関吉の疎水溝

集成館事業の動力! 水の取水施設

前へ 次へ
関吉の疎水溝は、江戸初期に農業用水のために建設。そして1722年、島津吉貴が仙巖園へ水を供給するために磯地区まで延長します。集成館では高炉や鑽開台の動力源として水車を使用していましたが、磯地区には大きな川がないため、島津斉彬は関吉の疎水溝の改修や整備を実施。取水口では川幅の狭い場所を利用し、江戸の土木技術により水位をかさ上げして水路に水を引き込みました。現地には今も当時の職人が岩盤を加工した痕跡などが残っています。現在の取水口は、幕末の取水口が大正時代の大洪水で流されたため上流部に移設したものです。
文化財指定 国指定史跡
住所 鹿児島県鹿児島市下田町 MAP
電話番号 099-227-1940  (鹿児島市教育委員会) Phone
アクセス ・鹿児島中央駅から車で約30分。
・鹿児島中央駅から本城線・緑ヶ丘団地線・伊敷団地線にて約30分。関吉の疎水溝入口バス停下車徒歩約8分。
駐車場 有り
建築年代 嘉永5年(1852)
土地所有者・管理者 鹿児島市
標柱・説明版 説明板有り
地表遺構の有無 江戸時代,大正時代の取水口,水天碑,改修碑が残っています。
見学の際の留意事項 世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産です。
大正時代の取水口は非公開となっています。
見学の際は足下に十分注意してください。
乗用車は,せきよしの物産館(10台)と稲音館敷地を活用した駐車場(5台)に駐車できます。
大型バスの専用駐車場を利用する際は,事前に鹿児島市教育委員会に予約が必要です。取水口付近は通路が狭いため,川に転落しないよう十分気をつけて見学してください。
4月~11月の間は,土日にボランティアガイドが配置されています。 
近くにバス停「関吉の疎水溝入口」が整備されており,鹿児島中央駅から南国交通のバスを利用できます。
HP Web
関連リンク 「明治日本の産業革命遺産」世界遺産協議会HP

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約