鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

2014年を果敢に戦い抜こう ~足元を見つめ自ら行動する年に~

2014年1月6日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

開聞岳初日の出.jpg

 明けましておめでとうございます。年末年始は最大で9連休となり、1泊以上の旅行に出かけた人は、過去最高の旅行者数となったのではないでしょうか。近隣の温泉地で正月を過された方も多いのではないですか。


 今年の干支は「午」で、動物にあてはめると馬になります。十二支の7番目、午の刻は、昼の12時およびその前後2時間のことで、そのため昼の12時を「正午」といい、「午前」「午後」という言葉が生まれました。

午2014.jpg

 日本では、初詣や受験前に「絵馬」に願い事を書いて奉納します。神様が乗る神馬を奉納する習わしが、馬の絵を描いて代用する「絵馬」の由来です。 今年は、怒涛の如く走りだす馬にあやかり、年初からスピード感を持って対処していくことが求められます。

 アベノミクス効果等で日本経済は、ゆるやかな回復基調にあり、個人消費も伸びています。また、円安効果でインバウンドが好調で、昨年の12月20日念願の1000万人を達成しました。

和食.jpg

 ところで日本経済は、4月に消費税が8%に上がることから、3月までは駆け込み需要で多くの分野で拡大が望めますが、その後は買い控えなどの動きが顕著となり、レジャー等への支出は減速しかねません。

 また、世界中が1カ月間熱狂する「2014FIFAワールドカップ」が、6月12日から7月13日までブラジルで開催されます。4年に一度のサッカーの祭典には、日本チームも参加することから、その期間中は国内旅行に出かける人が少なくなることが、前回大会でも示されています。

 日本経済が回復傾向にあることから、政府も様々な施策を推進し、消費税アップに伴う経済減速の歯止めに期待しているところです。昨年後半から国内旅行の回復基調が見られるのは明るい話題です。和食がユネスコの世界の無形文化遺産に登録されたことも、日本食の価値を高めています。

 今年の取組について触れたいと思います。まず県民が県内の魅力を知り、県外の方々に自らPRできることが重要であることから、域内観光の販促にも力を注ぎます。 県と観光連盟では次の3つの施策を展開します。
 ①主要観光地域(指宿・霧島・鹿児島)発の広域観光周遊ルートの整備
 ②源泉数全国2位を誇る本県温泉地の優位性を生かした温泉地めぐりルートの整備
 ③鹿児島のNO1の観光素材である桜島の再評価と眺望スポットめぐりルートの整備
  を中心にPRの強化と受入体制の充実も図っていきたいと考えています。  

 県内の話題としては、4月2日から川内港から甑島(里、長浜)へ高速船の運行が開始 されます。JR九州の観光列車を手掛けた水戸岡氏のデザインによるものです。

ナポレオン岩.jpg

 初夏に「ニシノハマカンゾウ」が黄色い花を咲かせると、その後を追うように薄紅色の「カノコユリ」が草原一体に咲き乱れ、甘い香りを漂わせます。テレビドラマ「Drコトー」や、椋鳩十の小説「孤島の野犬」ゆかりの島が脚光を浴びると思います。


 次に「吹上浜砂の祭典」が従来のGW期間中から、5月2日~31日まで会期が延長さ れて開催されます。連休中はバスが渋滞に巻き込まれる懸念があることから、エージェントがツアー企画を渋っていましたが、平日の企画が可能となり、バスツアー等の企画が多くなることが想定され、周辺の観光地、宿泊地は新たな需要が発生します。

薩摩英国留学生渡欧の碑.jpg

 7月20日には薩摩藩英国留学生記念館がオープンします。近代日本の若き原動力とな った薩摩人の偉業を学ぶことができる施設で、教育旅行には最適な施設であり、一日遠足や修学旅行誘致の目玉にしなければなりません。また、留学生にちなんだ飲料やグッズ等の開発も求められます。甑島とセットでコースが組めるのではないでしょうか。

