徳之島

緩やかな時に包まれた、長寿・子宝の結いの島
「島で生活するように旅してみたい」。そう思わせるのは、徳之島が“長寿の島”といわれているから。ギネスブックに長寿世界一と認定された泉重千代さん(享年120歳)、明治から平成の世を明るく生きた本郷かまとさん(享年116歳)は、ともに伊仙町の出身。その元気で長生きの秘訣は、きっとこの島にある。天城町・伊仙町・徳之島町の3町からなる徳之島は、奄美群島で2番目に大きな島。基幹農産物であるサトウキビが至るところで栽培され、単一の島として生産量日本一を誇る。島の人たちは壮大な自然の中で伸びやかに過ごし、時には名物の闘牛大会やトライアスロンに熱中し、奄美と沖縄が融合した徳之島民謡(島唄)を気ままに口ずさむ。休息時はお茶と一緒に黒砂糖。晩酌は甘い香りと口あたりがやわらかな黒糖焼酎できまり。そんな心豊かになれる、ゆったりとした時の流れがここにはある。
【周囲】:徳之島89km

Google MAPで見る >

■問い合わせ先
徳之島観光連盟 TEL:0997-81-2010
ムシロ瀬
サンゴ礁の岩の多い奄美群島では珍しい海岸線です。花崗岩がムシロを敷き詰めたように見えることからその名が付けられました。新かごしま百景にも選ばれた、巨岩が連なる壮大な景観が楽しめます。
犬の門蓋(いんのじょうふた)
季節風や荒波によって浸食された断崖・奇岩が点在します。メガネのようにくりぬかれた岩を通して見る景色が芸術的で、絶好の撮影スポットになっています。
畦(あぜ)プリンスビーチ
天皇陛下が皇太子時代に美智子妃殿下と散策したことから名がついた美しいビーチ。白い砂浜が1.5kmも続き、カラフルな熱帯魚が見られる透明度の高い海でシュノーケリングがおすすめ。
阿権(あごん)300年ガジュマル
樹齢300年を超えるとされる島内随一の巨木で、ケンムン(精霊)が宿ると言われています。近くには武家屋敷跡地があり、巨木と古いサンゴ石垣のコントラストは力強い生命力を感じさせてくれます。
思わず手に汗にぎる、伝統の闘い。
約500年の歴史があるといわれる闘牛大会。年間20回以上も行われていて、中でも大きな盛り上がりを見せるのが、徳之島一の強い牛を決定する“全島一決定戦”だ。初場所(正月)、春場所(5月)、秋場所(10月)の年3回、体重1トン余りの超大型牛が激しく角を突き合わせ、目を血走らせて押し合う姿は迫力満点。太鼓や指笛を鳴らしてチャンピオン牛を祝福する会場全体の熱気が、さらに興奮を誘う。
鉄人たちの熱いバトルが感動を呼ぶ
起伏に富む地形がアスリートたちに好まれ、五輪金メダリストの高橋尚子選手のトレーニングコース「尚子ロード」もある徳之島で、毎年6月に開催されるのが「トライアスロン IN 徳之島大会」だ。海に囲まれた美しいロケーションの中、体力と精神力の限界に挑み、スイム2キロメートル、バイク75キロメートル、ラン21キロメートルで島を一周する。3町一体となり地域住民総出でコース道路の清掃を行い、当日は沿道で太鼓をたたきながら熱い声援で大会を盛り上げる。
徳之島コーヒー物語
伊仙町在住の吉玉誠一さんは今から約30年前に徳之島に移り住み、「自分の好きなものを自分の手で作りたい」との思いで無農薬のコーヒー栽培をスタート。試行錯誤を繰り返し台風の塩害や風害に耐えながら少しずつ植え付け本数を増やしてきた。現在は、収穫~精製~焙煎までもすべて手作業で行っており、そのさわやかな香りと飲み口は、徳之島の風土が生んだ絶品だ。

■犬田布岬COFFEE SMILE TEL:0997-86-8277
シマンチュ(島人)のおやつは島ドーナツ
ドーナツといえば真ん中に穴が開いたリングドーナツが一般的。徳之島でドーナツといえば、こんがりキツネ色に揚がったまん丸いお菓子のことをいう。外はカリカリ、中はふんわりとした揚げたてのアツアツがおいしい。別名「サタ天ぷら」ともいい、サタとは方言で砂糖のことで、島ではもちろん特産品である黒糖を使用。サトウキビの天然の栄養分が凝縮されたミネラル・ビタミンたっぷりの黒糖だから、徳之島のおやつはヘルシーだ。
たまごおにぎり
徳之島の家庭の味といえばこれ。海苔の代わりに薄い塩味の卵焼きを巻いたおにぎりで、中身の定番は塩むすびですが、豚みそなど具を入れることもあります。
※画像はイメージです
金見崎ソテツトンネル
金見崎ソテツトンネル
巨大なソテツ並木のトンネルが迷路のように約200メートルに渡って続く、南国ムード満点の小径。樹齢400年といわれる古木も。ソテツのトンネルを抜けると目に飛び込んでくる紺碧の海と空の絶景も感動的だ。

犬田布岬
犬田布岬
芝の自生するなだらかなスロープの中央に、1945年に沖縄へ南下の途中撃沈された戦艦大和の慰霊塔がそびえている。奄美十景のひとつで、夕日が水平線に沈み、慰霊塔がシルエットになる情景は、悲しい戦争の記憶を物語るかのよう。ウミガメが泳ぐ姿や、冬から春にかけてはクジラも見られる。

おすすめ!こちらの記事も読まれています