トップページ > スタッフレポート

奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 奄美大島→徳之島編

★2日目行程★
古仁屋漁港ターミナル発→フェリー移動→徳之島平土野港到着→バス移動→島口漫談付き昼食→バス移動→三京集落の説明→徒歩→世界自然遺産候補地の林道トレッキング→バス移動→集落の道を闘牛と散歩→バス移動→亀津(宿泊)


モニターツアー2日目は、瀬戸内町にある古仁屋港から徳之島へ。

p25.jpg

フェリーあまみに乗り、徳之島:平土野(へとの)港へ約2時間の船旅です。
寄港地は鹿児島→喜界→名瀬→古仁屋(こにや)→平土野(へとの)→知名です。

p24_1.jpg

出港時間まで港の周りをしばし探索。

h36.jpg

水中観光船「マリンビューワーせと」。

h33.jpg

「古仁屋(こにや)」から出港する加計呂麻島行きのフェリー加計呂麻(かけろま)。

h34.jpg

マグロの巨大オブジェ。
瀬戸内町はクロマグロ養殖が盛んな町です。

h35.jpg

かわいい休憩スペースもあります。

p26.jpg

それではいざ乗船です。

s2.jpg

今日の天気は最高です!!

p27.jpg

船内には、売店や休憩室もあるので、目的地までゆったりとした時間を過ごせます。
女性専用の部屋もあります。

p29.jpg

デッキに出ると青い空と海が目に飛び込んできます。
今回は、天候も良く、イルカや虹も見えて、心地よい風に吹かれながら船旅を満喫しました。

s1.jpg

出港から約1時間30分。徳之島が見えてきました。
まもなく平土野港(徳之島)に到着です。

p30.jpg

岸壁に「かんも~れ徳之島へ おぼらだれん」と書かれた看板がありました。
"ようこそ徳之島へ ありがとう"の意味です。
島の言葉で迎えられるって嬉しいですね。
徳之島は世界自然遺産候補地(天城町・徳之島町・伊仙町)があります。
長寿と子宝と闘牛の島といわれています。
平土野港に着いたら、しまバスに乗って次の目的地、天城町へ向かいます。

h30.jpg

綺麗な緑色の天城自治公民館に到着しました。
こちらでは「島口漫談」を聞きながら、昼食です。

h29.jpg

用意されたお弁当の中身がすごい!
海苔のかわりに薄焼き卵で巻いた たまごおにぎり、アオサの天ぷら、パパイヤ炒め、島のフルーツなど、昔から愛されてきたシマンチュのソウルフードがボリューム満点!どれも優しい味でおいしかったです。

h32.jpg

デザートには島バナナ。
甘くて肉厚で美味♪

h31.jpg

徳之島の方言である「島口(しまぐち)」のライブと漫談。
お腹がよじれるかと思うほど笑いました。
集落の集まりや様々なお祝いの余興としても披露されています。

h1.jpg

満喫した後は、「特産品ショップみきょうぬくし」に到着しました。

h5.jpg

かわいい看板!

h4.jpg

そしてショップの入口横には「わっきゃが きゅら島 て~に~ぐわ しいたぼれ」と書かれた看板がありました。「私たちの 美しい島 丁寧に 使ってくださいね」という意味です。

h2.jpg

こちらでは、三京(みきょう)集落の区長さんから地区の説明を聞きました。

h3.jpg

説明を聞きながら、地場産の食材を使ったおいしいおやつをいただきました。
べにふうきのお茶、いんぎょうむし、べにふうきのケーキ、純黒糖をかけた白玉、シークニン(島みかん)ゼリー、島バナナとゴーヤとパインのムースです。

h6.jpg

そして南国の徳之島で育ったドラゴンフルーツをいただきました。見た目と違って味はシンプル。

h7.jpg

歩いて数分の場所にある三京集落の林道トレッキングに向かいます。

h9.jpg

出発の前に、区長さんが見せてくれたのは、ハブ獲り器!
ハブが出現するのを忘れていました。

h12.jpg

ちょっとドキドキしながら林道にはいりました。

h10.jpg

初めは緩やかな道が続き、10分くらい歩くと左右に大きなクワズイモが出現。

説明を聞きながら、植物トークも弾みます。

h17.jpg

これは?エビフライ?小動物がかじった後の木の実の芯でした。

h26.jpg

大きいどんぐり!!これは奄美大島以南の島にのみ分布するオキナワウラジロガシです。

h13.jpg

ちょっと歩きにくい道を進んでいきます。

h27.jpg進んでいった先には清流がありました。透明度の高いきれいな水です。
豊かな自然が身近にある三京集落。
トレッキングで雄大な自然にふれました。当たり前にあると思っているものが当たり前でなく、それを維持していくことの大切さを痛感しました。

h18.jpg

森から離れてバス移動中、べにふうき畑が続いていました。なかなか見ごたえがあります。
次はお楽しみ、闘牛に会いに行きます。

h20.jpg

徳之島は闘牛の島としても有名です。夕方になると牛が散歩する姿が見られます。
登場したのは1トンを超える大型牛の「力道山」。第一印象は、優しい目と黒光りしたきれいなボディ。

h19.jpg

筋肉でしまった背中を触らせてもらいました。そのままちょっとだけ一緒に散歩♪

h21.jpg

堂々とした後ろ姿にほれぼれします。

h24.jpg

闘牛を愛している方たちの愛情が伝わってきました。
明日もまた、徳之島をレポートします。
奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 徳之島編

★関連リンク・住所
交通アクセス:船ご利用の方
かごしま港めぐり(古仁屋港)
水中観光船「マリンビューワーせと」
奄美大島・加計呂麻島をめぐる旅
・天城自治公民館
 住所:鹿児島県大島郡天城町天城587-3
・特産品ショップみきょうぬくし
 住所:鹿児島県大島郡天城町西阿木名1353-38
大自然の中で元気になる旅 徳之島
全島一闘牛大会
                          (2016年12月 総務部 森山)

奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 奄美大島編

「アイランドホッピング観光」とは、船舶や航空機を使って複数の島々を巡る観光スタイルのことです。
今回は奄美大島と徳之島を巡るアイランドホッピング観光モニターツアーに参加した様子をレポートします♪


★1日目行程★
鹿児島空港発→奄美空港到着→バス移動→①昼食(奄美民俗村ばしゃ山)→バス移動→②環境省奄美野生生物保護センター見学→バス移動→③黒潮の森マングローブパーク→バス移動→古仁屋(宿泊)


奄美群島は固有の生物を含む独特の生き物たちが生息しています。
また奄美群島と徳之島は、世界自然遺産候補地になっています。

p1.jpg

鹿児島空港から奄美空港へ約1時間程かけて出発!