 3月16日は、霧島国立公園が指定80年周年を迎えます。日本で初めての国立公園で あり、様々な誘客対策が計画されています。えびの高原一帯のトレッキングや韓国岳登山、変化した新燃岳の姿等、登山愛好者だけでなく、外国人、霧島温泉の連泊対策としてぜひ PRしていただきたい。周辺の人吉市、えびの市、曽於市、都城市との連携も不可欠です。

 地域の隠れた観光素材の商品化には、エージェントと自治体との連携が欠かせません。着地型観光については、「鹿児島県旅行業協同組合」が「魅旅」のネーミングで商品化に努めており、地域の活性化に寄与しています。今後も積極的な支援体制が地域への交流人口の拡大や人材育成に繫がると考えています。地域は素材を提供し、主要観光地からの誘客を働きかけて欲しい。

種子島ロケット基地.jpg

 離島については、FDAやJACを活用し、オンラインのない空港からのチャーター便を増やし、時間的短縮を図ることで旅費の割高感を払しょくできると思います。また、時間にゆとりのある熟年層には豪華な船旅を、若者には夏の美しい海や大学のゼミのフィールドとして売り込まねばなりません。

 種子島の宇宙基地、屋久島の世界自然遺産、「奄美・琉球」の世界自然遺産を目指す取組等が、離島の魅力を引き出すことになります。

 鹿児島市は、日本を代表する都市型観光の魅力を備えた街で、歴史、自然、温泉に加え、食の魅力が観光客の滞在を可能にしています。県都として県内全域を見据えた観光振興策が重要であり、県内各地域の魅力が増すことが結果として鹿児島市に宿泊することになります。アクセスや大会設備の充実等を活かし、MICEの積極的誘致も不可欠です。

 2015年には「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が、世界文化遺産に正式登録の準備が進められており、そのリストに「近代化産業遺産」の5箇所が入っています。明治維新150周年と文化遺産の価値をセットでPRしなければなりません。

 大都市圏からの若者層を誘客すべく、体験を主とした現地研修を進めてきました。今年は具体的に商品造成し誘客する年です。若者に共感されるパワースポット、貴重な動植物の生態系、ストーリー性のある旅、マリンスポーツなどゼミの教材にも使える情報等の提供が、九州本島最南端の県に向かわせるきっかけになると思います。

スポーツキャンプ6.jpg

 スポーツツーリズムの推進も求められます。スポーツ合宿は「さんふらわあ」の活用で大隅地域が特に増加しています。昨年県内3箇所で、韓国のプロ野球チームが秋季キャンプを張りました。今後はサッカーのキャンプ誘致も必要であり、プロが使用できるサッカー場として整備することで、温暖な気候と宿泊施設の充実がそれを可能にします。

 温泉地指宿は野球場の整備を急ぎ、プロ野球のキャンプ誘致が不可欠です。2020年には、東京オリンピック開催が決定しており、事前キャンプ誘致等もスタートします。

教育旅行(桜島).jpg

 今年も比較的順調に伸びるのが教育旅行です。関西地域から集約臨時列車で6,000人の中学生が訪れます。農業・漁業体験を実施する学校が増加し、知覧の平和学習、桜島や霧島の火山・自然学習、鹿児島市の歴史探訪等が、優位性を発揮しています。県内全域に、約1000軒の農家民泊の供給が広がる中で、「簡易宿所営業」の取得を強力に進めていかねばなりません。

 キャンペーンの中心は、今年も最大のマーケットである関東地域や、身近に来ることができる福岡地区でのPRに努めていくことが得策と考えます。東京線は航空機の供給量が多く、商品企画が容易であり、MICEが誘致しやすいことも上げられます。

外国人の後ろ姿.jpg

 今後日本の人口は確実に減少することから、外国人観光客の誘致は欠かせません。イン バウンドについては上海線の利用促進やソウル線の夏場の搭乗率アップ、台湾線は宮崎線が週3便となり両県で7便体制となり、職場旅行や教育旅行の誘客対策が必要になっています。    

