持留神社(大崎二之宮)

前へ 次へ
いまは持留神社と称している神社は、以前、二之宮大明神社と呼ばれていました。
だれがいつ創ったかはわかりませんが、大永六年より前に創建されされており、大永の頃、持留は志布志領主新納忠勝の支配下にありました。
ここには、天正五年の棟礼に肥後国熊本杉五千本を挿植した記念の棟文があります。
元々大崎地方には杉などの針葉樹は自生していなくて、すべて移植したことがわかります。
大崎郷の時代、二之宮として、国家安全、家内繁昌、武運長久を祈るために行った五社参りの一つとして参拝されていました。
住所 〒899-7307
鹿児島県曽於郡大崎町持留19991 MAP
駐車場 なし

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約