p2.jpg

機内から見える景色のおすすめポイント!
薩摩半島の南端にある開聞岳、そして奥に見えるのは九州最南端の佐多岬です。薩摩半島の先端と大隅半島の先端が同時に見えて感動です。途中でトカラ列島や屋久島も見ることができます。
飛行機に乗ったら要チェック!!とても見てほしい景色です。

p2_1.jpg

お昼頃、奄美空港へ到着してバスに乗り、名瀬市街方面へ約10分。「奄美民俗村ばしゃ山」へ向かいます。

p3.jpg

「奄美民俗村ばしゃ山村」に到着です。

p3_1.jpg

ケンムン村体験メニューの看板に「島人になる体験」、「お菓子つくり体験」、「塩づくり体験」、「陶芸体験」、「アウトドア体験」、「島唄体験」と書かれていました。「島人になる体験」・・・おもしろそうです。

p15.jpg

レストランAMAネシアの入り口で「ケンムン」が迎えてくれました。

p4.jpg

ここは海の見えるレストランです。

p14.jpg

入口を入ると、素敵なバーカウンターがあります。

p4_2.jpg

海岸からの、レストラン全景です。白い砂浜が眩しい。

p5_1.jpg

昼食には鶏飯をいただきます。お皿にはパパイヤ漬、鶏肉、錦糸卵、しいたけ、ねぎなど地のモノが、きれいに盛り付けられ、おおきな鍋には黄金色の鶏だしスープ、いい香り。

p5.jpg

では、奄美大島のおふくろの味 鶏飯をいただきます。

p6.jpg

鶏飯は、お茶碗に少なめにご飯をよそい、好きな分だけ具材をのせ、スープを多目にかけてお茶漬け感覚でいただきます。
あっさりしつつも旨味が凝縮されて、一人で2~3杯はサラサラっといただけちゃいます。

p7.jpg

お腹が満たされた後は、レストランのバルコニーからビーチへ。

p8.jpgp9_2.jpg

レストランから直接ビーチに出ることが出来るなんて素敵ですね。

p32.jpgp9_3.jpg

ゆるりと過ごす島のひととき。

p13.jpg

ばしゃ山村では、いろいろな体験ができます。

p13_1.jpg

アイスクリームがありました。美味しそう!貝殻のオブジェも綺麗です。

p10_2.jpg

ガジュマルの枝に、ブランコが付いていました。もちろん乗れますよ。

p12.jpg

やどかりも散策中。

p15_2.jpg

かわいい妖精「ケンムン」にお別れをして、「奄美野生生物保護センター(大和村)」へ向かいます。

p16.jpg

「奄美野生生物保護センター」に到着。
こちらは奄美地域に生息する希少な野生生物や固有の生態系の調査研究、保護増殖、普及啓発等の事業を総合的に推進するための拠点として国内で7番目の野生生物保護センターです。

p17.jpg

センター内では奄美地域に生息する希少な野生生物をわかり易く展示しています。

p18.jpg

展示室では、黒潮の流れに沿って展示していて、順番に見ると、奄美群島巡りの疑似体験ができます。全ての島をめぐると奄美群島全体の自然の大切さを学ぶことができます。シアターでは、奄美の生き物や自然の映像も紹介してます。

p21.jpg

次に、「黒潮の森マングローブパーク」へやってきました。

p23.jpg

奄美大島には、日本で2番目の大きさのマングローブ原生林が広がります。
そして、絶滅危惧種のリュウキュウアユなど貴重な動植物が生息しています。

p22.jpg

こちらではカヌーに乗って、マングローブを間近に感じることもできます。
カヌーからでしか見れない風景もあるので、ぜひ一度お試しください。
明日は古仁屋港から徳之島へ移動します。
奄美群島アイランドホッピング モニターツアー 奄美大島→徳之島編

★関連リンク・住所
奄美民俗村ばしゃ山
 住所:鹿児島県奄美市笠利町用安1246-1
奄美の鶏飯
奄美野生生物保護センター
 住所:鹿児島県大島郡大和村字腰ノ畑思勝551番地
黒潮の森 マングローブパーク(道の駅奄美大島住用)
 住所:鹿児島県奄美市住用町石原478番地

                          (2016年12月 総務部 森山)

奄美大島・加計呂麻島の旅

「琉球・奄美の世界自然遺産」の候補地となっている奄美大島。今年はLCCのバニラエアの就航などで話題を呼んでいますが、今回は、奄美大島~加計呂麻(かけろま)島の様子をお伝えします。

奄美空港へついたらまず、「あやまる岬」へ。

あやまる岬2014-3.jpg

奄美の海の美しさが視界いっぱいに広がります。

その後、同じく笠利町の「原ハブ屋奄美」へ。「ハブと愛まショー」でドキドキ・ハブ学習をしました。

原ハブ屋(外観).jpg

お店にはかっこいいハブ製品もたくさんありますので、立ち寄りスポットとしてもおすすめです。

お昼はもちろん奄美の郷土料理「鶏飯」。自分でよそって食べるのがまた楽しいものです。

鶏飯ひさ倉.jpg

そのまま南下して約1時間40分で古仁屋港へ。ここから「フェリーかけろま」に乗り、生間(いけんま)港へ20分の船旅です。

フェリーかけろま2.jpg

生間港から、島の南東、諸鈍(しょどん)へ。

諸鈍デイゴ1.jpg

デイゴ並木の目前には、深い青色の海が広がっています。おじいちゃんが颯爽と通り過ぎていきました。

諸鈍デイゴ5.jpg

デイゴ並木の陰に入ると、涼しい風が吹き込んできます。

諸鈍デイゴ4.jpg

5月~6月には、美しい赤い花を咲かせるそうです。

諸鈍デイゴ3.jpg

少年が自転車で駆けていきました。 どこへ遊びに行ったのでしょうか。

とらやの車.jpg

食料品を販売する車が停まっていました。1軒1軒運んでいるようです。

ハイビスカスの原種.jpg

ハイビスカスの原種のひとつ、「フウリンブッソウゲ」(またの名を「ちょうちん花」)を見つけました。風に揺られる繊細な形がかわいいです。

諸鈍シバヤ(よかとこ100選).jpg

デイゴ並木のすぐ近くの大屯(おおちょん)神社には「諸鈍シバヤ」という伝統行事があります。平家の落人・平資盛が土地の人を招いて上演したのが始まりと言い伝えられている、国指定の重要無形民俗文化財です。 (写真は「かごしまよかとこ100選」より)

