HOME学校・法人の方へ産業観光 > 龍門司焼企業組合

龍門司焼企業組合

薩摩焼

霧島・姶良

龍門司焼企業組合写真

龍門司焼は、約三百年前の文禄・慶長の朝鮮役から、藩主島津義弘公が連れて帰った朝鮮人陶工山元碗右エ門により開窯されました。芳工、芳寿など多くの陶工の手を経て、現在に引き継がれています。古帖佐焼の流れを汲む民窯で、花瓶、黒ぢょか、からから、茶器、皿、食器、鉢類など使いよい日用雑器があります。 特色ある渋い飴、黒釉、あざやかな色調の三彩、珍しい鮫肌や貫入、蛇蝎、ドンコ釉、玉流しなど、日本でも珍しい多種多様な天然釉が施され、素朴ながらも優美な品格を持った焼物です。現在、3名の陶工が年8回、大きな登り窯を焼いています。

交通アクセス
鹿児島空港から車で20分 九州自動車道・加治木ICから車で8分
駐車場
10台
住所
鹿児島県姶良市加治木町小山田5940
営業時間
8:00~17:00
営業シーズン
通年
休日
12月29日~1月4日
ホームページ
『龍門司焼企業組合』についてのホームページはこちら
TEL
0995-62-2549
FAX
0995-62-3219