 特に上海線については、上海からの誘客が課題であり、現地エージェントの招聘と企画 商品造成支援、現地でのPR体制の強化が、鹿児島の認知度を高めることになります。またFITが主流となってきており、ブロガー対策や有力メディアの招聘、鹿児島でのWiFiや外国語表記の充実が求められます。ビザ解禁で観光客が急増しているタイ、マレーシア等ASEAN諸国からの誘客態勢の整備も必要です。

異人館.jpg

 WEB販売が急激に伸びる中で、情報化社会に対応できる新たな需要吸収の仕組みづくが必要となっています。楽天やじゃらん等とタイアップし、旬の情報提供が欠かせません。また、インターネットの普及で可視化が進む中、コンプライアンスの向上と迅速・正確な情報提供が求められます。

 今年は土曜日を入れた3連休以上が8回あり、旅行需要を喚起する取組を各機関自ら早目に展開することが必要です。春は、卒業式や入社式等の歓送迎会、GWのファミリー対策、夏は納涼や滞在型企画、秋は熟年旅行や企業のインセンティブ、冬は慰労会や忘・新年企画と早目の季節感あふれる企画が必要です。周辺市町村の祭りや、花、食、伝統行事等を組み込んだ、生活・文化の香りがする商品企画が求められています。

 鹿児島県は南北600キロに及び魅力多彩な観光資源があります。これからは、県民が足元の魅力を知り、住んでいる街を誇りに思うことが「おもてなしの心」につながります。厳しい1年になりますが、スピードをもって果敢に挑戦する気概で取り組まねばなりません。2014年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう心からお祈りいたします。

  新しき 年の初めの 初春の
              今日降る雪の いやしけ吉事(よごと)
                             ~大伴家持~ 万葉集  


2013年を振り返る~地域連携の取組が始まる~

2013年12月24日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

 今年も1週間余りとなりました。日本経済はアベノミクス効果等もあり、少しずつではありますが回復基調にあるのではないでしょうか。日経平均株価が久しぶりに1万5千円を超え、個人消費の拡大が観光業界にも好影響を与えています。また円安効果も寄与して、インバウンドが好調であり外国人の入込客は念願の1000万人に達することが確実視されています。

東京スカイツリー .jpg

 大きな周年行事や大河ドラマの舞台は、日本列島の東がメインとなった年でした。 東京ディズニーランドが開業30周年を迎えて、新しいアトラクションが次々に導入され、1年を通して賑いました。大人から子供まで幅広く人気が定着し、入場者数は、2,000万人を超え過去最高が予想されています。また1昨年オープンした「東京スカイツリー」効果も続き、富士山が「世界文化遺産」に登録されたこともあり、東京周辺の観光地は盛況の1年でした。

   今年のNHKの大河ドラマは「八重の桜」で、戊辰戦争では銃を持って勇敢に戦い、後に同志社大学の創始者新島襄と結婚した「新島八重」が主人公でした。前半は会津若松、後半は京都が舞台となりましたが、関連する地域には多くの観光客が訪れました。あらためて大河ドラマ放映の効果が示されています。東日本大震災で大きな被害を受けた東北地域は、官民挙げての取組が成果を上げ観光客が戻りつつあります。

西郷隆盛銅像2.jpg

 県では官民あげて27年の大河ドラマに誘致に努力しましたが、長州が舞台となる「花燃ゆ」に決定しました。「八重の桜」には西郷隆盛や大山巌等薩摩ゆかりの人物が登場し、幕末における薩摩藩の影響力の強さを感じました。

 「花燃ゆ」は吉田松陰の妹が主人公で、幕末の動乱期の物語ですが、薩長同盟の関係もあり観光面では、プラスになると思います。28年の大河ドラマ誘致に向けて官民挙げての動きがスタートしました。粘り強い誘致活動を展開していきたいと思います。  

 三重県の伊勢神宮では、20年に一度の式年遷宮が開かれ、近年のパワースポットブームが追い風となり、予想をはるかに上回る約1300万人が訪れました。また出雲大社も式年の行事が行われ、周辺の玉造温泉や松江地域の宿泊施設は、連日満員という盛況でした。

