蘭館山

白糖製造工場を建設した アイルランド人技師らの宿舎跡

前へ 次へ
白糖製造工場の建設に関わったアイルランド人建築技師のトーマス・ウォートルスと、白糖製造技師のマッキンタイラーの宿舎跡。宿舎は白ペンキ塗りの洋館で、白糖工場や名瀬湾を一望できる山頂に建設されました。洋館は島の人から「蘭館」と呼ばれ、この山は「らんかん山」と称されるように。その後、ウォートルスは明治政府に雇用されて東京・銀座の煉瓦街や、大阪造幣寮等の設計を行い、日本近代建築を牽引する人物となります。白糖工場はウォートルスが建設した近代建築の第1号で、ウォートルスとシマの恋人・マシュの別れを唄ったとされる島唄も残っています。
住所 鹿児島県奄美市名瀬町金久 MAP
電話番号 0997-54-1210  (奄美市文化財課) Phone
アクセス 奄美市役所から徒歩15分
駐車場 無し
建築年代 慶応年間

おそらく1865
標柱・説明版
地表遺構の有無 遺構はなく,付近は公園になっています。

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約