若狭姫墓地

日本人初の国際結婚をした女性

天文12年(1543年)、第14代島主であった種子島時尭は、種子島に漂着したポルトガル商人から鉄砲を譲り受け、鉄砲製作を刀鍛冶八板金兵衛らに命じました。八板金兵衛の娘である若狭は、父の火縄銃国産化の力になるためにポルトガル人と結婚し、ポルトガル人から鉄砲製造法を聞き出しました。そして、八板金兵衛はわずか2年で国産化に成功したため、若狭は火縄銃国産化の影の立役者といわれています。八板家系図には、「若狭、大永7年(1527)丁亥4月15日生れ。母楢原氏女。天文12年(1543)8月、牟良叔舎に嫁し蛮国に至り感ありて一首を詠ず。『月も日も日本の方ぞなつかしきわが二親のあると思へば』天文13年(1544)蛮船に駕し来り父子相見る。数日にして若狭大病にて死すと詐り、棺槨を営みて殯葬す。蛮人これを見て涙を流さず。」と記されています。また、ポルトガル人に嫁いだ若狭は、日本人初の国際結婚者といえます。
住所 鹿児島県西之表市西之表 MAP
交通アクセス [車]
・西之表港より約5分
・種子島空港より約25分
駐車場
営業期間 通年
HP 関連リンクを見るWeb

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約