 このように日本列島の東に話題が多かった中で、九州新幹線開業3年目を迎えた鹿児島の現状はどうだったでしょうか。宿泊人員でみると、5月から9月までは前年を超え、大きなイベントがない中、頑張っている地域の取組が実績としてあらわれています。宿泊施設では、高額商品の販売が好調となっています。日本食が、ユネスコの世界無形文化遺産に登録され、日本旅館の良さが再認識された年であったと思います。

クルーズトレインななつ星2.jpg

 3月から「おれんじ食堂」が運行し、エージェントの企画や台湾、韓国の観光客に大好評でした。10月からは「ななつ星イン九州」の豪華観光列車も運行され、霧島温泉地域が宿泊地に選ばれ話題となりました。沿線のおもてなしも話題となり、来年の6月出発分までは予約が埋まるほどの人気です。

 2014年4月には、川内港から甑島に高速船が運行予定です。JR九州の観光列車を手掛ける水戸岡悦治さんのデザインによるもので、甑島への来島者が一段と増えるものと思われます。

佐多岬01.jpg

 九州本土最南端の佐多岬への道路が無料化され、また老朽化した施設の撤去などが進み、昨年1年間の1,5倍の観光客が訪れています。(10月末現在)大隅地域は、交通の不便さや宿泊施設が少ないこともあり、旅行商品化やPRが課題となっていました。今年から指宿地域と連携したルートづくりを進めています。

 第一次産業を活用した教育旅行への「民泊」の推進や、「さんふらわあ」を利用したスポーツ合宿が伸びています。「鹿屋航空基地史料館」は、新たな学習先として人気が高まっています。

 霧島地域は新燃岳の噴火が落ち着き、温泉地としての魅力が復活してきました。霧島は「九州オルレ」の認定コースとなり、韓国からのウオーカーも増加しています。ホテルの従業員自ら山に登り、コースを確認するなど地域を学ぶ取組も始まりました。

霧島温泉2.jpg

 南薩地域では、「釜蓋神社」、「番所鼻公園」、「タツノオトシゴハウス」が脚光を浴びています。「茶寿会」を中心に、お茶を観光に活かす取組を始めており、温泉地指宿と連携したさらなる活動が期待されます。枕崎や坊津等を組み込んだ着地型商品の定着がかぎとなります。

 世界で一番美しいロケット基地のある種子島へは、「SSH」(スーパーサイエンスハイスクール)の修学旅行が、「世界自然遺産登録20周年」を迎えた屋久島では、縄文杉登山に加えて新たに里を廻るツアーが商品化され、オフ時期の誘致強化になるのではないかと思います

奄美中央林道.jpg

 奄美群島は本土復帰60周年を迎え、また、「琉球・奄美」が世界自然遺産の暫定リストに記載されました。今後国立公園の指定を経て、2016年の登録に向けて環境整備が進むものと思います。

 着地型観光の推進については、「鹿児島県旅行業協同組合」が「魅旅」のネーミングで各地域の隠れた観光素材を商品化に努めています。今後も積極的な支援体制が地域の活性化と人材育成に繫がると考えています。

 九州新幹線全線開業による時間短縮効果もあり、関西地域から修学旅行専用の集約臨時列車を利用して、5,200人の中学生が訪れました。初めて鹿児島を訪れる学校が多く、農業・漁業体験や知覧での平和学習、鹿児島市内の歴史散策等鹿児島が誇る体験メニューが優位性を発揮しています。また、県内全域に、約1000軒の農家民泊の供給が広がる中で、学校の信頼を得る意味でも「簡易宿所営業」の取得を強力に進めていかねばなりません。

 若者層の誘客を進めるべく「鹿児島カレッジ」を展開し、エージェントの商品化を推進しました。柏木由紀さんをモデルにした鹿児島の観光PRが若者に共感を与え、パワースポット、食、マリンスポーツ等の認知度が高まっており、息の長い情報発信が必要になっています。

教育旅行(農業体験).jpg

 ターゲット先としては、最大のマーケットである首都圏での誘客をさらに強化していくことが得策と考えます。東京線はJAL.ANA,スカイマーク、ソラシドエア等航空機の供給量が多く、商品企画が容易であり、また、修学旅行やインセンティブの仕向地としても選択肢が広がります。