諸鈍からさらに南下して、徳浜へ。

加計呂麻_徳浜(看板).jpg

1995年に公開された「男はつらいよ」シリーズの最終作のロケ地で、看板には、映画のセリフが書かれてあります。

加計呂麻_徳浜1.jpg

夕方の静かな海。

加計呂麻_徳浜2.jpg

白いサンゴが沢山流れ着いていました。誰かがシュノーケリングしています。

この日は、スリ浜の近くのペンションへ。

スリ浜(ヨット).jpg

海にはヨットが浮かんでいました。このあと、夜には満天の星が私たちを迎えてくれました。夏の大三角も、天の川も、流れ星も見えました。

スリ浜(看板).jpg

「スリ浜」も寅さんのロケ地となっていて、同じくセリフの書かれた看板があります。

スリ浜4(ヤドカリ).jpg

アダンの下に、ヤドカリを発見!このほかにも葉っぱの裏にたくさん隠れていました。

スリ浜2.jpg

しばし童心に返ります。

かけろまバス(アップ).jpg

「かけろまバス」がやってきて、新聞を配るのを見届けたあと、島尾敏雄文学碑を見に呑之浦(のみのうら)へ向かいます。

吞之浦2.jpg

入り江に向かう途中には、緑が溢れて、静けさが漂います。

吞之浦1.jpg

静かな入り江は、赤っぽい地面と海のエメラルドが混ざり、深い緑色をしています。

震洋艇レプリカ.jpg

ここで震洋特攻隊がひたすら出発の時を待って過ごしていたかと思うと、なんとも言えない気持ちになります。

島尾敏雄は隊長としてこの地に赴任し、その時の様子が小説に記されています。

島尾敏雄文学碑2.jpg

「出発は遂に訪れず」には、8月13日に出撃の命令が下り、それから終戦の8月15日までの感情や、終戦の事実を知ってからの気持ちの移り変わりなどが描かれています。

島尾敏雄文学碑.jpg

島尾敏雄の、命そのもの・存在そのものを表すような文章は、ここ吞之浦の濃い景色と静けさによって培われたのでしょうか。

次の目的地は於斉(おさい)です。ここには大きなガジュマルがあります。

於斉ガジュマル.jpg

樹の下で涼んでいたおじいちゃんが、「写真を撮ろうか?」と話しかけてくださいました。

於斉ガジュマル4.jpg

集落の草刈りが終わって、休憩しているところだそうです。ガジュマルの木陰は、風が吹き抜け、とても涼しい。いくつか椅子があり、いつも集落の人たちもここで涼むのだそうです。

於斉ガジュマル3.jpg

ガジュマルの樹にはロープがあり、しばし遊ぶこともできます。

於斉の海辺.jpg

目の前は美しい海が広がっています!とても素敵な場所。ちなみにここも寅さんのロケ地になっています。

於斉ガジュマル1.jpg

去り際に、ふしぎな音が聞こえました。吞之浦でも聞こえた、オカリナの練習してるようなちょっとおかしな音。「アオバトだよ」とおじいちゃん。今朝、リュウキュウアカショウビンの鳴き声も聞こえていました。姿は見えないけれどなんだか嬉しい。

そろそろ船に乗らなくてはいけないので、瀬相港へ。

加計呂麻_瀬相港.jpg

瀬相港は貝のモニュメントがインパクト大!の記念撮影スポットです。

瀬相港ちかくの商店.jpg

港の近くの商店でアイスクリームを買って、船が来るのを待ちます。

かけろまバス(瀬相港).jpg

路線バスも船が来るのを待っています。

フェリーかけろま.jpg

船から降りてきたお客さんが乗車したら、一斉に出発です。

フェリーかけろま3.jpg

瀬相港から古仁屋港まで25分の船旅です。

フェリーかけろまからの風景2.jpg

船の上から、加計呂麻島に別れを告げます。

お昼は「せとうち海の駅」へ。奄美大島と加計呂麻島との間に広がる大島海峡ではクロマグロの養殖が行われていて、出荷量は日本一なのだそうです!

せとうち海の駅2.jpg

2階に上がり、「せとうち海の駅 シーフードレストラン」へ。

本マグロ丼.jpg

漁業協同組合直営店からの仕入れとのことですが、脂がのっていてとっても美味しい!!!写真は本マグロ丼(小)ですが、マグロが5枚のっていて、女性に丁度良いサイズなのも嬉しいです♪

せとうち海の駅からの風景(水中観覧船).jpg

水中観光船が戻ってくるのが見えました。お客さんがいっぱい乗っています。

さて、お昼ご飯を食べた後は、高地山(こうちやま)展望台へ。駐車場の奥の方の階段を上ります。

高知山展望台1.jpg

展望台が見えました!てっぺんに上るまで、途中で景色を見てはいけません。

高知山展望台2.jpg

大島海峡と加計呂麻島が視界に広がります!さっきまでいた古仁屋の街並みが目の前にあります。

高知山展望台3.jpg

加計呂麻島の東西に広がる様子がとてもよくわかります。島をぐるっと堪能するには、2泊か3泊は必要かもしれません。山に雲の影が映っています。

次の目的地・住用町へ向かう途中に見つけました!「クロウサギに注意」の表示。

クロウサギに注意2.jpg

アマミノクロウサギは植物を食べるため、夜に道路わきに出てきて食事をします。このあたりにクロウサギが生息するため、車でひいてしまわないよう、表示がなされているのです。

クロウサギに注意看板2.jpg

クロウサギのシルエットがかわいらしいです。みなさんもこの看板を見つけたら、特に夜は安全運転してくださいね。

マングローブパーク(カヌー乗り場).jpg

黒潮の森マングローブパーク(道の駅奄美大島住用)は、沖縄の西表島に次いで、日本で2番目の大きさを誇るマングローブ原生林です。絶滅危惧種のリュキュウアユなど、貴重な動植物も生息しています。

マングローブパーク3.jpg

漕ぎ方の説明を受けたら、いざ水の中へ。

マングローブパーク4.jpg

この日は40名くらいいたでしょうか、夏休みということもあってお客さんがとても多かったです。

マングローブパーク7.jpg

潮も満ちてきました。この日は大潮だったようです。

マングローブパーク.jpg

オヒルギ・メヒルギの木陰でガイドさんの説明を聞きながら休憩。

マングローブパーク5.jpg

ガイドさんに記念撮影をしていただいたら、今きたルートを戻っていきます。

この日の夜は、観光ネットワーク奄美の西條さんのご案内により、ナイトツアーへ参加!

アマミノクロウサギ(後ろ姿).jpg

車で森の中へ入ると、早速アマミノクロウサギが出迎えてくれました。でも、すぐ逃げちゃうので、カメラを構えた時にはすでに後姿...(^_^;)

ナイトツアー(リュウキュウキジバト).jpg

リュウキュウキジバトが2匹で眠っている様子です。鳥たちにとって、ハブの脅威のない電線の上が一番安心して眠れる場所なのだそうです。

このほか、「リュウキュウアカショウビン」「リュウクウコノハズク」「アマミハナサキガエル」も見ることができました。そして最後に場所を移動し、初めて「ルリカケス」に出逢いました!

