鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

No.425 「第9回かごしま観光人材育成塾」の開催について~明治維新150周年を鹿児島の魅力発信の機会に~

2016年8月29日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光


160829_3.jpg

 甲子園球場での高校生の熱い戦いも終わり、朝夕の涼しさに秋が近いことを感じます。
 えびの高原はススキの穂が色づき始め、出水市の上場高原のコスモスも後1カ月で花を咲かせるのではないでしょうか。
 熊本地震で大きな影響を受けた鹿児島の観光ですが、九州新幹線が通常ダイヤに戻り、利用客の動きも活発になってきました。「九州ふっこう割」や高速道路が安く利用できる「九州観光周遊ドライブパス」の導入もあり、これから九州各地の観光地は賑わいを見せるものと期待が高まります。


 鹿児島市内の「とんかつ」や「ラーメン」の専門店の前には、ガイドブックを持った若者たちが列をなしています。やはり街に観光客の姿があれば、活気が感じられます。
 9月に入ると、筑紫地区連合中学校の修学旅行が始まります。震災対策で市内の「維新ふるさと館」、「いおワールドかごしま水族館」、「平川動物公園」、「黎明館」が無料となり、自由散策で多くの生徒が入場してくれることを期待しています。


 ところで、九州新幹線全線開業から5年が経過して、新幹線は県民にも定着してきています。鹿児島にとって新幹線は大動脈であり、これからも持続的に誘客を図ることが問われています。2年後の2018年は明治維新150周年になります。
 鹿児島県にとって明治維新150周年は、他県よりプライオリティを発揮できる年にしなければなりません。


160829_1.jpg

 ところで、これから鹿児島が観光客誘致をいかに進めるか、取り巻く環境や課題について理解を深めるべく、観光アカデミー事業の一環として、「第9回かごしま観光人材育成塾」を開催します。
 地域づくりや情報発信の手法、世界文化遺産や明治維新150周年に向けての鹿児島の課題、先進地の取組を学ぶことで誘客に繋げる手法が学べるのではないでしょうか。


 講師と講座の内容について簡単に紹介します。

 第1講座は、県観光交流局の米盛観光課長が、「観光かごしまの現状」について講演します。県が取組んでいる事業の現況や今後の課題等についての講座です。熊本地震対策や4年後の東京オリンピック、国体の開催をにらんだ観光戦略の一端が語られるのではと楽しみです。


160829_4.jpg

 第2講座は、株式会社 トラベルジップ代表取締役 大泉敏郎氏です。現在、本県の観光サイト「本物。の旅かごしま」について、ご指導いただいているのが大泉氏です。大泉氏の指導・助言によりホームページへのアクセス回数は飛躍的に伸びています。
 今回は、「観光収入を増やす工夫と新規客&リピート客のバランス」について情報発信、また見たくなるホームページのあり方等について、革新的な提案がなされるものと思います。各自治体で広報や観光宣伝を担っている人には最適な講座と思います。


 第3講座は、沖縄観光コンベンションビューローの目島部長の「沖縄観光の実情や国内観光客の誘客・受入について」先進地としての革新的な取り組みが語られると思います。
 2018年度には「奄美・琉球」として世界自然遺産登録を両県で目指しています。両県の連携強化も求められています。


160829_2.jpg

 第4講座は、県の世界文化遺産総括監の田中完氏が「明治日本の産業革命遺産」の魅力について語ります。登録から1年が経過しましたが、県民にその価値が十分浸透しているとは言えません。観光客誘致にいかに取り組むか、課題について学びたいと思います。


 第5講座は、オフィスフィールドノート代表砂田光紀氏が「明治維新150周年に向けて鹿児島をどうデザインしていくか」と題して講義します。砂田氏は、いちき串木野市の「薩摩藩英国留学生記念館」を総合プロデュースされ、入館者数はすでに10万人を突破しています。明治維新150周年に向けて、夢のある楽しい話が語られるのではないでしょうか。


160829_5.jpg

 第6講座は、昨年の大河ドラマの舞台である萩市から萩市観光協会の岡本専務をお迎えして先進地の取組を語ってもらいます。今、「薩長土肥」連合で明治維新150年に向けて、共同宣伝や相互誘客を進めています。「花燃ゆ」の放映を機会に山口県には多くの観光客が訪れており、誘致の秘策が語られるものと思います。


 第7講座は、維新ふるさと館の特別顧問である福田賢治氏による「維新期の人材育成」についての講義です。薩摩の郷中教育やなぜ多くの偉人が育ったのか、興味ある話が聞けるのではないでしょうか。


160829_6.jpg

 第8講座は、鹿児島県漁業協同組合連合会の代表理事専務の宮内和一郎氏が「"いお・かごしま"魚食普及拡大推進の取組について」と題して、鹿児島の魚の魅力や消費拡大について、観光の視点から参考になる講義がなされるものと思います。


 人材育成塾の講師の方々は豊富な経験を持ち、それに裏打ちされた講義は、皆さんの活動に必ず役立つものと信じます。また、夜学塾は、参加者同志や講師陣とのコミニユケーションの場であり、講座で聞けないより具体的な話が聞けると思います。


160829_7.jpg

 地域づくり・観光地づくりには、まず人材の育成が重要と考えています。今まで人材育成塾を受講した方の多くが、地域活性化に努力していることは、鹿児島の観光にとって大きな財産となっています。
 地域資源を磨きストーリーを加えて旅行商品化し、どのような手段で情報を発信し、誘客に繋げることができるかが今問われています。
 全国的にDMO(Destination Marketing/Management Organization)設立の動きが活発になってきました。地方創生を担う人材が育って欲しいと願っています。


160829_8.jpg

 海外航空路線が増便され外国人が急増し、また、クルーズ船も過去最高となり急がれる受入態勢等の整備、熊本地震の影響で他方面に移った修学旅行の再誘致等、転換期を迎えている鹿児島の観光です。この講座が人材育成とさらなる地域活性化につながることを期待し、多くのことを学ぶ機会になることを期待します。



           親は子を 育ててきたと 言うけれど
           勝手に赤い畑のトマト

                        ~俵万智~


プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