慈遠寺跡(八坂神社内)

前へ 次へ
慈遠寺は、大同4年(809)に藤原氏の氏寺である興福寺の末寺として創建され、藤原氏の嫡流近衛氏によって建てられたものと推測。慈遠寺は、島外との文化・経済交流に大きな役割を果たした。特に天文12年(1543)の鉄砲伝来に際しては、明国人、琉球人、ポルトガル人の宿坊にあてられ、諸外国との交流にも重要な拠点となる。しかし、明治元年(1868)の廃仏毀釈により取り壊される。敷地内にある「手洗鉢」(西之表市指定文化財 有形民俗文化財)は、慈遠寺の唯一の遺物であり、種子島の歴史を語る上で、極めて重要な資料。
住所 鹿児島県西之表市 MAP
電話番号 0997-22-1111  (西野表市役所) Phone
交通アクセス [車]
・種子島空港から約30分
・西之表港から約5分
営業期間 通年
HP 関連リンクを見るWeb

ここに近い観光スポット

ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設

行きたいリストの共有
行きたいリストを共有しますか?

各スポットページに表示されている「行きたい」ボタンをクリックすることで、「行きたいスポットを集めた自分だけのリスト」を作成できます。
「共有URLを作成」ボタンをクリックすると固有のURLを発行できますので、友達や家族と共有し、旅のプランニングにお役立てください。

使用規約