鹿児島県観光サイト かごしまの旅

    • 学校・法人の方へ
    • 観光

トップページ > プロデューサーズコラム

No.446 ご夫婦旅行のおすすめ~旅行の同伴者に選ばれるために~

2017年1月30日
鹿児島県観光プロデューサー 奈良迫英光


          家にして 見れど飽かぬを 草枕
          旅にも妻と あるが羨(とも)しさ
                       娘子~万葉集~


170130_1.jpg

 2018年NHK大河ドラマは『西郷どん』に決定し、県内各地域で受入体制づくりがスタートしています。林真理子と中園ミホの女性コンビで描かれる西郷隆盛像が、今から楽しみです。また、彼を支えた愛加那さんやイトさんの役を誰が演じるのか、興味津々ではないでしょうか。


170130_2.jpg

 2008年の大河ドラマは、江戸幕府第13代征夷大将軍の徳川家定に嫁いだ「篤姫」の波乱の人生を描いた物語でした。年間視聴率は、24.5%で、30.5%を獲得した1996年の「秀吉」以来の人気を集め、また、鹿児島地区での最終回視聴率も43.1%と、地元での関心の高さがうかがえました。小松帯刀という新しいヒーローも誕生しました。
 ちなみに、2016年人気を博した「真田丸」の全50回の期間平均視聴率は、関東地区で16.6%、関西地区で15.9%でした。


170130_10.jpg

 ところで、『篤姫』は、その放映効果もあり、薩摩の歴史に興味を持ち、偉人を育んだ郷土を誇りに思う人が増え、鹿児島県民に元気をもたらしたドラマでもありました。 これほどまでに支持を得た要因は、主人公のひたむきな生き方が、多くの女性の支持を得たことがあげられます。
 また日本人が忘れかけていた「家族愛」が描かれており、テレビの前で談笑しながら見ていた家庭が多く、ホームドラマ風の演出とあわせて、解りやすいストーリーが高視聴率につながったと思います。
 やはり女性がブームをつくったといっても過言ではありません。


170130_6.jpg

 ところで研修会に講師として呼ばれる機会が多いので、中高年の方が参加している会合では必ず質問することがあります。「退職後に誰(妻または夫、子供、友人)と旅行したいですか」と。男性の7割程度は妻と行きたいと手を挙げ、女性は子供(娘)、友人と続き、夫との旅行を希望するのは3割もいません。


 男性が妻への依存度が高いのに、女性の方が意外と夫との旅行を敬遠する傾向があります。理由を聞くと「旅先でもいつもの通り朝早く起きてお茶を催促し、昼間のショッピングの時間も退屈そうにしている。夫と旅行に行っても楽しくない。」等の答えが返ってきます。やはり非日常性を求める妻との認識のずれが、男性にはあるように感じます。


170130_3.jpg

 観光業界で定期的に消費者の意識調査をしていますが、55歳を過ぎる頃になると旅行の同行者に夫は妻を、妻は友人達を選ぶ傾向がでています。
旅行先の決定にあたっては女性が主導権を握っています。


170130_5.jpg

 ある女性情報誌の調査によると、妻が夫の定年後に困ることとして、「自分の生活のリズムが狂う」、「趣味やショッピングの自由がきかなくなる」、「友人との付き合いが減ってしまう」などの不満をあげています。
 夫に望むことは、身の回り(炊事洗濯、片付け等)のことは自分で行うこと、外で友人たちと楽しむ趣味(ゴルフ、囲碁、カラオケ、農作業、山登り等)を持つこと、社会参加すること(奉仕作業、ボランティアガイド等)などをあげています。


 現職時代と変わらず家庭にいる時間をできるだけ少なくすることを望んでいます。男性は長年にわたって企業戦士として粉骨砕身働き、退職後はゆっくりしたいと思っている方が多いと思いますが、現実はなかなか厳しい要求が突きつけられています。


170130_8.jpg

 年を重ねると男性は家にこもり、妻を頼りがちになります。逆に女性は子育てから解放されて、自分の要望を満たすために積極的な行動に出ることが多く、趣味や友人との交流を増やしていきます。
 妻が出かけると「どこに行くのか、俺の昼飯はどうなっているのか、何時ごろ帰るのか」と愚痴をこぼす夫が多いと聞きます。男としてやはりこの言葉を吐くことは避けたいですね。


170130_4.jpg

 ところで日本の平均寿命は、男女とも80歳を越え世界有数の長寿国となりました。定年後も20年以上あります。夫婦それぞれが趣味や友人を持ち、家庭以外での楽しみを持ち続けることも大切と思います。
 また長年の人生経験を生かし、ボランティア活動に積極的に参加し、地域貢献や生き甲斐づくりにもつなげたいものです。


170130_7.jpg

 好奇心旺盛な方には一人旅もお勧めします。今女性の一人参加のツアーが好評です。日本は少子高齢化社会が進み、年金問題や介護保険など行先不透明感がぬぐえません。
 健康寿命を延ばすには、元気な生活が支えとなります。四季折々の季節感が感じられる美しい日本各地を旅してはいかがですか。


 たまには、奥様から「来月二人で北海道旅行に行こうか」と誘われるようになるには、日頃からの信頼関係構築が大切です。
 何事も妻頼みではなく自立できる男でありたいものです。


プロフィール

古木 圭介プロデューサー
鹿児島県
観光プロデューサー
古木 圭介
(平成29年4月より就任)
詳しいプロフィールはこちら

月別アーカイブ