 ところで日本人の国内旅行は成熟しており、大きな伸びは期待できず、加えて日本の人口減少による経済規模縮小は明らかであり、アジアの時代における鹿児島県の将来の発展の基盤づくりとして、地理的優位性を活用した交通ネットワークの拡大が求められており、海外との交流人口の拡大は不可欠です。

上海1.jpg

 上海は大きな経済成長が見込まれる環黄海地域の主要都市の一つです。南に開かれたアジアの玄関口として、上海はその中心に位置し、また、鹿児島県と同緯度にあり、100分程度で行けることからも、益々重要な都市となります。中国東方航空の上海線利用率アップが課題となっています。

 上海での鹿児島の魅力を紹介するメディアの出稿を増やす取組や、上海経由の東アジアへの商品企画の充実等官民挙げての支援が必要であり、相互交流が重要です。

 一方、台湾線については、宮崎便が3便となり、両県でデーリー化され、福岡とも連携した新たなコースの設定が可能となりました。修学旅行や職場旅行など安定的な需要開拓が必要です。

 ソウル線は12月22日から3月2日までデーリー化されますが、ゴルフ客や富裕層を中心に誘客に努め、年間のデーリー化が必要です。秋には韓国のプロ野球3球団が、鹿児島市、日置市、薩摩川内市で1カ月間秋季キャンプを張りました。延約5,000人が宿泊し経済効果は1億円を上回ると想定されます。地理的に近く、温暖な気候をPRしてキャンプ地定着に努めなければなりません。

 香港へは定期便はありませんが、ブロックチャーター等の取組で今年も多くの観光客が訪れました。また、シンガポール、タイ、マレーシア等ASEAN諸国へのアプローチも求められています。

鹿児島県観光サイト「本物。の旅かごしま」トップ画面.jpg

 インターネットやスマホを活用したWEB販売等の急速な進展に伴い、情報発信力の強化を図り、新たな需要層の獲得が不可欠です。県のホームページには毎日約6,000件のアクセスがあります。英語、韓国語、中国語「簡体字、繁体字」の4カ国語の対応も行っており、観光連盟に専門の担当者を配置し、観光地、歴史、アクセス、施設、イベント、食等の情報提供を行っています。また各自治体と連携を強化し、解りやすくシームレスな対応ができるよう改善に努めているところです。

 県のキャラクター「ぐりぶー」の動きも活発になっています。県民にどんどん利用され、国内外での宣伝のチャンスを増やすことが重要です。

尚古集成館1.jpg

 ところで、「明治日本の産業革命遺産 九州・山口その関連地域」が、世界遺産の国内候補地に選ばれ、2年後の世界文化遺産の登録を目指しています。薩摩藩が始めた「集成館事業」は後に日本が飛躍的な近代化を果たす大きな原動力になりました。「日本近代化の原点は鹿児島にあり」と世界の人々に伝えることが、県民としての誇りであり永続的な誘客につながると考えます。

 鹿児島県は南北600キロに及び魅力多彩な観光資源があり、域内観光も推進しなければなりません。観光客は、地域に残る行事、祭り、花、地元の人が食べる食材や居酒屋、田舎流のおもてなし、地域で輝いている人等に魅力を感じます。

 住民が地域の魅力を知りPRできることが、何回も訪れたくなる施設・地域になることにつながります。リピーターを増やすことが何よりも大切です。「観光立県」の確立には、県民一人ひとりの「おもてなし」が不可欠です。

ぐりぶー(イラスト).jpg

 最後に今年も毎週コラムをお届けでき、292回目となりました。叱咤激励をいただき感謝申し上げます。来年の干支は「午」です。怒涛の如く駆け抜ける馬のようにスタートから頑張りたいものです。よいお年をお迎えください。

