鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

「花かごしま2011」の成功を街づくりに生かそう~観光プロデューサーズコラム~

              2011年5月30日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫 英光

グリブー.gif

  九州新幹線全線開業の最大のイベントである第28回全国都市緑化かごしまフェア「花かごしま2011」が、22日に閉幕しました。66日間の会期中に、目標の80万人を上回る約96万人が訪れました。
  このイベントは、都市緑化の意識高揚と、都市緑化に関する知識の普及等を図ることにより、緑豊かな潤いのある都市づくりに寄与することを目的として、建設省(現国土交通省)の提唱により、昭和58年から毎年開催されてきました。次回開催県は、東京都です。
  鹿児島でのメイン会場は吉野公園で、サブ会場が鹿児島ふれあいスポーツランドとなっていましたが、鹿児島市中心市街地のまちなか会場や県内6エリアの協賛会場・回遊拠点など、鹿児島県全域で取組が行なわれました。フェアのテーマは「南からの風にのせて ~よかまち、よか花、よか緑~」で、各地にある県立公園や駅前、商店街、公的施設などにも花壇が設置され、3月12日に全線開業した九州新幹線の話題とともに、花の魅力で鹿児島をPRするチャンスとなったと思います。

  3月11日に発生した東日本大震災の影響で、オープン当初は入場者が 少なく目標達成が危ぶまれましたが、ゴールデンウイークの前半から入場者が急激に増えて、目標を16万人上回る結果となりました。関係者の努力に対し心から感謝の意を表したいと思います。
花かごしま.jpg   今回のイベントは2箇所での分散開催で、しかも中心市街地から離れており、マイカーの駐車場もなく入場者にとっては、極めて不便が強いられることが想定されました。しかし鹿児島中央駅と鹿児島駅からシャトルバス(無料)が運行され、利便性が確保されたことや、駐車場の利用状況や渋滞情報がラジオで随時放送され、安心して会場に行くことができたのではないかと思います。花は、誰もが親しみを持って接することができる植物です。両会場で約900種類、110万株の花と植物が展示されましたが、メイン会場に展示された深紅のバラ「篤姫ローズ」の前で、足を止めてじっくり見学している人を多く見かけました。かごしま絵巻・にっぽん花絵巻・ふるさと絵巻のエリアは、日本各地の自然・歴史・文化が花で表現され、旅で訪れた地域を彷彿させる場所ではなかったかと思わず写真に収めました。また、平日にも多彩なプログラムが実施され、友人はガーデニングの勉強のため 毎週出かけたと語っていました。

桜島.gif   桜島の美しい景観が望める吉野公園の会場は、入場ゲートから一面に敷き詰められた草花が観光客を温かく迎えてくれました。加えて時折噴火する桜島の姿と錦江湾の美しさが、一段と美しく感じられました。
  また、会場内のボランティアガイドさんの親切な案内や、体の不自由な方に対しての対応も心を打たれました。かごしまのおもてなしの心の高さを感じました。多くの入場者が今回のイベントに満足しているのではないかと思います。
  咲き誇る花壇を見ながら、弁当を広げている家族の姿が多く見られました。ところで吉野公園の会場で感じた方は多いと思いますが、チリ箱は置いてありませんでしたが、ゴミくずがほとんど落ちていないことに驚かされました。入場者のほとんどが弁当持参であり、もしゴミ箱があると、弁当の包みや食べ残したものを、捨てて帰る方が多かったと想定されます。ごみの散乱は、花会場の印象をいっぺんに悪くしてしまいます。
  従来から吉野公園は、ゴミ箱の設置はありませんが、今回は当然ゴミ箱ぐらい設置されると思った方も多かったと思います。ゴミ箱が無ければ、 皆さんがゴミをきちんと持ち帰ってくれるという意識の高さは、大きな教訓になったと思います。ゴミの処理だけでも、多くの人手と費用がかかり、分別収集など大変な業務が発生したことを想定すると、今後のイベントに生かすべきことと思います。

  今回の「花かごしま2011」では、県内の多くの人々がこのイベントに参画し、花作りに協力しました。特に各エリアの会場や街角にさまざまな花壇が設置され、観光客だけでなく地域住民も花に対する興味をいっそう抱いたと思います。サブ会場の花は、2500人の方に抽選でプレゼントされました。これから鉢に年中花を植え、イベントの想いをつないで欲しいと思います。また、今後花作りに興味を持つ人が増え、花壇や垣根に花が咲き誇る場所が増えることが期待され、そのことで地域は魅力がアップします。

  長島町では、県道の沿線に160もの花壇が設置され、その日々の管理は地域住民が行っており、地域のコミュニケーションづくりにもつながっています。今後花によるまちづくりを強力に推進することを、町政の柱に置いています。名実ともにフラワーアイランドとして、その魅力が県内外に浸透する日も近いと思います。他の市町村でも、街の沿線に花を植える取組が定着することを期待します。
  今回のイベントで示された花に対する県民の意識の高さを、自然あふれる美しい鹿児島づくりに生かして行きたいものです。

プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