ナイトツアー(ルリカケス).jpg

写真がぼやぼやで申し訳ないのですが...色は判りますでしょうか!?
この近くで、ホタルが光っていました。ホタルといえば「川のホタル」ゲンジボタルが有名ですが、奄美は「森のホタル」キイロスジボタルが有名で、6月半ば~9月半ばに見ることができるそうです。

最後に、「サガリバナ」と星空を観に、川べりへ行きました。

サガリバナ2014-2.jpg

サガリバナは夏の夜にだけ咲き、次の朝には散ってしまいます。近づくと、見た目の神秘的・妖艶な雰囲気とは反して甘く、爽やかな香りがします。
見上げると、満天の星空が広がっていました。夏の大三角、天の川。昨日見た加計呂麻島の星空と同じくらいきれい!

じつは昨年も「シマ博」プログラムでナイトツアーに参加しました。昨年の様子はこちらをご覧ください。

翌日は、龍郷町戸口にある「金井工芸」にて、大島紬の染めの工程を見学しました。

金井工芸1.jpg

緑に囲まれた、静かで美しい集落の中にありました。

金井工芸2.jpg

案内してくださったのは、金井志人さん。

テーチ木.JPG

こちらのシャリンバイが、大島紬の染料になるそうです。

テーチ木(チップ).jpg

機械でチップにしたシャリンバイを大きな鍋で煮込んで、色を出していきます。

テーチ木染料.jpg

こちらが、シャリンバイから出た色です。赤色をしていますが、染めて泥の鉄分と反応させ、それを何度も繰り返すことで、大島紬の黒色を作っていきます。

金井工芸4.jpg

左の上が染めのみのもの、その下が一度泥で反応させたもの、そしてそれを繰り返していくと、一番下の布の色になるそうです。

金井工芸3.jpg

自然の光の差し込む作業場です。

金井工芸5-2.jpg

外の泥田を見せてもらいました。ここの集落には天然の泥田があり、近くの山から水をひいているそうです。

金井工芸6.jpg

近くの山にはソテツが自生しており、泥田の鉄分が足りなくなると、ソテツの葉を入れるそうです。字のとおり、「蘇鉄」なんですね。

金井工芸7.jpg

大島紬は1,300年ほど前から存在すると言われているそうですが、昔からの自然がそのまま残っているからこそ、今も同じ工程で、紬を造り出すことができるんですね。

金井工芸8.jpg

金井さん、ありがとうございました!

R_STANDARD2.jpg

金井工芸と同じ敷地内に、何やらおしゃれな建物を発見。

R_STANDARD.jpg

手づくりの雑貨や古いすてきなもの、そして金井工芸の染めで作った衣類などが置いてありました。笑顔が素敵な店主・福本夢之条さんのセンスが光るスポットです。

R_STANDERD4.jpg

次は、福本さんが教えてくれた、fabrique spaceというお店へ向かうことにしました。

fabrique_space2.jpg

奄美市末広町にあるfabrique spaceは、テキスタイルやアンティークビーズアクセサリーのお店です。

fabrique_space1.jpg

テキスタイル作家の小田島智美さんが、ここにある織り機で造ったストールなどもあり、その仕事の細かさに感動!大島紬の織りをされていたというご縁もあって、ここ奄美でお店をされているそうです。

fabrique_space6.jpg

ほかにも、国内外のさまざまな作家の作品が販売されており、さきほど訪れた金井工芸や、R STANDARD福本さんの作品もありました。シャリンバイの灰を釉薬にした器など、奄美の素材を県外の作家さんへ送り、作品を届けてもらっているとのこと。植物の色をそのまま染めた"さくらんぼ"のストールも素敵。ぜひ"すもも"ストールもつくってほしいです。

fabrique_space5.jpg

奄美の文化と作家さんのセンスが融合したとっても素敵な空間・fabrique spaceは、入り口の蝶々が目印です。

最後に、お土産を買いに、「奄美きょら海工房」へ立ち寄りました。

奄美きょら海工房.jpg

黒糖を使ったお菓子など、奄美大島の素材を使った新しい商品を製造されていて、お食事スペースもあります。

きょら海工房前の海.JPG

目の前に海が広がっています。奄美の海も、これで見納め。ここから車で約15分で空港へ。帰路に就きました。

今回の奄美・加計呂麻島の旅は以上です。

スリ浜1.jpg

奄美の静かで優しい空気に包まれていると、いつのまにか、心の中がゆったりと、温かくなってきます。みなさんもぜひお出かけください♪

★旅のルート
【1日目】奄美空港→あやまる岬原ハブ屋奄美鶏飯ひさ倉せとうち海の駅(古仁屋港)→生間港→諸鈍デイゴ徳浜→スリ浜(泊)
【2日目】スリ浜於斉ガジュマル呑之浦(島尾敏雄文学碑)瀬相港→古仁屋港→海の駅レストラン高知山展望台黒潮の森マングローブパークナイトツアー→名瀬(泊)
【3日目】名瀬→金井工芸&R STANDARDfabrique spaceきょら海工房→奄美空港

★奄美の旅のリンク集
奄美大島観光物産協会公式サイト「のんびり奄美」
原ハブ屋奄美
瀬戸内町観光協会
高知山展望台(奄美まるごと情報局)
観光ネットワーク奄美
金井工芸
R STANDARD
fabrique space

(2014年8月5日 総務部 北園)

甑島2013~KOSHIKI ART PROJECT編~

8月17日より8月25日まで甑島で行われたアートイベント、KOSHIKI ART PROJECTに参加しました!
2日目は断崖クルージング、3日目は下甑島めぐりなど、ディープな甑島情報をお届けします!

1港の歓迎.jpg

1日目は、薩摩川内市の地域おこし協力隊のお二人に、上甑島を案内していただきました♪

2アートプロジェクト受付.jpg

KOSHIKI ART PROJECTは、鹿児島県薩摩川内市の甑島で参加アーティストが滞在制作と展示を行う現代美術のプロジェクトで、今年で10年目を迎えました。

3石垣の風景.jpg

島内の空き家などをアーティストが探し出し、作品を展示しているので、地図を片手に巡ります。この日は初日ということもあってか、多くの参加者が石垣の美しい町並みの中を歩いていました。

4art.jpg

展示されている場所には、目印の旗が立っています。

5art.jpg

立派な佇まいのお屋敷です。中に入ってみると...

6art.jpg

砂のついた靴が、玄関に片方ずつ並べられています。

7art.jpg

部屋の中にもインスタレーションがありました。障子に映された映像を見ていると、時間が止まっているような、動いているような、不思議な感覚に陥ります。'しん'とした感覚とでも言いましょうか。これは、現代アートにしか出せない空気感だと思います。

8art.jpg

次も、素敵なお屋敷の中に仕掛けてある、楽しい作品です。

9art.JPG

ブロッコリー!?ではなく、小さな木。建物の至るところに生えています。島での生活が始まり、部屋の畳から木が生えているという現実に遭遇して生まれた作品だとか。

10art.JPG

このお屋敷には、昔ながらのお風呂や台所が残されており、レトロで素敵です。 お風呂と台所が隣同士で、台所仕事をしながらお風呂を焚けるようになっていて、自ずと、当時の生活が想像されます。

11art.jpg

次は、海辺にある作品です。旗を目印に、堤防の向う側にまわると...

