特急「はやとの風」

鹿児島ならではの海山絶景、レトロ駅、名物駅弁が楽しめる
地域の風土や車窓の景色をより満喫でき、乗ること自体がイベントになるJR九州のD&S(デザイン&ストーリー)列車の数々。鹿児島中央駅から名湯・霧島温泉を経て、湧水の町・吉松駅へと走る特急「はやとの風」もそのひとつです。桜島が浮かぶ錦江湾や緑豊かな霧島高原など、鹿児島特有の風景をはじめ、明治の雰囲気を残す木造駅舎の見学やご当地駅弁など、お楽しみも満載。霧島温泉とセットで楽しみたい特急「はやとの風」での列車旅を紹介します。
鹿児島中央駅~吉松駅間を往復する特急「はやとの風」。そのボディカラーは、勇壮な薩摩隼人の鎧姿をイメージしたロイヤルブラック。漆黒の地に記されたゴールドの文字から、薩摩隼人の気品も感じられます。その外見とは違い、車内は壁や床、荷物棚に至るまで木がふんだんに使われ、実に温かな雰囲気。シートもゆったりサイズで、2列席のほか、グループで楽しめるテーブル付きのボックスシート、さらに各車両の中央には天井から足元まで、広い窓を設けた展望スペースも用意されています。この広い窓にどのようなシーンが映し出されるのでしょうか、さっそく見ていきましょう。

鹿児島中央駅を出発、鹿児島市街地を抜けて鹿児島駅を過ぎると、進行方向の右手に桜島が見えはじめます。きらめく錦江湾が現れるのと同時に、桜島の全容がフルオープンに。しばらくすると「左に見えますのが島津家別邸の仙巌園(せんがんえん)でございます」という車内アナウンスが流れ、緑あふれる大庭園前をゆっくりと通過していきます。錦江湾沿いを軽やかに走る特急「はやとの風」。隼人駅を過ぎたあたりから徐々に北へ進路を変えると、車窓も海からのどかな田園、そして深い山間シーンへと移り変わっていきます。出発から約1時間、1903年開業の姿を今に残す鹿児島最古の木造駅舎・嘉例川(かれいがわ)駅に到着です。
個性あるいくつかの駅では、数分間の停車時間を設けています。この嘉例川駅もそのひとつ。時間の許す限り、築110年以上の木造駅舎をゆっくり見学しましょう。土日祝に限り、この歴史ある駅をイメージした手作り駅弁「百年の旅物語 かれい川」も販売されます。原木椎茸とタケノコの炊き込みご飯にさつま芋の天ぷら、なすとカボチャのみそ田楽など、地元食材を使った“山のおかず”が満載!数量限定、売り切れ御免の人気弁当です。乗車2日前までに予約すれば特急「はやとの風」の車内販売で購入することもできますので、事前にJR九州のみどりの窓口、旅行の窓口にお問い合わせを。
嘉例川駅を出発して約10分で「霧島温泉」駅に到着。ホームは歓迎ムードでいっぱいです。霧島温泉に行かれる方はこちらで下車し、以下のスポットにもぜひお立ち寄りを。

※このまま列車旅を続けると、霧島温泉駅から大隅横川(おおすみよこがわ)駅を経て約16分、終点となる吉松駅に到着します。日本三大車窓が楽しめる特急「いさぶろう・しんぺい号」の発着駅なので、時間によっては2つの特急の2ショット写真が撮れるかも!
豊かな自然の中、霧島山麓の湧水とさつま芋をはじめとする独自の飼料を与え、ゆったり育てられる霧島高原黒豚。その赤身の旨みと柔らかさ、白身(脂)の甘さとジューシーさは、県産黒豚の中でもトップクラスの肉質と評判です。「黒豚の館」はこの霧島高原黒豚の専門店。人気は厚さ約2㎝の黒豚ロースかつ定食(霧島高原黒豚のとん汁付き)。さらにロース、ヒレ、黒豚の薄切り肉をミルフィーユ状に重ねて揚げた“しゃぶかつ”が1度に味わえる黒豚三味(ざんみ)かつ定食もおすすめです。

産直レストラン 黒豚の館
電話/0995-57-0713 住所/鹿児島県霧島市永水4962 
営業時間/11:00~15:00、17:00~20:00 定休日/水曜(祝日の場合は翌日) 
アクセス/霧島温泉駅から車で約25分、霧島神宮駅から車で約7分
野趣あふれる広い露天風呂で白濁の硫黄泉が楽しめる温泉宿。源泉から採取した湯の花で作られる天然の温泉泥パックが人気です。顔や全身、さらに髪にも温泉泥を薄く塗って乾燥させた後、温かな硫黄泉できれいに洗い流せば、お肌つるつる、髪もしっとりなめらか。売店で販売されている天然の温泉泥を配合したオリジナル石鹸「さくらさくらクレイソープ」はお土産に最適です。
天孫降臨神話の主役であり、日本を治めるべく地上に降臨したニニギノミコトを祀る霧島神社。創建は6世紀ですが、霧島山の噴火により焼失、再建を繰り返し、500年以上前に現在の地へ移転しました。豊かな森を背にシンメトリックに建つ朱塗りの社殿は、1715年に第4代薩摩藩主である島津吉貴が建築、寄進したものだそう。さらに注目は社殿前にあるご神木。樹齢約800年、高さ35mの巨大な杉の木で、南九州一帯の杉の祖先ともいわれています。
行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約