鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

大島高校のセンバツ出場を祝す~全国に奄美群島の魅力を伝える機会に~

2014年2月3日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光

ヒカン桜.jpg

 鹿児島市内から南約380キロ位置する島が奄美大島です。島ではもう緋寒桜が咲き始め、九州本土より一足早く春の訪れを感じます。昨日の「第6回奄美観光桜マラソン」には、全国から1600人余りの参加者があり、ハイビスカスの花や、コバルトブルーの海に白波が打ち寄せる海岸沿いを、ランナーたちは地元の温かい声援に励まされながら走り抜けていきました。

 奄美群島は昨年12月25日に日本復帰60周年を迎えましたが、その節目を飾るのにふさわしいビッグな朗報が届きました。第86回選抜高校野球大会の21世紀枠として、硬式野球部ができて42年目になる大島高校が選ばれました。鹿児島の離島校としては初めてであり、数々のハンディを乗り越えての出場は全国的に話題になりそうです。昨年は大隅半島から初めて「尚志館高校」が選抜大会に出場し話題となりました。

甲子園球場.jpg

 鹿児島県からは九州代表5校の1校として「神村学園高校」も出場します。21世紀枠の選考基準は「部員不足や恵まれない環境の克服、文武両道の実践、清新の気風あふれたチーム、積極的な地域貢献活動など他の学校の模範となる学校」となっています。

 野球部員は日頃から地域貢献活動にも積極的に参加しています。2010年に奄美大島を襲った豪雨で大きな被害が発生しましたが、部員は復旧活動に尽力し、また近隣の海岸の清掃活動にも参加しています。

 大島高校は、離島というハンディがあり、鹿児島まで来るのに船で約12時間、試合ごとに前泊代、交通費等の経費がかかります。雨で試合が中止になると宿泊代が追加となるなど思いがけない出費も発生します。また、離島ということで練習試合をするにも学校が少なく、実践を積む機会も限られています。

 昭和46年、徳島県の山あいにある小さな公立高校が甲子園初出場ということで話題になりました。その池田高校は昭和49年の大会では、さわやかイレブンの名のごとく11名の部員で闘い、見事に準優勝しています。甲子園での大島高校の活躍が楽しみです。

島唄.jpg

 奄美群島のある首長さんは、試合当日は大島高校の応援席が関西の奄美群島出身者で満員になるでしょうと語ってくれました。関西地域にある奄美群島の郷友会の活動は特に活発であり、各市町村単位で毎年ふるさと会を開いています。島唄や、太鼓や口笛を鳴らしながらの踊りは、奄美の出身者の絆の深さを感じます。その姿が見られるのが待ち遠しく思われます。


 ところで、関西地域への直接の交通機関は、飛行機が奄美空港から大阪空港へ一日一便(定員144席)と、船は神戸・大阪航路が週1便であり、島からの応援団の移動が課題です。試合決定日が間際となるため、鹿児島までの船の定期船と新幹線の利用、チャーター船等の手配が不可欠ですが、関西地域の奄美群島出身者が応援団の中心になるのではないでしょうか。

奄美鶏飯(かごしまを旅する).jpg

 一方離島から初出場ということで、全国的に奄美群島をPRするチャンスです。今、「奄美・琉球」の世界自然遺産登録の準備が進められていますが、甲子園出場を機に、島民が一致団結するチャンスにし奄美群島の魅力を語ることも大切なことです。

2013年の奄美空港の乗降客利用状況によると、総乗降客数は55万6111人となり、前年比2万745人の増加となっています。本土復帰60周年効果も表れていると思いますが、全国的には奄美群島の位置や魅力については、十分知られていないのが実情です。

 甲子園球場では大きな旗やのぼり等での応援は規制されており、奄美群島の位置を印刷した応援のうちわを作り、スタンドで応援するのも一つです。 恒例となっていますが、広島県代表は、必勝と書いた宮島シャモジを持って応援しています。

船の見送り.jpg

 昨年大隅半島から初めて出場した尚志館高校は1回戦を突破しました。大島高校も離島のハンディを乗り越えて、全国の離島の高校の皆さんに元気と勇気を与えて欲しいと思います。また一緒に出場する神村学園は甲子園ではなじみの学校となりました。中学校から学園で学んでいる生徒も多く活躍が期待されます。

 甲子園球場は新幹線の新神戸駅からも、50分の場所にあり鹿児島中央駅から日帰りもできます。今年の春休みは、甲子園球場に出かけて郷土チーム2校を応援しませんか。

   奄美の代表的島唄  「朝花節」より
       ハレーカナー 稀(ま)れ 稀れ 汝(な)きゃ拝(うが)でぃ
       (イチヤヌカラン ナマヌカランヨ)
       神ぬ引き合わせに ハレ 稀れ稀れ 汝きゃ拝でぃ

       「久しぶりにあなた方にお会いできて嬉しいです。
       神様のお引き合わせによって こうしてまたお会いできたのですね。」

プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