12art.jpg

何やら怪しい建物が!近づいて見ると、ぐるぐるらせん状の構造になっています。

13art.jpg

この「渦巻く部屋」は、帰還中アーティスト自身がここに住み、その生活の痕跡も作品になるとのこと。渦巻状の構造の「部屋」が、日々どのように変化してくのでしょうか。

14art.jpg

この作品は、とても海際にあります。ここに住むなんて、まさに肉体派アーティストです。

15トンボロ.jpg

上甑島の里集落は、日本3大トンボロの一つです。トンボロとは、海底の砂礫が沿岸流によって運ばれ、波の作用によって水面上に現れた陸繋砂州のこと。高台から眺めると、その形がとてもよく分かります。よくよく見ると、東側と西側の海の色も違っています。

16寿司膳かのこ.jpg

お昼は中甑の「寿司膳かのこ」にてクロマグロ定食をいただきます。キビナゴやタカエビなど海産物に恵まれた甑島ですが、クロマグロの養殖も行われており、新鮮なお刺身を食べることができます。この写真には写っていませんが、アオサラーメンも美味しかったです!

17アートバス.jpg

午後は、「アート巡回バス」に乗車して、他の展示物をまわります。

18アートバス.jpg

巡回バスは、17日~19日の3日間限定で、この日のバスは満席でした。バスの中ではアートプロジェクト代表の平嶺さんのガイドを聴くことができます。

19長目の浜.jpg

まずはじめに、長目の浜の見学をしました。ここは、薩摩藩主島津光久公がその美しさに「眺めの浜」と呼んだことが名称の由来とされ、島の北西部の山裾が風波によって崩れ落ち、運ばれてできた幅50m、長さ約4kmの海の中道を見ることができます。それぞれ「なまこ池」「貝池」「鍬池」と名前がついています。

20art.jpg

小島エリアの浦内湾のすぐそばの小屋の中には、砂の椅子が展示してあります。

21art.jpg

アートのとらえ方は人それぞれですが、強いものに美を感じることもあれば、消え入りそうな、儚いものに美を感じることもあります。いずれの美も、普段の生活からは少し離れた所へと想像力で以て連れて行ってくれます。そうやって飛躍することが、私たちには時々必要なのかもしれません。

22art.jpg

平良小学校には、2つの作品がありました。
きくもとゆみこさんの「あふれでる」は、校庭の木をガラスで彩った作品。しずくのように落ちてきたさまざまな「想い」が、きちんと目に見える「形」になっています。

23art.jpg

木を傷つけないように工夫もされています。小学生の書いた絵や、地域の方々が集めて下さった器があり、人の温かさを感じ、ちょっと優しい気持ちになれる作品です。

24art.jpg

隣の「ダンディハウス」は日陰とともに移動して生活する、という野心的な作品。かわいい女子が挑戦する活動的アートです。

25art.jpg

平良小学校とのコラボレーションが可笑しくもあり、どこか「気になる」、「心にひっかかる」作品だと思いました。

26ギャラリーヒラミネ.jpg

巡回バスはこのあと、ギャラリーヒラミネで最終地点となります。こちらには、現地アーティストである平嶺時彦氏の作品と、ゲストアーティストであるパラモデルの作品が展示されています。

27ギャラリーヒラミネ2.jpg

ギャラリーヒラミネは、玉石の石垣に囲まれた新しい建物で、敷地に入るとすぐに時彦アートが目に飛び込んできて、圧倒されます。他にもまだまだあるのですが、ぜひ足を運んで見られてください!時彦氏(90歳)は、幼少時に河童に出遭った話をして下さいました。

28artパラモデル.jpg

パラモデルさんの作品は、さすがプロ、巧みな技術力とクールな美しさがありました!
かつてへなちょこ美大生だった私は、教授の言っていた「想像させることの大切さ」がイマイチ体現できず、悩みましたが、まさにこの作品は「想像させる」、「思考のスイッチを入れる」作品だと言えるでしょう。
写真は、海水浴からお孫さんと帰ってきたおじいちゃんの後ろ姿です。クールです。

29art.jpg

最後にお目見えした作品は、「鳥類色彩図鑑」。文鳥を島に連れてくる程鳥好きの西山さん。島に来てから出会った鳥の色を分類し、島でとれたテングサを固めて障子にはめ込んだ作品です。

30art.jpg

カラスの色はなぜ黒くなったのか、という説話をもとにした作品もありました。こちらは塩と片栗粉と水でできた作品とのこと。単純な形だけれども、命が宿っていそうな、今にも動き出しそうな雰囲気。

31山下商店.jpg

アートプロジェクトの作品を鑑賞したあとは、甑島で今話題となっている「山下商店」へお邪魔しました。

32山下商店.jpg

こちらでは、手づくりの豆腐を購入することができ、その場で食べることもできます。島で作られた「島米」やいそのり、ジェラートなどもあります。

33山下商店.jpg

木綿豆腐をいただきました。そのまま食べても、甑島のお塩をかけて食べても、味がしっかりしていてとても美味しいです!朝6時にお店に行くと、出来たてが食べられるそうです。

34山下商店.jpg

地域おこし協力隊の船井さん、山下さん、江藤さんです。地域おこし協力隊の方は、IターンやUターンで、地域の魅力を発見し、磨き上げて商品開発を行うという任務だそうです。若い方が新たな視点で、島を盛り上げてくれています!
山下さんは4年前にUターンし、島の風景を守るために農業で島を盛り上げている中、人が集う場所として、今年、豆腐屋「山下商店」をオープンされたそうです。
3人とも、笑顔が素敵です。

35ナイトツアー.jpg

夜は、「ナイトツアー」に参加しました。昼間はシーカヤックのガイドをされているという齋藤さんが、島に流れ着く漂流物について説明して下さいます。

このあと車で移動して、展望所でハーブティーをいただきながら、のんびり横たわります。この日は月が明るかったのですが、カシオペヤ座、はくちょう座、夏の大三角形を見ることができました。新月などの星がよく見える夜は、天の川がキレイに見えるそうです。夜風は涼しく、自然の風と音が心地よかったです。

次回は、断崖クルージングと下甑観光の様子をレポートします!

甑島2013~断崖クルージング・下甑島探索編~

36中甑港.jpg

甑島観光2日目は、断崖クルージングからスタート!中甑港には、かわいい釣客がいました。

37遊覧船かのこ.jpg

遊覧船かのこは、平成23年に新船がデビューした観光船です。甑大明神橋の下を通り、甑島の西側を2時間かけてクルージングします。

38甑大明神.jpg

甑島の名前の由来となった神社です。後ろの岩がご神体で、甑島の名称の発祥の地と言われています。

39鶴穴.jpg

「鶴穴」という名前の岩です。その昔、鶴が羽を広げている姿に見え、名付けられたそう。真ん中が波で浸食し、向こう側が見えるようになっています。

40断崖.jpg

甑島の断崖・奇岩を形成する地層は、白亜紀から古代3紀のもので、一番古い地層は、約8000年前、恐竜やアンモナイトが生息していた白亜紀終わりごろのものだそうです。
断崖は、高いところで200mの高さを誇ります。船で真下まで近づくと、大迫力です!

