根占砲台跡

鹿児島湾の防衛のために設置 辺田海岸の砲台跡

前へ 次へ
設置当時は、鹿児島湾の防衛のために設置されたものの、大砲1門を備えるのみの小規模な砲台でした。しかし、1862年の生麦事件後、イギリス艦隊に備えて拡幅工事が行われ、現在の姿となりました。敵の砲撃から兵士や大砲を守る胸壁、火薬を保管する煙硝倉が建設されましたが、実際にイギリス艦隊との交戦はありませんでした。胸壁は長さ約50m、高さ約2mあり、海岸の花崗岩を積んでつくられていて、弾丸が発射される砲門部分が2カ所残っています。発掘調査によって、大砲を据えた砲座の痕跡が確認されています。
文化財指定 南大隅町指定史跡
住所 鹿児島県南大隅町根占 MAP
電話番号 0994-24-3164  (南大隅町教育委員会) Phone
アクセス 南大隅町役場から車で約10分
駐車場 有り(台場公園駐車場)
建築年代 弘化4年(1847)
土地所有者・管理者 南大隅町
標柱・説明版 標柱,説明板あり
地表遺構の有無 胸壁石垣が現存しており、復元大砲と説明板が設置されています。オープンカットされた砲門が2箇所残っています。
駐車場から台場跡までの眺めがよく、開聞岳を見ることができます。

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約