ウィルソン株

前へ 次へ
400年ほど前、島津藩政時代に伐採された切り株といわれています。中は大きな空洞になっており、清らかな泉が湧きだし、小さな流れをつくっています。根際には三本の小杉が育っており、巨木が伐採されたあとに次世代の杉が育つ「切り株更新」の模様を呈しています。大正時代に屋久杉を調査し、この大株を世に広く紹介したアメリカの植物学者、ウィルソン博士にちなんでこの名が付けられました。巨大な木を育む森の力と、その森を利用して暮らしてきた人々の姿がかいま見えるような気がします。

※近年、縄文杉登山者がたいへん増加し、山岳部では様々な問題が起きています。 環境負荷の軽減と混雑緩和のため、縄文杉登山の主要ルート(荒川線)への一般車両乗入れを、下記の期間、終日規制をしております。 皆様のご協力をお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。

【規制期間】毎年3月1日~11月30日

【車両乗り入れ規制についてのお問い合わせ先】
屋久島山岳部車両運行対策協議会
〒891-4311 熊毛郡屋久島町安房187-1 屋久島町役場安房支所内
専用TEL&FAX:0997-46-3317
住所 鹿児島県熊毛郡屋久島町 MAP
電話番号 0997-43-5900  (屋久島町観光まちづくり課) Phone
駐車場 無し
料金 荒川登山バス券(3/1~11/30)
・中学生以上 片道 1,690円
 (乗車料金690円+山岳部環境保全協力金1,000円)
・小学生 片道 350円
 (乗車料金350円)
HP 関連リンクを見るWeb

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約