスポット!海岸と言えども火山灰が積もっているので灰色がかっていて新鮮!海の色もなかなかキレイです。

有村海岸.jpg

天然温泉を掘るにはちょっとしたコツがあります。まず、こちらは川の河口部分ですので、雨の日は土石流などの心配があるため、晴れた日のみの体験です。そして肝心なのが時間ですが、大潮などの潮の満ち引きが激しい日の干潮から2~3時間前が適しているそうです。

今回ガイドをしてくださった「NPO法人桜島ミュージアム」のNさんのご指導のもと、早速温泉を掘る場所を探します。同じ場所でも日によって温度が違ってくるらしいので、少しずつ掘りながら温度を確かめます。色々探索した結果、この日は海岸の端のほう、大正溶岩のそばが温度が高かったので、ここでマイ足湯を作成開始!

砂浜を掘る2.jpg 砂浜を掘る1.jpg

小さいシャベルで頑張ってみたけれど、Nさんの持っている大きなシャベルの方がやはり早い!あっと言う間に二人ほどは座れそうな足湯が完成。ここの温泉の成分の中に鉄分が含まれるため、赤っぽい温泉です。辺りの石を並べると温泉らしくなってきました。流木を椅子にしてもいいですし、小さいすのこやイスなどがあればお尻も汚れる心配がありません。桜島山頂をバックに記念撮影もできちゃいます♪

砂浜で記念撮影2.jpg

海岸の西のほうは石や岩がありますが、砂浜よりも比較的温かいお湯が出るとのことで、そちらへも行ってみました。けがをしないようゆっくり慎重に歩きます。
水際のところでは湯気が出ていて、少し掘るだけでじわーっと温泉が浸み出してくるので、掘るのもわりと簡単です♪今回もNさんの大シャベルで素早く作業していただき、あっと言う間に完成したマイ足湯の温度を測ってみると、なんと42℃ありました!こんなに海のそばなのに、不思議ですね。

砂浜を掘る3.jpg 温度を測る.jpg

結構深く掘れたので、浸かっていると次第に体があたたまってきました。陽が落ちてきて、波の音を聞きながらぼーっとするのもいいですね。

足湯と海.jpg

この「桜島天然温泉掘り体験」は桜島ビジターセンターで足湯セットを購入して自分で掘ることもできますが、NPO法人桜島ミュージアムへ申し込むとガイドも受けられるので、もっと深く桜島について知ることができます。火山の恵みを体感できる、ここでしか味わえない体験ツアー!ぜひご体験ください♪

NPO法人 桜島ミュージアム
「みんなの桜島」 http://www.sakurajima.gr.jp/
体験プログラムページ http://www.sakurajima.gr.jp/program/

(2013年3月7日 総務部 北園)