竹田神社といにしへの道(日新公いろは歌歌碑)

前へ 次へ
かつて三州統一の道を切り開いた島津氏中興の英主、島津(忠良)日新公を祀っている神社です。昔はここに日新寺がありましたが、明治2年に廃止され翌年その跡地に建立されました。境内周辺には、日新公が人生について詠まれた訓話の「いろは歌」47首(「いにしへの道を聞きても唱へてもわが行ひにせずばかひなし」)が彫り込まれた石碑が建ち並び、200メートルに及ぶいぬまき大木の並木道「いにしへの道」があります。このほか、日新公の墓や多くの史跡が点在しており、毎年7月23日には竹田神社夏祭りが開催され、県指定無形文化財の「士踊り(さむらいおどり)」「からくり人形」が奉納されています。周辺の麓地区には武家屋敷の雰囲気を残す家並みが続き、今もなお「いにしへ」の心が息づいています。
住所 鹿児島県南さつま市加世田武田17933番地 MAP
電話番号 0993-52-2841 Phone
駐車場 30台
営業期間 通年
休日 無休

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約