田舎の自然の魅力にひかれる旅 ~地域資源を活かした広域観光の推進を~

2013年12月16日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

霧島温泉郷(昼).JPG

 鹿児島を代表する宿泊地といえば、霧島、鹿児島、指宿があげられます。平成24年の宿泊人員で見ると全体の64%がこの3地域に泊っています。最近は連泊も増加しており、この3地域を基点に周辺の観光地に足を伸ばしているのではないでしょうか。

 他の地域は観光素材はあるものの宿泊施設が少ないために、昼間の交流人口を増やす努力が必要であり、3地域はそこと連携して宿泊者を創出することが求められています。

 県と観光連盟ではこれまで拠点地域間のルートづくりや特性を活かした観光地づくりに努めてきましたが、主要地域からの複数の広域観光周遊コースの整備が必要になっています。各地域は拠点地域からの誘客を図るため、地域素材の商品化やPR戦略が重要となってきており、観光素材の発掘や人材育成も求められています。

 今回は、霧島発広域観光周遊ルート(北大隅地域)のモニターツアーを実施し、霧島地域のホテル従業員、姶良・伊佐地域振興局、大隅地域振興局、霧島市、曽於市、県、観光連盟から45名の参加者がありました。

大川原峡2.jpg

 今回のモニターツアーの対象となった曽於市の財部地域の魅力について触れたいと思います。財部町はJRの駅が3箇所あり、また鹿児島空港から90分、都城インターチェンジが近くにあり交通アクセスは便利な環境にあります。


 清流の森「大川原峡」は奇岩と清流が織りなす渓谷が2キロにも及びます。水しぶきや冷気が顔を洗い、川面に映る森林を堪能しながら、トレッキングが楽しめます。

 また「全国遊歩百選の森」に認定されている「悠久の森」は、片道3,5キロの川岸をエコガイドさんの説明を受けながら、珍しい植物の生態系にふれることができます。「今後永久に木を伐採せず、子孫に引き継ぐこと」を曽於市では条例で定めています。

 毎年11月には「悠久の森ウオーキング大会」が開催され多くのウオーカーが訪れます。近くの「大川原駅」に特急電車も臨時停車します。

悠久の森4.jpg

 もみじの植栽に力を注いでおり、数年後には1万本を超える森となり、垂水市の「千本いちょう」と並んで、大隅地域の2大紅葉の地になるのではないでしょうか。  今後森の中には、植物の説明書以外の看板は一切なくして、自然の姿を守っていかねばなりません。

 キャンプ場管理事務所から5分の場所に「桐原の滝」があります。水しぶきをあげて流れ落ちる滝は爽快であり、周辺には春は菜の花、夏はひまわり、秋は紅葉、冬は椿の花が咲き、青い水とのコントラストが見事です。CMの撮影場所にも選ばれました。

桐原の滝2.jpg

 車で10分の場所には霧島ジオパークのジオサイトのひとつ「三連轟」や縄文人が住んだ遺跡が残る「溝ノ口洞穴」があります。道路の幅が狭いので、離合や案内標識に注意しなければなりません。 



 少子高齢化が進み疲弊していく地域が多い中で、財部地域には元気な集落「中谷地区」の存在があげられます。宮崎県境にある山林に囲まれた水田地帯にあり、人口300人余りの限界集落ですが、地域ぐるみで地域活性化に取り組んでいます。

ゴッタン体験1.jpg

 これまで知事賞や農林水産大臣賞、「共生・協働のむらづくり表彰」を受賞しています。平成22年7月、地区を記録的な豪雨が襲い、一夜にして多くの農道や道路が泥や流木等で埋め尽くされる大きな被害を受けました。


 しかし地区の団結の強さは災害にも負けず、「中谷地区むらづくり委員会」を中心に、用水路の整備や彼岸花の植栽を行うなど住民一丸となって復興に取り組み、ほぼ元通りの姿となりました。今美しい緑と水に恵まれた中谷地区の村おこしが注目されています。

 そのひとつに「ふるさとを思いやる会ゴッタン倶楽部」の取組があります。ゴッタンは、旧薩摩藩の領域だった鹿児島と宮崎の一部に古くから伝わる民俗楽器で、板三味線や箱三味線とも呼ばれています。