41四ツ穴(一部).jpg

波で浸食されたという、「四ツ穴」に近づきます。海の色も、とても綺麗なんです!

42内川内海岸.jpg

「内川内海岸」は、海岸のすぐ近くにある、二段からなる滝があります。

43金山海岸.jpg

「金山海岸」付近では、かつて銅、銀、金を試掘した跡があるそうです。

44ナポレオン岩.jpg

クルージングのクライマックスは、「ナポレオン岩」!高さ127mの奇岩で、甑島のシンボル的存在として親しまれています。どの角度から撮っても、絵になります!

45甑大明神橋.jpg

あっと言う間のクルージングでした。甑大明神橋にさよならを言って、港に戻ります。

46フェリーニューこしき.jpg

このあと、里港に戻り、船で下甑島の長浜港まで移動します。

47タカエビフライ弁当.jpg

長浜港でお弁当を受け取り、ホテルこしきしま親和館にていただきます。テラスから見える海が美しいです。

48タカエビフライ2011.jpg

タカエビがたっぷり詰まった、人気の「タカエビフライ」!今回は特別にお弁当にしてもらったのですが、お店で撮った写真はこんな感じです。外がカリカリ、中がもっちもちで、タカエビの美味しさがばくはつしています。長浜港の「喫茶くるみ」で食べられます。

49瀬尾の観音三滝付近.jpg

さて、腹ごしらえのあとは「瀬尾の観音三滝」へ向かいます。下甑島の地域おこし協力隊の関さんに案内していただきました。車を停めてから、木漏れ日の中を少し歩きます。

50瀬尾の観音三滝.jpg

間近に見える滝。小さな滝つぼもあります。こちらは第3の滝で、脇の階段を登ると第1、第2の滝も見ることができます。すぐそばに、観音様を祀っているので、「観音三滝」というそうです。マイナスイオンに癒されます。

51下甑郷土館.jpg

こちらは下甑郷土館。下甑の生活様式を案内する施設で、実際の住居を移築したそうです。

52下甑郷土館ビーダナシ.jpg

さまざまな農具や漁具、生活用具が展示され、島で受け継がれてきた知恵が凝縮されています。写真は、この地域の伝統的な織物「ビーダナシ」の織り子さんのお写真で、「ビー」とは芙蓉のことです。甑島の伝統織物で芙蓉織物としては世界に一つしかありません。近年この「ビーダナシ」の技術を学びに、なんと、昨年県外から移住している若者がいるとのことです。

53手打海岸.jpg

下甑郷土資料館すぐ近くの手打海岸では、地元の家族連れが海水浴をしていました。

54八尻展望台からの眺望.jpg

次の日は、さらにディープに下甑島を堪能します。「八尻展望台」では、鹿島地区と中甑島、上甑島を一度に眺めることができます。

55鳥の巣山展望所.jpg

次は下甑島で人気のスポット「鳥の巣山展望所」。灯台の下に広がる展望場は、ニシノハマカンゾウ、カノコユリの開花の季節はさらに美しい景観が広がります。現在は、中甑島と下甑島を橋でつなぐ工事が行われていますが、開放感があるスポットです。

56夜萩円山公園.jpg

「夜萩円山公園」では、ページ岩といわれる断崖の地層をはっきり見ることができます。

57前の平展望所(ナポレオン岩).jpg

島の西側を南下し、「前の平展望所」へ。ナポレオン岩と、これから行く瀬々野浦集落を臨むことができます。

58前の平展望所(瀬々野浦集落).jpg

かわいらしいオレンジ屋根の小学校を中心に広がる、人口約30名の集落です。

59シンヌウラおこし事務局.jpg

こちらで地域おこしを行っているNPO法人「西海発(さいかいはつ)」の事務所へお邪魔します。「瀬々野浦」は、地元の言葉で「シンヌウラ」というので、「シンヌウラおこし事務所」なのです。

60ごちそうさんど.jpg

こちらでお昼ご飯「ごちそうさんど」をいただきます。「ごちそうさんど」は、島の未来を考えるワークショップで生まれたもので、レタス、タカエビの真丈(しんじょう)、田舎ずし、魚ダシの稲荷など、各集落から集まった素材たちが、まるで地層のように積み重なったごちそうです。甘辛ソースと胡麻も相性抜群です!島で採れた天草のところてんも、上品なお味で、量もたっぷり!まさにごちそうです♪予約はシンヌウラおこし事務所(TEL:09969-5-1083)まで。

61シンヌウラ集落めぐり.jpg

腹ごしらえのあとは、シンヌウラガイドと共に集落めぐりです。

62集落からナポレオン岩を臨む.jpg

ナポレオン岩の風景が生活の一部になっているなんて、素晴らしいですね!ちなみにこの集落では、昔から、ナポレオン岩のことを沖瀬(ちゅうせ)と呼んでいるそうです。

63西山小学校.jpg

集落唯一の学校「西山小学校」は、今年3月に閉校してしまいました。建物も綺麗なので、体験型観光などで再利用したいとのご意見がありました。

64共同用水.jpg

小道を歩いていくと、昔ながらの共同用水がありました。ここで野菜を洗ったり、飲み水として利用したりしていたそうです。手を浸すと、湧き水が冷たくて気持ちいい!昔、映画「となりのトトロ」で、採れたての野菜を籠に入れて水に浸すシーンに憧れたなぁ。なんて物思いに耽ります。

65にゃんにゃんスポット.jpg

西山ストアーの前では、木陰で休む仔猫が。「しんぬうら集落地図手帖」には、この辺りはにゃんにゃんスポットと掲載されていて、その通りでした!

66診療所.jpg

この瀬々野浦集落には、「Dr.コトー」のモデルとなった診療所があります。現在は、先生は週に1回診療にいらっしゃるそうです。

67波止場.jpg

集落歩きも終盤にさしかかってきました。波止場の奥の階段を登ると...

