磯造船所跡

ヨーロッパ式の船を造船した磯海岸にある造船所

前へ 次へ
ヨーロッパ式の船を建造するために設置された造船所は、磯海岸にありました。島津斉彬は、藩主になると長崎からヨーロッパ式の船の技術書を取り寄せ、ヨーロッパ式の船の建造を開始。この船の建造は、御船手で働いていた地元の船大工と長崎から招かれた3~4名の船大工が行いました。完成した船は「伊呂波丸」と呼ばれ、全長は約40mで外国船と同じ3本マストの船です。内部はヨーロッパ式で、外部は幕府の大船建造の禁に違反しないように和船に。磯造船所では、蒸気船の研究も行われていました。
住所 鹿児島県鹿児島市吉野町磯 MAP
駐車場 無し
建築年代 嘉永4年(1851)
土地所有者・管理者 民有地
標柱・説明版 標柱有り,説明板有り
地表遺構の有無 遺構は残されていません。
見学の際の留意事項 照国公(島津斉彬)製艦記念碑と造船所の由来を記す石碑が建っています。

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約