鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > スタッフレポート

奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 徳之島編

★3日目行程★
亀津→バス移動→徳之島なくさみ館→バス移動→農産物直売所「百菜」→バス移動→阿権の人気カフェ「寄る辺」→阿権集落散策(ガイド付き)→バス移動→徳之島空港発→鹿児島空港着

モニターツアー3日目は伊仙町にある「なくさみ館」からスタートです。t3.jpg

闘牛の闘いの場「徳之島なくさみ館」にやってきました。
「なくさみ」とは「慰める」が由来で今では主に「闘牛」のことです。

t5.jpg

屋根付きの多目的施設で資料館も併設されてます。

t4.jpg

闘牛の練習をしていました。

t4_2.jpg

気迫漂う闘牛が目の前にいました。
徳之島の闘牛には熱狂的なファンが多いそうです。
初場所、春場所、秋場所が開催されます。
町の中を見ると、大会のポスターが貼られているのをよく見かけます。
そのポスターもすごくかっこいいです。

t2.jpg

『ワイド!ワイド!』とは、勝ち牛を囲んで喜ぶ時のかけ声で、徳之島ならではです。

t9.jpg

次は農産物直売所「百菜(ひゃくさい)」で、ちょっとお買い物タイム

t10.jpg

地元の新鮮な野菜や果物、島食材で手作りされた惣菜が揃っています。

t7.jpg

カフェも併設されているので、地元の方々の憩いの場にもなっています。

t11.jpg

島のおやつがガチャガチャで売られていました。もちろん中身は本物です。

t13.jpg

そろそろお腹が空いてきました。
昼食は阿権(あごん)の人気カフェ「茶屋 寄る辺(よるべ)」でいただきます。

t15.jpg

お店の中は、実家に帰ってきたような温かい雰囲気です。
まずはお神酒でおもてなしを受け感動です。

t16.jpg

こちらでも島食材を使った料理を堪能しました。
自然を活かした味は、身体にしみていく感じがします。

t21.jpg

食事の後は、石垣の里阿権(あごん)集落散策です。

t18.jpg

かつて付近一帯の地主であった平家(たいらけ)の屋敷を囲む石垣や、阿権の文化、歴史などを聞きながら、島の昔の生活様式を知ることができます。

t17_2.jpgt19.jpg

ケンムン(精霊)が宿るといわれる樹齢300年のガジュマルの木。

t20.jpg

本当にケンムンがいるのではないかと思うほど、神秘的でした。

t22.jpg

島バナナ。

t23.jpg

ブーゲンビリア。
ガイドさんの巧みなトークを聞きながら楽しく散策。また指笛の吹き方も教わりました。

t24.jpg

ガジュマルが自然に作り上げたベンチ。座って写真も撮れます。

t25.jpg

「茶屋 寄る辺」に戻り、シークニンジュースとおやつをいただきました。
シークニン(島みかん)は栄養素の高い果物だそうです。さっぱりして美味しかったです。

t14.jpg

最後まで素敵な笑顔♪ お世話になりました。

奄美群島(奄美大島・徳之島)巡りレポートは以上です。
今回は、世界自然遺産候補地などを探索し、人と自然の共存、島の人々の温かいおもてなしを満喫できました。
ぜひ、ここにしかない感動を期待して訪れてみませんか。



★関連リンク・住所
伊仙町役場サイト:徳之島なくさみ館
 住所: 鹿児島県大島郡伊仙町大字目手久626
直売所「百菜」
 住所:鹿児島県大島郡伊仙町伊仙2311
・茶屋 寄る辺
 住所:鹿児島県伊仙町阿権1766
平家の石垣と300年のガジュマル
時を紡ぐ、彩りの島「奄美・琉球」

                          (2016年12月 総務部 森山)