本物の素材を生かしたメニューがいっぱい!かごっまグルメ&お土産

全国ブランド牛の頂点に輝いた「鹿児島黒牛」

手間ひまかけて大切に育てられた世界に誇るブランド牛
「鹿児島黒牛」は日本一の和牛産地・鹿児島で育てられた黒毛和牛のブランド名です。きめの細かな肉質とバランスのとれた霜降り(サシ)が特徴。しゃぶしゃぶ、焼き肉、ステーキなど、どんなメニューでいただいてもほっぺたがとろけ落ちそうな美味しさです。

※画像提供:鹿児島県農政部畜産課
改良に改良を重ねて誕生した牛肉の逸品
日本では幕末から明治維新にかけて本格的に肉食文化が幕を開けたといわれ、当時の鹿児島には、羽島(はしま)牛・加世田(かせだ)牛・種子島(たねがしま)牛などの名称の牛がいました。これらの牛に、先人たちが長い年月をかけて改良に改良を重ねて生まれたのが、現在の「鹿児島黒牛」です。その黒牛は、全国から選抜された和牛を集めて改良の成果や優秀性を競う「第11回全国和牛能力共進会」において、みごと総合優勝を果たしました。
知れば知るほどおいしさが見えてくる
鹿児島県は和牛生産日本一。全国の黒毛和牛飼養頭数の約20%を占めています。温暖な南国の豊かな自然のなか、農家の方々によって繁殖から肥育まで丹精込めて育まれています。風味と味わいを大切にしているため、飼料は特別に配合された穀類とそうこう類が主な原材料。肉骨粉は使用していません。また、公的な食肉衛生検査により、安心をお届けできるよう徹底した品質管理を心がけています。
ジューシーな焼き上がりに心も踊る!
色々なメニューでいただける鹿児島黒牛ですが、お肉の旨みをそのままに味わえるステーキは不動の人気メニュー。シンプルな調理法だからこそ、素材の良さが際立ちます。炭火で焼いたり、鉄板で焼いたり、ソースもお店ごとに個性たっぷり。お好みの一品をみつけてみて。
世界に誇る黒牛をじっくりと味わう
ほどよく脂がのった霜降りが特徴的な鹿児島黒牛は、すき焼きにも最適。質の高い脂が溶け出して肉汁になって溢れ出ると、これまでに味わったことのないような旨みが感じられます。卵をからめて口の中に入れた瞬間の、とろけるような食感がたまりません。高級料理のイメージですが、ランチでいただくとちょっとお得な気分になれるかも。
かごしま黒牛料理を召し上がれ!
鹿児島県黒牛黒豚銘柄販売促進協議会が推奨する、黒牛の芳醇な香りと旨みを堪能できるお店を紹介します。