金山橋

山ヶ野金山の運搬道にかけられた 美しいアーチの石橋

前へ 次へ
金山橋は凝灰岩で建設された美しいアーチ形の石橋で、長さ22.6m、幅4.2m、川からの高さは約10m。島津家は幕末にフランス人技師のコワニエを雇い、山ヶ野金山の近代化に着手しました。コワニエが去った後、1878年にオジェが雇われると近代化事業を継続。オジェが行った金山の近代化事業は、鹿児島県の年間予算に匹敵する20万円が投じられました。その一環で山ヶ野から加治木港までの馬車道も整備。金山橋は、この馬車道整備に伴い、網掛川にかけられたものです。橋の近くには、当時の馬車道とみられる旧道が残っています。
文化財指定 姶良市指定史跡
住所 鹿児島県姶良市加治木町小山田 MAP
電話番号 0995-62-2111  (姶良市教育委員会) Phone
駐車場 有り
建築年代 明治13年(1880)頃
土地所有者・管理者 姶良市,個人
標柱・説明版 標柱,説明板あり
地表遺構の有無 橋本体は明治期の状態で残っています。欄干や路面は,平成23年3月に改修が行われており,新しい部材となっています。
見学の際の留意事項 水神碑が残っています。                                       
旧道から川に下りて橋を見学できます。                                
橋の下流には,龍門滝があります。

ここに近い観光スポット

ここに行くモデルコース

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約