ゴッタン演奏1.jpg

 今回中谷公民館で、倶楽部の皆さんが、ゴッタンの音色を奏でて我々を歓迎してくれました。懇談会ではゴッタンの講習会も開かれ、手取り足とりの指導に参加者は皆さん大感激、踊りまで始まりました。出張も可能ということで宿泊ホテルで演奏する機会をつくっていただければと思います。

 霧島地域の宿泊施設に、ゴッタンの説明書や観光パンフレットを置くのも一つの方策です。ボランティアということですが、交通費や一定の出演料を収受することで、後継者の育成やスキルアップにつながるのではないでしょうか。

関之尾の滝3.jpg

 県境にある「関之尾の滝」には天然記念物の甌穴があり、滝とともに周辺の紅葉も見応えがあります。大川原峡、悠久の森、桐原の滝、三連轟、溝ノ口洞穴と続く、ルートづくりには欠かせない観光地です。


 今回の研修で感じたことは下記の点です。
 今回の参加者は、財部方面は初めての方が大半であり、身近にある観光地を関係者が知らないという現実にふれ、PRや現地研修の大切さをまず感じました。また、国道やJRの駅から大川原峡に至る案内板や渓谷の整備が必要です。散在しているゴミや、飲食施設の撤去を急がねばなりません。

悠久の森0.jpg

 次に悠久の森については、入口からの距離の表示、中間地点に自然にマッチしたトイレの設置、携帯がつながらない為緊急用の電話があれば、安心してウオーキングができるのではないでしょうか。また桐原の滝や溝ノ口洞穴に至る道路は、マイクロバスでも離合が厳しく案内表示が求められます。

 美しい自然が残る「悠久の森」一帯の魅力を県民もほとんど知らないのが実情です。交通手段はレンタカーやマイカーがメインとなりますが、行程や周辺の物産館の紹介も不可欠です。

 最近の観光客は安全・安心の食材を求めて、地域の直売所に立ち寄るケースが多く、顔の見える商品の品揃えが大切です。今回訪ねた「きらら館」はアクセスが便利な場所にあり、さらなる充実が求められます。

 最後に、財部地域は中谷地区をはじめ農業の盛んな地域です。団結の強さをグリーツーリズムに活かし、教育旅行の受け入れ態勢づくりが求められます。地区全体で一つの学校の受入が可能であり、ゴッタンのおもてなしも感動するのではないでしょうか。

 ゴッタンの講習会をしている公民館横のグランドでは、老人たちが大きな声を出しながらグランドゴルフに講じていました。いつまでも元気で明るい地域であってほしいと願って一首。

       里山の柿や紅葉は色づきて
                 ゴッタンの音(ね)に明日を思えり
                                      ~英光~

身近な場所に貴重な観光資源が~かごしまの石橋文化を訪ねる~

2013年12月9日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

 

楓 橋 夜 泊  張継

月 落 烏 啼 霜 満 天
江 風 漁 火 対 愁 眠
姑 蘇 城 外 寒 山 寺
夜 半 鐘 声 到 客 船

 楓橋の近くに泊めた船の中で休んでいたが、チラチラする漁火に照らされた赤いもみじが眼にしみる。寒山寺から真夜中を告げる鐘の音が船まで届いてきた。何ともいえない旅愁をそそる旅人の心を歌にしたものです。

寒山寺2.jpg

 東洋の「ベネチア」と呼ばれる蘇州は、江蘇省の東南部、長江下流のデルタ地帯に位置する江南地方を代表する都市です。蘇州の旧市街から西に約5キロの場所にあるのが、「楓橋夜泊」に歌われている寒山寺です。蘇州は水郷を中心として発展し、いたるところに小さな石橋がかけられていますが、有名なのが江村橋とこの楓橋です。

 上海から1時間半の位置にある蘇州市の寒山寺は、大晦日の除夜の鐘で良く知られており、年末年始多くの日本人が訪れます。また、世界遺産で中国四大名園の一つ「拙政園」やイタリアのピサの斜塔と並び称せられる「虎丘」、冬の味覚「上海蟹」も有名です。鹿児島からの上海便を利用してぜひお気軽にお出かけください。

