鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > スタッフレポート

奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 奄美大島→徳之島編

★2日目行程★
古仁屋漁港ターミナル発→フェリー移動→徳之島平土野港到着→バス移動→島口漫談付き昼食→バス移動→三京集落の説明→徒歩→世界自然遺産候補地の林道トレッキング→バス移動→集落の道を闘牛と散歩→バス移動→亀津(宿泊)


モニターツアー2日目は、瀬戸内町にある古仁屋港から徳之島へ。

p25.jpg

フェリーあまみに乗り、徳之島:平土野(へとの)港へ約2時間の船旅です。
寄港地は鹿児島→喜界→名瀬→古仁屋(こにや)→平土野(へとの)→知名です。

p24_1.jpg

出港時間まで港の周りをしばし探索。

h36.jpg

水中観光船「マリンビューワーせと」。

h33.jpg

「古仁屋(こにや)」から出港する加計呂麻島行きのフェリー加計呂麻(かけろま)。

h34.jpg

マグロの巨大オブジェ。
瀬戸内町はクロマグロ養殖が盛んな町です。

h35.jpg

かわいい休憩スペースもあります。

p26.jpg

それではいざ乗船です。

s2.jpg

今日の天気は最高です!!

p27.jpg

船内には、売店や休憩室もあるので、目的地までゆったりとした時間を過ごせます。
女性専用の部屋もあります。

p29.jpg

デッキに出ると青い空と海が目に飛び込んできます。
今回は、天候も良く、イルカや虹も見えて、心地よい風に吹かれながら船旅を満喫しました。

s1.jpg

出港から約1時間30分。徳之島が見えてきました。
まもなく平土野港(徳之島)に到着です。

p30.jpg

岸壁に「かんも~れ徳之島へ おぼらだれん」と書かれた看板がありました。
"ようこそ徳之島へ ありがとう"の意味です。
島の言葉で迎えられるって嬉しいですね。
徳之島は世界自然遺産候補地(天城町・徳之島町・伊仙町)があります。
長寿と子宝と闘牛の島といわれています。
平土野港に着いたら、しまバスに乗って次の目的地、天城町へ向かいます。

h30.jpg

綺麗な緑色の天城自治公民館に到着しました。
こちらでは「島口漫談」を聞きながら、昼食です。

h29.jpg

用意されたお弁当の中身がすごい!
海苔のかわりに薄焼き卵で巻いた たまごおにぎり、アオサの天ぷら、パパイヤ炒め、島のフルーツなど、昔から愛されてきたシマンチュのソウルフードがボリューム満点!どれも優しい味でおいしかったです。

h32.jpg

デザートには島バナナ。
甘くて肉厚で美味♪

h31.jpg

徳之島の方言である「島口(しまぐち)」のライブと漫談。
お腹がよじれるかと思うほど笑いました。
集落の集まりや様々なお祝いの余興としても披露されています。

h1.jpg

満喫した後は、「特産品ショップみきょうぬくし」に到着しました。

h5.jpg

かわいい看板!

h4.jpg

そしてショップの入口横には「わっきゃが きゅら島 て~に~ぐわ しいたぼれ」と書かれた看板がありました。「私たちの 美しい島 丁寧に 使ってくださいね」という意味です。

h2.jpg

こちらでは、三京(みきょう)集落の区長さんから地区の説明を聞きました。

h3.jpg

説明を聞きながら、地場産の食材を使ったおいしいおやつをいただきました。
べにふうきのお茶、いんぎょうむし、べにふうきのケーキ、純黒糖をかけた白玉、シークニン(島みかん)ゼリー、島バナナとゴーヤとパインのムースです。

h6.jpg

そして南国の徳之島で育ったドラゴンフルーツをいただきました。見た目と違って味はシンプル。

h7.jpg

歩いて数分の場所にある三京集落の林道トレッキングに向かいます。

h9.jpg

出発の前に、区長さんが見せてくれたのは、ハブ獲り器!
ハブが出現するのを忘れていました。

h12.jpg

ちょっとドキドキしながら林道にはいりました。

h10.jpg

初めは緩やかな道が続き、10分くらい歩くと左右に大きなクワズイモが出現。

説明を聞きながら、植物トークも弾みます。

h17.jpg

これは?エビフライ?小動物がかじった後の木の実の芯でした。

h26.jpg

大きいどんぐり!!これは奄美大島以南の島にのみ分布するオキナワウラジロガシです。

h13.jpg

ちょっと歩きにくい道を進んでいきます。

h27.jpg進んでいった先には清流がありました。透明度の高いきれいな水です。
豊かな自然が身近にある三京集落。
トレッキングで雄大な自然にふれました。当たり前にあると思っているものが当たり前でなく、それを維持していくことの大切さを痛感しました。

h18.jpg

森から離れてバス移動中、べにふうき畑が続いていました。なかなか見ごたえがあります。
次はお楽しみ、闘牛に会いに行きます。

h20.jpg

徳之島は闘牛の島としても有名です。夕方になると牛が散歩する姿が見られます。
登場したのは1トンを超える大型牛の「力道山」。第一印象は、優しい目と黒光りしたきれいなボディ。

h19.jpg

筋肉でしまった背中を触らせてもらいました。そのままちょっとだけ一緒に散歩♪

h21.jpg

堂々とした後ろ姿にほれぼれします。

h24.jpg

闘牛を愛している方たちの愛情が伝わってきました。
明日もまた、徳之島をレポートします。
奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 徳之島編

★関連リンク・住所
交通アクセス:船ご利用の方
かごしま港めぐり(古仁屋港)
水中観光船「マリンビューワーせと」
奄美大島・加計呂麻島をめぐる旅
・天城自治公民館
 住所:鹿児島県大島郡天城町天城587-3
・特産品ショップみきょうぬくし
 住所:鹿児島県大島郡天城町西阿木名1353-38
大自然の中で元気になる旅 徳之島
全島一闘牛大会
                          (2016年12月 総務部 森山)