敷根火薬製造所の石臼 (シキネカヤクセイゾウショノイシウス)

大量の火薬製造を物語る 火薬原料加工用の巨大石臼

霧島・姶良エリア 薩英戦争 火薬

敷根火薬製造所で使用されていた巨大な石臼は、直径67センチ、厚さ27センチ、重さ240キロ。地元の凝灰岩によってつくられています。火薬は硫黄や木炭、硝石の粉末を混ぜ合わせて製造されました。敷根火薬製造所では高橋川から水を引き、水車の動力を使って石臼を回して硫黄や硝石をすり潰しました。巨大な石臼は、かつて火薬製造所に大規模な設備が存在し、大量の火薬が製造されていたことを物語っています。現在、石臼は霧島市立国分郷土館に保管・展示されています。

産業遺産情報

土地所有者・管理者 霧島市
標柱・説明版 館内に説明あり

基本情報

住所 鹿児島県霧島市国分上小川3819
電話番号 0995-46-1562(霧島市立国分郷土館)
営業日 通年
営業時間 午前9時~午後5時
休日 月曜日(祝日の場合その翌日)、12月29日~翌年1月3日
料金 〈入館料〉
小・中・高校生 70円(60円)
大学生・一般 130円(110円)
※()内は団体10名以上
交通アクセス JR国分駅より車で10分
国分城山公園入口近く
駐車場 有り

シェアする

ここに近い観光スポット ここに近い観光スポット

ここに近い温泉 ここに近い温泉

ここに近い宿泊施設 ここに近い宿泊施設

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.