永野金山跡(胡麻目坑口跡)

前へ 次へ
寛永17年(1640年)に発見された永野金山は、昭和28年の閉山に至るまで多くの金銀を産出してきました(その歴史については、民俗資料館「ふるさと薩摩の館」に展示してあります)。金山が繁栄していたころの面影を残すのがこの坑口です。なお、鉱業館(金山の本部事務所)の館長として、西郷隆盛の長男「菊次郎」が明治42年から大正8年まで就任していました。
住所 鹿児島県薩摩郡さつま町永野金山
電話番号 0996-57-0970  (さつま町教育委員会薩摩教育係) Phone
FAX番号 0996-57-0822
交通アクセス 九州自動車道・横川ICから約20分(県道50号を宮之城方向へ)
料金 無料
HP 関連リンクを見るWeb

ここに行くモデルコース

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約