• 県内の世界文化遺産をわかりやすく紹介する「鹿児島県世界文化遺産地域通訳案内士」制度を創設しました!

最新情報  鹿児島発の最新トピックスをお届けします

2019.04.23
お知らせ

県内の世界文化遺産をわかりやすく紹介する「鹿児島県世界文化遺産地域通訳案内士」制度を創設しました!

鹿児島県では,世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の県内構成資産である旧集成館,関吉の疎水溝,寺山炭窯跡の価値をわかりやすく英語で説明できる通訳ガイドの育成制度を創設することとなりました。

1制度の概要
(1)資格
 地域通訳案内士法に規定する「地域通訳案内士制度」を活用しています。
 地域通訳案内士としての業務区域は,旧集成館,寺山炭窯跡,関吉の疎水溝です。

(2)使用言語
 英語

(3)資格認定までの流れ
 ア)鹿児島大学大学院で所定の講義を受講し,単位を取得します。
   受講者は,一定レベルの英語力が必要です。(英検2級以上等)
   講義は集中講義方式とし,30時間(2単位)を予定しています。
   毎年度の受講者数は,数名程度を想定しています。
 イ)単位取得者を県が地域通訳案内士として認定・登録します。

2今後のスケジュール(予定)
 2019年8月~受講生募集開始(鹿児島大学後期出願期間)
 2019年12月~鹿児島大学大学院での講義実施
 2020年2月~鹿児島大学による単位付与,県による資格認定・登録

 実施要領など詳細については,今後お知らせします。

関連資料