集成館ガラス工場跡

薩摩切子が生産された歴史と伝統のあるガラス工場

前へ 次へ
島津斉彬はガラス製品を量産するため集成館にガラス工場を建設。1858年に集成館を見学したオランダ海軍の軍医ポンペはおよそ100名もの職人が働き、贅沢品から日用品まで幅広く製造していたと記録しています。1858年、斉彬の死に伴って工場は縮小。1877年頃にはガラスの製造が途絶えます。1986年、島津興業が磯にガラス工場を建設し薩摩切子の製造を開始しました。集成館事業が行われていた場所で現在も操業しているのは薩摩切子税造のみ。100年以上の時を経て復活した薩摩切子の製造を間近に見ることができます。
住所 鹿児島県鹿児島市吉野町磯 MAP
電話番号 099-247-1551  (仙巖園代表) Phone
駐車場 乗用車:1日300円,バス:1日1000円
営業時間 8:30~17:30
営業期間 通年
休日 年中無休
※かごしまマラソン開催日を除く
建築年代 安政2年(1855)
土地所有者・管理者 島津興業
標柱・説明版 標柱(仙巖園)有り
地表遺構の有無 幕末・明治に建設されたガラス工場に関連する遺構は確認されていません。
見学の際の留意事項 ガラス工房内では,薩摩切子の製作作業を見学できます。
HP 関連リンクを見るWeb

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約