07グルメ

GOURMET
  • さつま料理
豊かな自然に育まれた四季折々の美味を「たもいやんせ※」!
  • 黒豚・黒牛
自然が豊かで気候も穏やかな鹿児島県は、日本でも有数の畜産県です。なかでも豚、和牛の飼養頭数は、全国一。特に鹿児島の黒豚は、他の豚肉と比べて脂肪分の溶ける温度が高く、肉の線維も細かいので、「柔らかくて、歯切れがよく、旨味が凝縮されている」と評判です。そんな鹿児島産黒豚を堪能したいなら、何といってもしゃぶしゃぶが一番。定番のとんかつや角煮はもちろん、豚骨スープと黒豚チャーシューが自慢の鹿児島ラーメンもおすすめです。
鹿児島の黒牛もきめの細かな肉質とバランスのとれた霜降り(サシ)が特徴で、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ステーキ、etc…。どれもほっぺたがとろけ落ちそうなおいしさです。ぜひ一度ご賞味されては?!

※画像:黒豚・黒牛
  • 鹿児島の郷土料理
海に囲まれた鹿児島県は、海産物の宝庫でもあります。キビナゴ、カツオ、トビウオといった南の海で獲れた魚を新鮮なうちにいただけるのは鹿児島ならではの醍醐味。また、魚のすり身を油で香ばしく揚げたさつまあげも、昔から鹿児島では「つきあげ」と呼ばれ親しまれてきた名物です。豊富な海の幸に舌鼓を打ちながら、夜は本場の芋焼酎で「乾杯!」なんていかがでしょうか。
  • 白熊
鹿児島の暑い夏に欠かせないスイーツといえば、色とりどりのフルーツをトッピングしたかき氷「白熊」。その名の由来は、氷にかけていた練乳の缶に白熊印のラベルが貼ってあったからだとか。特産の紅いもを使ったソフトクリームやジュースも夏には人気があります。
また、すりおろしたヤマイモに米粉や砂糖を練り合わせて蒸した「かるかん」や名産のサツマイモを使ったスイートポテトなど、昔から親しまれている素朴な味の銘菓もお土産に好評です。

※画像:白熊