新波止砲台跡

島津斉彬が建設 鹿児島城下の主力砲台

前へ 次へ
鹿児島城下の防衛のために設置された主力砲台。島津斉彬が、1846年頃に建設されていた防波堤を改築し、凝灰岩の切石によって砲台を建設しました。薩英戦争時には、国内最大級の150ポンドボンカノン砲をはじめとする11門の大砲を配備。イギリス艦隊と交戦します。イギリス側の記録には、新波止砲台から発射された砲弾が、旗艦ユーリアス号に命中し、ジョスリン艦長らが戦死したと記されています。1872年、一丁場台場が新波止砲台の南、約87mの地点に築かれましたが、1904年の継ぎ足し工事によって現在は2つの堤防がひとつに繋がっています。
文化財指定 国指定重要文化財
住所 鹿児島県鹿児島市本港新町 MAP
アクセス 鹿児島市営バス,かごしま市営バスシティービュー「かごしま水族館」
駐車場 【県営駐車場】(第1駐車場から第3駐車場)
普通車 1時間まで無料(以後1時間毎に200円)
大型車 1時間まで無料(以後1時間毎に630円)
【ドルフィンポート駐車場】
30分まで無料(以後30分毎に100円)
建築年代 安政元年(1854)
土地所有者・管理者 鹿児島市
標柱・説明版 標柱,説明板有り
地表遺構の有無 砲台跡に関係すると思われる石垣が残っています。新波止砲台は安政元年(1854)に石造りの波止場(新波止)を改造したものです。明治5年(1872)頃に、防波堤「一丁台場」が築かれ、明治37年(1904)にその間をつなぐ「遮断防波堤」が、鹿児島県による修築事業によって竣工しました。現在は、港湾整備事業に伴う海側の埋め立てにより、防波堤としての役割を終え、水路に面した護岸となっています。
関連リンク 明治維新とかごしまみて歩きHP

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約