烏島砲台跡

大正溶岩で桜島と 地続きになった砲台

前へ 次へ
1863年の薩英戦争のときには、3門の大砲が配備され、撤退するイギリス艦隊と交戦します。もともと烏島は鹿児島湾沖にある島でしたが、大正3年の桜島大噴火の溶岩によって埋まり、桜島と地続きになりました。現在は展望所になっています。
住所 鹿児島県鹿児島市桜島横山町 MAP
アクセス 桜島港から車で3分
駐車場 有り(烏島展望所)
建築年代 嘉永3年(1850)
土地所有者・管理者 鹿児島市
標柱・説明版 説明板有り
地表遺構の有無 幕末、烏島は桜島沖に浮かぶ小島でしたが、大正3年(1914)の桜島の大噴火によって流れ出した溶岩で埋まってしまいました。
関連リンク 維新のふるさと鹿児島市HP

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約