68鷹の巣.jpg

荒々しい断崖が広がっています。島に吹く風によって削られた断崖に、直に触れることができます。写真の奇岩は、「鷹の巣」と呼ばれ、平家の落人伝説が伝わっているそうです。

69鷹の巣とナポレオン岩.jpg

ここからナポレオン岩(=沖瀬)を入れて撮ると、野性味あふれる写真になります。

70恵比寿神社.jpg

この恵比寿神社は、神石が安置されており、NPO法人西海発理事長の中村さんに、この神石にまつわるエピソードをお話しいただきました。

71芙蓉の木.jpg

宮野さんに、前日に資料館で見た「ビーダナシ」の芙蓉の木を教えてもらいました。この木の枝をすぐ隣の川で1カ月間水にさらして、繊維を取り出し、糸にするそうです。

72西浄寺.jpg

ここ西浄寺には、お話好きの和尚さんがいらっしゃるそうで、お朝事体験や説法体験に参加できるとのこと。(詳細についてはシンヌウラおこし事務所までお問い合わせください。)

73集合写真.jpg

最後に記念撮影!地域おこし協力隊の小泉さんと、シンヌウラおこし事務所・NPO法人西海発のみなさんです。夏の強い陽射しの中、元気に案内して下さいました!

2泊3日の甑島巡りレポートは以上です。アートプロジェクトの行われる8月、カノコユリの季節・7月~8月、ウミネコ餌付けや釣りのシーズンやアクアスロン、それに集落めぐりなど、色々な楽しみ方ができる甑島。あなたもぜひ訪れてみませんか?

「あまみシマ博覧会2013夏」レポート♪

鹿児島県は南北600kmにわたる、離島の多い県でもありますが、今回、奄美群島で行われている「あまみシマ博覧会」を体験するため、奄美大島へ行ってきました♪

鹿児島空港から約1時間で奄美空港に降り立った途端、眩しい陽射しと明るい景色が広がり、期待が高まります♪空港から車で北上し、「あやまる岬観光公園」へと向かいます。エメラルドグリーンの海が私たちを迎えてくれました!

あやまる岬2.jpg

看板の前で記念撮影♪あやまる岬は奄美十景に入っているんですね。

あやまる岬3.jpg

奄美大島グルメと言えば、鶏飯!赤木名にある、「みなとや」さんへお邪魔します。

みなとや(外観).jpg

鶏飯(けいはん)とは、鶏肉と卵、しいたけ、たくあん、ネギなどをのせたご飯に、鶏ガラで作った出汁をかけて食べる伝統的な奄美のお料理です。ヘルシーで美味しい、特に女性にはオススメの上品なお味です♪

鶏飯1.jpg

食事のあとは、シマ博プログラムの「亜熱帯の森 金作原原生林ツアー」に参加!
金作原原生林は奄美の代表的な亜熱帯広葉樹の原生林で、林内には、ヒカゲヘゴの群落や特別天然記念物のアマミノクロウサギをはじめ、ルリカケスなど多くの貴重な野生動物が生息する国有林です。観光ネットワーク奄美のガイド・水間さんの車で、奄美の市街地から約30分で金作原に到着です。

金作原原生林1.jpg

入口付近に車を停めて、散策開始♪早速、ヒカゲヘゴの大木が目の前に現れます。
'ヒカゲ'ヘゴと言うだけあって、湿気の多い場所を好みますが、太陽の光を求めて幹は曲がって伸びるそうです。見上げると、ほとんど全ての木々の葉っぱが重なり合わないように広がっていて圧巻です!

金作原原生林(クワズイモ).jpg

クワズイモを発見!'クワズ'なので食べられません。ここのクワズイモの葉っぱの辺りがいい撮影ポイントらしく、回り込んでみると...

金作原原生林3.jpg

クワズイモの葉っぱが透けて見え、ヒカゲヘゴのシルエットも美しい何とも素晴らしい構図に!もっと素晴らしい写真が、こちらに載っています。

金作原原生林(木の車どめ).jpg

車の侵入のために入口に切株が置かれていました。断面に植物が育っていて、まるでオブジェのようです。

オキナワウラジロガシ.jpg

先ほどの道を通り、オキナワウラジロガシが自生する場所に到着。奄美大島以南の琉球列島に自生する常緑広葉樹で、この木は樹齢150年以上と推定され、高さが約22m、胸高直径が約1mもある大木です。板状根と呼ばれる立派な根が地表に這っていて、強い生命力を感じます!

金作原原生林.jpg

金作原原生林は、世界自然遺産の候補になっている奄美大島の自然を堪能するなら、外せないスポットです!ガイドの水間さんのお話を聞くことで、奄美大島の自然、そして奄美大島と大昔繋がっていた沖縄との関連性など、広く深く自然について学ぶことができました♪
木々は水を葉にも溜め、目に見えないミストを放出しているとのことで、猛暑もなんのその!みなさんも、この夏、体験してみませんか?あまみシマ博プログラムでの参加はこちらから。

次の日は、宇検村・大和村をめぐり、シマ博プログラムにも入っている、ナイトツアーに参加しました♪

うけん市場1.jpg

奄美市の市街地・名瀬から車で約1時間で宇検村へ到着。生産者の方のお名前がきちんと記されていて、安心・安全なお野菜が並び、他にも奄美のおみやげや、珍しい薬草茶、ハブ用の棒(!)もある、地域色が伝わるお店です。

開運酒造(外観).jpg

その「うけん市場」のすぐ近くに、開運酒造の工場があります。開運酒造は、黒糖焼酎「れんと」で有名で、今回は工場見学をしてきました♪

開運酒造工場見学.jpg

案内をして下さった小田桐さんは、笑顔がとっても素敵です! 黒糖焼酎「れんと」は、製造当初から'音響熟成'を行っていることが特徴で、タンクの部屋ではクラシック音楽が流れています。音楽の振動で、焼酎の美味しさを引き出すのだとか。タンクに触ってみると、確かに振動しているのが分かります!

開運酒造(記念撮影).jpg

最後にみんなで記念撮影♪こちらの焼酎工場の見学はあまみシマ博プログラムに入っています。詳細はこちらへ。

次の目的地は奄美大島の最高峰(標高694.4m)の湯湾岳。宇検町役場の手前から、湯湾岳展望台に続く道路を登っていきます。車を止めて、展望台までは階段を上ってすぐです。焼内湾を臨みます。雨が降ったり止んだりしていたので、少し曇った景観でしたが、かえって神秘的!

湯湾岳展望台から1.jpg

開運酒造のお隣りにある「開運の郷」でランチをしたあとは、奄美群島観光物産協会の石原さんの案内のもと、宇検村と大和村のまち歩きを行いました♪

宇検村まち歩き1.jpg

看板がレトロで素敵な商店では、1歳くらいの小さい女の子がレジのお手伝いをしていて可愛かったです♪

宇検村まち歩き2.jpg

田検集落のバス停は、立派なガジュマルの木に見守られている、雰囲気のあるバス停です。

宇検村まち歩き3.jpg

次は大和村の今里集落のまち歩きをしました。陽が照ってきて、向うに見える海が色を放ち始めました。

奄美野生生物保護センター.jpg

名瀬市街地へ戻る途中、奄美の野生生物保護センターに立ち寄りました。近年、アマミノクロウサギの数が減って問題になっており、環境省を中心に色々な取組をしているそうです。奄美では車の速度制限のためにアマミノクロウサギの看板もよく見られます。

奄美野生生物保護センター2.jpg

奄美大島には国の特別天然記念物に指定されているアマミノクロウサギやルリカケスのほかにも、多くの貴重な固有種が存在し、その様子をビデオで学ぶことができます。

海洋展示館のウミガメ2.jpg

奄美市に戻り、海洋展示館へ立ち寄りました。入るとまず大きな水槽があり、魚やウミガメが泳いでいます。親子で泳ぐウミガメ。楽しそうです。

海洋展示館3.jpg

ウミガメへの餌やりをさせて頂きました。動きの遅いカメよりも先に魚が取りに来てしまうので、ウミガメの口のすぐ側へ投げるとうまくいきました。近くで見ると、とてもかわいい!

