鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

「九州観光推進機構との連携強化を」 〜観光プロデューサーズコラム〜


                 201010年3月29日

           鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光

            

 九州観光201003290040319112.jpg推進機構は、「九州はひとつ」の理念のもと、2005年4月に「観光王国・九州」の実現を目指して官民一体となって設立されたものです。九州各県及び観光連盟の他に、100を超える企業・団体が会員となっています。 

 規約の中で機構の目的として、「九州地域における魅力ある観光地づくりと国内・海外観光客等の九州への誘客を推進し、観光産業の振興と九州経済の発展すること」を掲げています。事業計画では、「旅行先としての九州を磨く戦略」、「国内大都市圏から九州に人を呼び込む戦略」、「東アジアから九州に人を呼び込む戦略」、「九州観光戦略を進める体制づくり」の4つの戦略が柱となっています。 

 官民一体となって九州全体の観光振興に取組む背景には、大都市圏における九州の認知度が低く、北海道、沖縄に大きく差をつけられていることがあげられます。イメージの確立と認知度のアップのためには、九州は一つ201003290039168520.jpgとしてPRすることが、観光客誘致にとって重要な戦略と考えられます。 

 機構は今まで、第1次観光戦略(H17〜19年度)と第2次観光戦略(H20〜22年度)を推進してきました。発足当時は、機構の業務推進について各県の思いに若干の相違があり、微妙な軋轢があったことも事実です。しかし年毎に業務も理解され、これまで機構が九州への観光客誘致に果たしてきた役割は、大きなものがあると思っています。九州に続いて、東北や四国でも同様な組織が設立されましたが、観光振興には広いエリアでの連携が必要であることを示しています。 

 国内旅行P1030819.jpg誘致については、毎年大都市圏で合同の説明会を開催し、プレゼン以外に県別のコーナーを設けて、キャリアやエージェントに対して個別の相談会を実施するなど、より密着したプロモーションを展開しています。エージェントの企画担当者からは、一度に各県の情報が入手でき、又、人脈づくりに役立つと評価の声が寄せられています。個人情報の管理が厳しくなり、エージェントの事務所等への入室が制限され、商談の場所や時間が取りづらくなっており、機構の説明会はこれからもっと充実してほしいものです。
 
又、キャリアやエージェントの商品造成やキャンペーンについても、積極的に支援しており、九州への誘客について効果的な施策と考えています。 

 海外からのP1030823_1.jpg誘致については、九州運輸局と連携したビジットジャパンキャンペーンの取組や各県連携の招聘事業、現地での説明会等を実施し、九州の魅力発信に努めています。外国人の誘致拡大については、今観光庁が最重要課題として取組んでいるテーマです。機構の取組は、韓国、中国、台湾、香港が中心ですが、最近ではタイ、シンガポールからの誘客にも力を入れています。九州の認知度は低いため、九州が一体となってPRし、ゴールデンルートと言われる東名阪のコースから、いかに九州に誘致できるかが大きな課題です。東アジアに近く温泉、火山、世界自然遺産、食など九州特有の観光素材を活かすべきです。特に今後大きな需要が見込める中国については、富裕層をターゲットに、ショッピング、ヘルス、ゴルフなど受入態勢作りが重要であり、九州全体の公共交通事業者間の連携や情報提供が求められています。 

 観光振興にあたっては、人材の育成も大きなテーマです。機構では、九州に関する「シンポジウム」や「観光カリスマ塾」、「観光ボランティア大会」などを開催しています。観光地づくりには、人の存在が欠かせません。機構の実施するセミナーやイベントに参加することで、人材のネットワークも図られます。県内の観光関係者も積極的に、参加していただきたいと思います。 

 鹿児島県から今P1030658.jpgまで3人の職員が機構に派遣され、九州各県及び民間の方々と一緒に九州全体の観光振興に努めてきました。2人の職員は、任期を終え観光交流局に戻り、観光客誘致に関わる業務に携わっており、機構で培われた人脈とノウハウが大いに役立っていると思います。3人目の担当者は、現在海外部門の部長として、外国人の誘致や、現地での説明会、各県の調整等に奮闘しています。皆さんで支援していきたいものです。 

 ところで日本経済は、リーマンショックによる景気低迷や新型インフルエンザによる旅行の手控えなどで観光関連産業は、厳しい環境にさらされていますが、訪日客が急速に回復するなど、明るい兆しも見えています。鹿児島県では来年3月に、九州新幹線が全線開業し、博多から鹿児島中央が1時間20分で結ばれます。九州が縦の大動脈で結ばれますが、横への移動も容易となります。鹿児島へ観光客を誘致するためには、九州各県と連携することが不可欠です。九州各県と競争しながら魅力P1010840.jpgアップを図り、一方では協調してPR効果を高めることが、観光客の誘致につながると思います。 

 
九州観光推進機構の機能を活用して、各県の成功事例を観光施策に活かし、また、鹿児島県内の情報を他県に提供することで、相互の誘客に寄与することこそ今求められているのではないでしょうか。秋には、「第3次九州観光戦略(案)」が策定される予定になっています。 
 
これからも九州観光推進機構との連携を強化し、鹿児島県の観光振興に努力していきたいと考えています。

プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