島津薩摩切子ギャラリーショップ 磯工芸館

前へ 次へ
【営業再開延期のお知らせ】
仙巌園・尚古集成館・島津薩摩切子見学工場および磯工芸館では、営業再開日を7月10日とお知らせしていましたが、県内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業再開日を延期させて頂くこととなりました。
県内の新型コロナウイルス感染について感染者数が拡大傾向にある中での営業再開は、県民の皆様にさらなる不安やご心配をおかけしかねないため、営業再開を1週間延期するものです。
ご利用を予定されていた方々には誠に申し訳ございませんが、事情ご賢察下さいますようお願い申し上げます。
対象施設:仙厳園、尚古集成館、島津薩摩切子見学工場、磯工芸館
営業再開日:令和2年7月17日(金)
注意:感染者数の拡大傾向が続く場合は、上記に示した営業再開日をさらに延長します。その際は改めてお知らせいたします。
※詳しくは仙巌園公式サイトをご覧ください

尚古集成館に隣接するレトロな洋館で、薩摩切子をはじめ薩摩の工芸品が並ぶショップです。併設の工場では、鮮やかな色彩と繊細なカットが特徴である薩摩切子の製造工程を見学できます。島津家27代斉興の時代、薬品を入れるためのガラス器の研究を命じ、薩摩藩のガラス製造が始まりました。28代斉彬が藩主になると、それまでのガラス製造をさらに発展させ、着色ガラスを研究開発し、色被せガラスにカット文様をほどこした「薩摩切子」が誕生します。その後、工場群「集成館」において、本格的なガラス製造が始まりました。磯工芸館として活用されている建物は、島津家吉野殖林所を管理するため、明治42年(1909)に建築されたもので、平成11年(1999)8月23日に国の登録有形文化財に登録されました。
 

周辺スポットPick Up  

  • 尚古集成館
    尚古集成館

    尚古集成館(本館)は、慶応元年(1865)に建てられ、金属加工や蒸気機関の修理などを行っていた、現存する最古の洋式工場建築物です

  • 名勝 仙巌園
    名勝 仙巌園

    万治元年(1658)に島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸です。28代斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。桜島を築山に、錦江湾を池に見立てた雄大な景観を楽しむことができます。

住所 鹿児島県鹿児島市吉野町9688-24 MAP
電話番号 099-247-8490  (磯工芸館) Phone
駐車場 20台(無料)
料金 無料
営業時間 8:30 ~ 17:30
営業期間 通年
休日 年中無休
※3月1日は臨時休園
HP 関連リンクを見るWeb

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約