この日の夜は、「奄美の森のナイトウォーク・リスニングツアー」を体験!「観光ネットワーク奄美」の越間さんにガイドしていただきました。陽が沈む午後7時頃に出発し、奄美市から車で住用町へ向かいます。山に入ると、木々のざわめきやフクロウ、虫の声などが聴こえてきて、昼とは別世界のようです。もちろん、車のライト以外、周りには灯りもありません。

アマミハナサキガエル.jpg

私たちの目的はアマミノクロウサギでしたが、道々に、小さな生き物が動いています。車を停め、そっと近づいてみます。アマミハナサキガエルという、県指定の天然記念物です。

今回は台風の影響が少し残る中での山歩きだったので、ほとんど車でまわりましたが、普段は、半分くらいは車から降りて歩く、自然を五感で体感するツアーなのだそうです。 車から降りるときにドアの音がしてしまうと、生き物が逃げてしまうのでなかなかうまく撮れません(>_<)アマミノクロウサギをカメラに納めずに帰るわけには...と思っていた矢先!

アマミノクロウサギ2.jpg

いました!山の斜面にかわいらしいアマミノクロウサギが!撮ってくれと言わんばかりに、悠々と構えています。斜面の上の方にいたので、私たちが近寄ってこないと判断し、逃げずに留まってくれています。人間で言うと、小学校低学年くらいのウサギだそうです。

リュウキュウコノハズク.jpg

このあと、リュウキュウコノハズクにも出会いました!大人でも体長が20cmのリュウキュウコノハズク、このツアー中もずっと鳴き声が聞こえていたのですがなかなか会えず、最後にやっと姿を現してくれました!しかもほぼカメラ目線!

他にも奄美の固有種のアマミイシカワガエルやアカマタ(ハブを食べるという蛇)やアマミヤマシギなど、森の生き物たちに沢山出会いました。夜行性の生き物が多い奄美の森を満喫する素晴らしい体験となりました!

サガリバナ.jpg

最後に、ガイドさんの案内で、住用のマングローブの周辺で見られるという珍しい花を特別に見せてもらいました。サガリバナというそうです。夜に咲き始め、満開になるのは10時~12時くらい、朝には散ってしまうのだそう。なんだか妖艶な感じがします。

24時間眠らない奄美の森を、五感で感じることのできる「奄美の森のナイトウォーク・リスニングツアー」シマ博ページはこちらです。

さて、最終日は、大島紬村に立ち寄り、シマ博プログラムのスタンドアップパドルサーフィンを体験してきました!

大島紬村1.jpg

写真は大島紬村に咲いていたハイビスカスの原種です。

大島紬村2.jpg

大島紬村では、製造工程を見学することができます。泥染の様子を職人さんが見せてくれました。泥染をすることによって、独特の風合いが出るほか、撥水の効果もあるそうです。

大島紬村3.jpg

細かい図面に、織の模様が描かれています。これをもとに、締機(しめばた)で綿の糸を織り込み、絞り染めの要領で模様の部分以外を染め、それをほどいて糸にしたものを織って、、という、その工程を聞いているだけでも大島紬の素晴らしさが伝わってきます!

大島紬村4.jpg

この精巧で緻密な柄と泥染の光沢がなんとも言えません。一度は身に付けてみたいものです!

大島紬村(高倉).jpg

施設内には、奄美大島の伝統的な高倉の群倉(ぼれぐら)もありました。主に穀物を貯蔵するための倉庫ですが、奄美独特の建築物で建築史上の変わり種と言われているそうです。

スタンドアップパドルサーフィン.jpg

さて、このあと私たちはシマ博プログラムの「SUP(スタンドアップパドルサーフィン)」を体験しに行きました。台風の影響があり、開催が危ぶまれましたが、いつもの神の子ビーチではなく、芦徳ビーチで体験させていただくことになりました。

スタンドアップパドルサーフィン1.jpg

最初にパドルの操作方法の説明を受け、手伝ってもらいながら海に入ります!

スタンドアップパドルサーフィン2.jpg

奈良迫プロデューサーも見事なパドルさばきです!

スタンドアップパドルサーフィン3.jpg

自称・運動音痴の私ですが、ターンの方法もマスターし、すいすい楽しめちゃいました!風の動きを感じながらパドルを操作するのがコツなんだそうです。

スタンドアップパドルサーフィン記念撮影.jpg

日本でもまだ珍しいこのSUP(スタンドアップパドルサーフォン)を今回ご案内いただいたのは、Kazboの福田さんです。奄美からSUPを広めていきたいと、精力的に活動をされています。今回の'SUPシマ博オリジナル入門編'は、小学生~ご年配の方までアレンジされているそうです!みなさんもこの夏、NEWスポーツSUPデビューしてみませんか!?
シマ博プログラムページはこちら

金作原原生林5.jpg

今回あまみシマ博のプログラムを体験して、奄美大島の自然に沢山触れることができました。奄美群島はその昔、琉球とつながっていたことから、独自の生態が残っており、保護すべき固有種も多く存在することから、現在、「奄美・琉球諸島」として世界自然遺産を目指しています。
奄美の山に入って見て思ったことは、ここは人間ではなく、自然が主役なのだということ。自然の秩序の中に身を投じる時間は、思いがけない発見や癒しにつながるような気がします。

今回ご紹介したプログラムの他にも、あまみシマ博では島々の魅力を楽しむプログラムが満載です。詳しくは、あまみシマ博覧会公式サイトをご覧ください。

(2013年7月22日 総務部 北園)

JAL機内ビデオで屋久島をPR

  鹿児島が誇る世界自然遺産の島・屋久島の魅力を紹介するビデオが,
9/1〜9/30にJAL国内線(下り便全便)にて放映されます。
  これは,9月1日の大阪(伊丹)と屋久島間のJAC(JALグループ)直行便就航(毎日1往復)に際して,鹿児島県,観光かごしま大キャンペーン推進協議会,そしてJALの協力により作成されたもの。
  タイトルは「【旅したい。鹿児島県】太古の大自然,屋久島」。
  屋久島の自然,食,イベントなどを通じて,人々を元気にする
「本物。鹿児島県」をアピールする内容です。
  多くの観光客が屋久島をはじめ鹿児島へ訪れることを期待します。