鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

新幹線の集約列車運行による修学旅行の誘致

2011年8月29日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

 鹿児島県には22年、近畿圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)から43校、中国、四国地域から17校の合計60校が修学旅行で訪れており、学校別では高校が26校、中学校33校、小学校1校となっています。

学生.jpg

 近畿圏からの修学旅行の行先は、高校では、北海道と沖縄、中学校は、関東、沖縄がメインとなっています。大阪府下の公立、私立高校395校で見ると、行先としては北海道が117校、沖縄が76校、その他国内及び海外が188校で、九州方面はわずか14校にとどまっています。
 近畿地区公立中学校1,298校の行先は、東京ディズニーランドを中心とした関東地域が440校、沖縄が350校、信州方面が239校、九州方面が210校、その他59校となっています。

 九州方面では、新幹線で博多駅まできて長崎~佐世保方面がメインのコースとなっています。長崎方面に行く理由としては、新幹線集約列車による一括輸送が定着していることや、運賃・料金の割引があることが大きな要因です。行程としては、長崎市内での平和学習と班別自主行動、ハウステンボスの観光、松浦地区での農漁業体験が組み込まれ、学習、遊び、体験が同一県内で出来ることが行先選択の大きな要因となっています。

列車.jpg

 修学旅行では、いかに一括で目的地まで運ぶことが出来るかを学校から求められます。
 近畿公立中学校では、沖縄方面が飛行機を、関東と九州方面がJRの集約列車、中部方面が往復バス利用となっています。
 集約列車のメリットは、団体専用貸切のため他の一般客と混乗にならないことや、運賃と料金が半額になり、22年度は九州方面へは、中学校が127校利用しています。

 九州新幹線全線開業と東日本大震災による原発事故で、修学旅行の仕向地に変化が起きています。23年度は、当初の122校から、3月11日の東日本大震災の影響で、更に75校が九州方面へ行先を変更しています。24年度もすでに140校が申込みをしており、今後関東方面からの変更があるのではないかと思います。
 23年度は、行先を関東から九州へ変えた学校のうち、60校あまりが長崎に変更しています。今年度は、新幹線直通列車の鹿児島への団体枠が少なかったことや、旅費の範囲内で出来る地域として長崎が選ばれたのではと考えています。

新幹線×2.jpg

 県や各市町村、経済団体、観光連盟等が協力して、鹿児島への直通列車の増発や団体枠拡大に向けて、JR九州、JR西日本に要請しているところであり、25年度から学生の集約列車が実現するのではと期待しているところです。
 集約列車の運行が、行先選択の大きな要因であることは、紛れもない事実です。

DSC_0274.jpg

 今後鹿児島に修学旅行を誘致するためには、エージェントだけではなく担当の先生方に、鹿児島が最適地であることを認識していただくことが重要です。教育関連団体の組織を活用して学校に呼びかけ、招聘事業を実施し、鹿児島の魅力を知る機会を提供していきたいと考えています。
 まずターゲットとしては、関西から以西の中学校が対象となります。先日大阪府下の14校の中学校の校長先生による招聘事業を実施しました。鹿児島を初めて訪れた校長先生もあり、垂水漁港での漁業体験や知覧の平和学習、農家民泊先との懇談、維新ふるさと館等の見学を実施しました。25年度の誘致に向けて努力したいと思います。

知覧の飛行機.jpg

 一方教育旅行の誘致には、学校のニーズに応えるべくメニューづくりが欠かせません。その意味では平和学習は、鹿屋航空基地資料館や知覧の特攻平和記念館で対応でき、桜島の自然、内之浦宇宙観測所での科学、垂水漁港での漁業体験、そして鹿児島市でのまちあるきと歴史の勉強とメニューは豊富です。また、グリーンツーリズムの受入は県下全域に広がっており、今年は約10,000名の農家民泊の予約が入っています。県内全域で受け皿づくりが進んでいるのも他県との違いです。
 鹿児島は、全国屈指の農畜産県で多種の農産物が収穫され、自然の恵みと貴重な体験は生徒達に大きな感動を与えることと確信します。

 修学旅行は、学校が行先を決定すると数年続くのが普通であり、地域全部の学校が行先を変更することも良くあります。新幹線の安定的顧客にもなります。修学旅行の利点は、一度に多くの生徒が動くことです。不況時でも実施され、しかも2年前には決定して取り消しがなく、人員の減少が少なく、受入機関にとっては経営の見通しが立てられるなど安定した顧客といえます。

 一方では修学旅行の実施時期が重なるため、地元でのバスの確保が厳しくなるのも事実です。県バス協会、エージェント、学校、教育委員会などと連携し、スムーズな運行態勢を確立する必要があります。

石橋.jpg

 修学旅行は1887年(明治20年)に始まり、日本の教育課程の中でずっと続いてきた一大行事であり、今後もなくなることはないと思います。子供達の思い出づくりの場として、大切にされる行事であり、温かく迎える環境づくりも重要です。新幹線による集約列車の運行を機に、関西から以西の地域では、行先を変更する学校が増えるのではないでしょうか。鹿児島が目的地に選ばれるよう官民あげてセールスを強化していきたいと思います。

プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