俊寛堂

前へ 次へ
治承元年(1177年)、京都・鹿谷でめぐらした俊寛の平家討伐の陰謀が漏れ、藤原成経、平康頼らとともに流されてきたのが鬼界ヶ島と呼ばれた硫黄島です。成経と康頼は後に許され、島を去ってゆきましたが、俊寛だけは平清盛の怒りが解けず一人取り残されました。そして長浜川の上流に粗末な庵を結び、ひとり住んでいましたが2年後の1179年、失意のうちに37歳で亡くなりました。 島の人たちはその生涯を哀れみ、俊寛が行き来した川原に墓を建て、のちに彼の住まいの跡に墓を移転し、俊寛堂として祀ってきました。今もお盆には俊寛を弔う送り火が焚かれます。

※詳細はお問い合わせください
※三島村へお越しの際は、必ずこちらをご確認ください
住所 鹿児島県鹿児島郡三島村大字硫黄島 MAP
電話番号 09913-2-2101  (三島村硫黄島出張所) Phone
FAX番号 09913-2-2101
交通アクセス [車]
・硫黄島港から約10分
駐車場 お問い合わせください
HP 関連リンクを見るWeb
関連リンク 「俊寛流刑の地、鬼界ヶ島伝説」が残る三島村硫黄島

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約