 ところで中国では隋~唐の時代からアーチ式石橋が独自に発展します。7世紀初め架橋された河北省の安斉橋には、洗練された意匠と高度な技術が使われています。

 また、北京市の南西約15Kmの場所に「盧溝橋」がありますが、マルコポーロが「東方見聞録」の中で「世界中どこを探しても匹敵するものはないほどの見事さ」と書いた橋です。「日中戦争」の発端となった衝突事件が発生した場所で、源頼朝が征夷大将軍に任命された1192年に架橋されています。今では観光地として多くの人が訪れます。

 鹿児島でも江戸時代に造られた石橋を見ることができます。 石橋記念館展示解説書 鹿児島城下と五石橋によると「近世鹿児島の城下町は、鶴丸城を中心に整備され、文政9年(1826年)には人口が約7万2千人達し、名古屋、金沢と並ぶ有数の都市になります。

桜島(石橋記念公園から).jpg

 しかし、西から南へ城下を囲むように流れる甲突川はたびたび氾濫する暴れ川でした。天保9年(1838年)の氾濫を契機に、新上橋から下流の河川工事が行われ、合わせて4つの木橋を石橋に架け替え、さらに玉江橋が新しく架けられます。


 石工は肥後(熊本)から招かれた岩永三五郎で、4キロメートルの区間に5つの長大石橋が架かる城下町が誕生することになったのです。架橋に至る経緯が書かれています。

 その五つの石橋は、創建以来150年余の間、鹿児島市内の街々を結ぶ重要な橋として利用されてきました。しかし平成5年8月6日の集中豪雨で2つの橋(新上橋と武之橋)が流失したことから、残された3つの橋(玉江橋、高麗橋、西田橋)を貴重な文化遺産として後世に残すことになりました。5石橋の歴史や架橋技術を伝える「石橋記念館」が整備され、石橋記念公園として平成12年にオープンしました。

石橋.jpg

 かつて薩摩藩主が参勤交代で通行した西田橋は、石橋記念公園に、また、高麗橋と玉江橋は隣接の祇園之洲公園に移設されました。特に城下の玄関口にあった西田橋は、欄干の擬宝珠や扇状の石積みなど薩摩藩の威厳を示す豪華な橋として造られています。

 NHKの大河ドラマ「篤姫」では、江戸に興入れの際の一行の行列シーンが撮影されました。アーチ越しに眺める桜島の絶景はすばらしく、旅番組や映画のロケもよく行われています。橋の下の「水の流れ」は、水道水が循環されており、子供たちの格好の遊び場として提供されています。一日遠足や家族連れで弁当を広げているシーンを見かけます。

石橋記念公園子供ガイド.jpg

 石橋記念公園では、全国的にめずらしい子供ガイドが活躍しています。授業の合間に勉強を重ね、休日には観光客にガイドを行っており、大好評を博しています。子供の頃から地域の歴史に親しみ、おもてなしの心を習得することは観光鹿児島にとって大変ありがたいことです。

 その努力に対し心から敬意を表したいと思います。資料館も公園も無料開放となっており、皆様もぜひ石橋記念公園を訪れて鹿児島の石橋文化を学び、公園から見る桜島の雄大さを確認してください。

東郷平八郎12.jpg

 石橋記念公園の周辺には多賀山公園、仙巌園、水族館、桜島桟橋、ドルフィンポート等など散策コースとして楽しめるスポットが点在しています。一方では、鹿児島駅を基点に、海岸線等の整備も急がれます。


 また、磯地域の5つの近代化遺産群が、2015年世界文化遺産への正式登録を目指しています。2018年は明治維新150周年の節目の年を迎えます。これからイベントの開催も多くなりますが、身近にあるすばらしい歴史遺産や観光施設を訪ねて、鹿児島の先人たちの偉業とその価値を確かめ、国内外に発信することが求められているのではないでしょうか。

参考:鹿児島県立石橋記念公園 鹿児島県発行

プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