明治維新のふるさとを訪ねる旅

明治前夜の激動の時代を駆け抜けた薩摩藩士の軌跡を訪ねる1泊2日の旅。

鹿児島中央駅からシティービューに乗車

1. 鹿児島中央駅

薩摩藩英国留学生の銅像「若き薩摩の群像」がある鹿児島中央駅。鹿児島市内の観光スポットを循環している周遊バス「カゴシマシティービュー」の発着所となっていますので、ここから周遊バスを利用して観光します。1日乗車券は鹿児島中央駅総合観光案内所、カゴシマシティビュー車内等で購入できます。

シティビューで約2分(徒歩約12分)

2. 維新ふるさと館

甲突川河畔にある維新ふるさと館は、幕末から明治維新に活躍した西郷隆盛や大久保利通などの生誕地であり、「維新のふるさと」とも言える加治屋町に位置しています。近代日本の原動力となった鹿児島の歴史や先人たちの偉業などを、映像・ジオラマ(模型)・ロボットなどハイテク技術を使った多彩な展示・演出によって、楽しく分かりやすく紹介しています。

シティビューで約10分

3. 西郷隆盛銅像

江戸城無血開城や明治新政府樹立など明治維新に最大の功績を残した「西郷どん」ですが、征韓論に敗れ下野。 その後、西南戦争で新政府軍と戦い敗北し、この城山の地で自刀しました。 没後50年祭記念として鹿児島市出身の彫刻家で渋谷の「忠犬ハチ公」の制作者・安藤照が8年をかけ製作し、昭和12年(1937年)5月23日に銅像が完成しました。

徒歩約3分

4. 鹿児島県歴史資料センター 黎明館

薩摩藩の居城鶴丸城の本丸跡に建てられた県の歴史資料センターです。鹿児島の歴史民俗や文化遺産に関する展示・研究が行われており、貴重な文化遺産が15万5千点も収蔵されています。約3千点の展示品の中で、特に幕末維新の黎明期の資料が充実しています。

カゴシマシティビュー「薩摩義士碑前」バス停乗車、約2分

5. 西郷隆盛洞窟

明治10(1877)年2月、鹿児島城下を出発した薩軍ですが、九州各地で転戦したのち、8月に解散。その後西郷隆盛の一行は九州の山間地を越えて鹿児島を目指し、9月1日、再び城下に戻り、城山に立て籠もりました。西郷が最後の五日間を過ごしたのがこの洞窟と伝えられています。

カゴシマシティビューで約2分

6. 城山公園(展望台・自然遊歩道)

桜島や鹿児島市街地を一望できるのが魅力の城山展望台の歴史は古く、大正天皇が皇太子の時代、市街地を御観覧される際に設置されたのがはじまりとされます。天気の良い日には、霧島連山や指宿の開聞岳も望むことができます。

カゴシマシティビューで約7分

7. 西郷南洲顕彰館・南洲墓地

西郷南洲顕彰館は、1977年、西郷隆盛没後100年を記念して建設されました。西郷の生涯・思想・業績などをわかりやすく紹介したジオラマやビデオをはじめ、西郷の衣服や西南戦争に関する資料などを展示しています。 また、西郷を祭った南洲神社や、西南戦争で戦死した2千人以上の人々が埋葬されている南洲墓地が隣接しています。南洲墓地は1955年1月14日に鹿児島県指定史跡に登録されています。

カゴシマシティビューで約6分

8. 名勝 仙巌園

万治元年(1658)に19代島津光久によって築かれた島津家の別邸です。28代島津斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景観を楽しむことができます。およそ1万5千坪の広大な庭園には、四季折々の花々が咲き誇り、島津家の歴史を伝える史跡が数多く残されています。
また、2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として園一帯が世界文化遺産に登録されました。
園内には、鹿児島の郷土料理が味わえるレストランや、特産品を取り揃えた売店があり、幅広い年代の方々にお楽しみいただけます。
大名家ならではの様々な催しも魅力のひとつです。

徒歩すぐ

9. 尚古集成館

1863年の薩英戦争で、薩摩藩は西洋の強力な軍事力を目の当たりにし、西洋の進んだ技術を積極的に取り入れようと考えるようになりました。 斉彬が築いた集成館は薩英戦争で焼失しましたが、島津忠義によって復興が進められ、1865年に再建されました。

現在は博物館になっており、日本人が撮影した現存する最古の銀板写真(複製)や、薩摩切子などの伝統工芸品、工場として稼働していた当時の機械など、約1万点を収蔵・展示しています。

※平成27年7月5日に世界遺産一覧表に記載されることが決定した「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつです。

カゴシマシティビューで「天文館」まで約10分、または「中央駅」まで約23分

10. 鹿児島市内のホテルにチェックイン

夜は天文館・中央駅のグルメを堪能♪ ご宿泊予約は「旅の予約」からも行えます。

レンタカーを借りて、車で約30分

11. 歴史国道 白銀坂

白銀坂は薩摩藩の主要街道として鹿児島城下から熊本へ抜ける薩摩街道「大口筋」上の難所として多くの人に知られていました。現在約2.7キロの道のりが残っており、高低差は300メートル以上あります。中腹には「七曲り」といわれる急勾配の箇所に石畳が敷かれ、今でも昔の面影を残しています。歴史上重要な街道として歴史国道にも指定されています。

車で約20分

12. 龍門司坂

明治10年(1877年)の西南の役の際は、西郷隆盛率いる薩軍がこの坂道を通って熊本へ向かいました。平成8年に文化庁より「歴史の道百選」に選定されました。大河ドラマ「篤姫」のロケ地としても有名です。近くには龍門滝もあります。加治木名物「加治木まんじゅう」もおすすめです。

車で約30分

13. 犬飼滝

かつて和気清麻呂がここで遊び、明治維新の立役者「坂本龍馬」も眺めたという由緒のある滝です。滝の近くまで遊歩道が開かれ、近くには清麻呂ゆかりの和気神社、和気の湯もあります。古き時代に思いを馳せながら、深い緑の中を散策するには最適の場所だと言えます。

車で約30分

14. 霧島神宮

建国神話の主人公である瓊々杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮は、創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。 最初は高千穂峰と火常峰の間にある背門丘に建てられたといいますが、霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返し、約500年前に現在の場所に移されました。現在の社殿は島津氏第21代当主(第4代薩摩藩主)島津吉貴が、1715年に建立・寄進したものです。

車で約20分

15. 霧島温泉郷(丸尾周辺)

龍馬とお龍は湯治中だった小松帯刀の見舞いに訪れています。大小8つの温泉からなる霧島温泉郷は、泉質もさることながら、足湯や立ち寄り湯もあります。

車で約30分

16. 西郷公園

人物像としては日本一の大きさの西郷隆盛像が迫力のある西郷公園。無料で入れる公園は薩摩藩の別邸を彷彿とさせる門構えで、庭園や噴水を配した石畳の広場があります。西郷隆盛像は高さ10.5メートル、重さ30トン、台座の高さ5メートルです。(古賀忠雄作)

鹿児島空港まで車で3分、または鹿児島中央駅まで車で約40分

このページを見た人はこちらもチェックしています。

鹿児島中央駅

閉じる 詳しくはこちら

維新ふるさと館

閉じる 詳しくはこちら

西郷隆盛銅像

閉じる 詳しくはこちら

鹿児島県歴史資料センター 黎明館

閉じる 詳しくはこちら

西郷隆盛洞窟

閉じる 詳しくはこちら

城山公園(展望台・自然遊歩道)

閉じる 詳しくはこちら

西郷南洲顕彰館・南洲墓地

閉じる 詳しくはこちら

名勝 仙巌園

閉じる 詳しくはこちら

尚古集成館

閉じる 詳しくはこちら

鹿児島市内のホテルにチェックイン

閉じる 詳しくはこちら

歴史国道 白銀坂

閉じる 詳しくはこちら

龍門司坂

閉じる 詳しくはこちら

犬飼滝

閉じる 詳しくはこちら

霧島神宮

閉じる 詳しくはこちら

霧島温泉郷(丸尾周辺)

閉じる 詳しくはこちら

西郷公園

閉じる 詳しくはこちら

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約