•  

大隅半島の西郷隆盛ゆかりの地をめぐるコース

  • 所要時間1日
  • 交通手段

START

鹿児島中央駅から桜島フェリー利用約15分含み車で約1時間

有村溶岩展望所

 
 有村溶岩展望所

桜島の有村は江戸時代を通じて桜島を代表する温泉地でしたが、大正3年の桜島の大噴火によって溶岩が流出し、施設の多くが埋没してしまいました。有村の温泉には西郷隆盛も明治9年に訪れています。現在は溶岩の迫力と南岳を間近に眺められる展望台もあります。

住所 〒891-1545 鹿児島県鹿児島市有村町952
電話番号 099-216-1327(鹿児島市観光振興課)

車で約50分 

西郷南洲翁最後之宿泊地

 西郷南洲翁最後之宿泊地

高須川沿いにある田中邸は、この地を西郷が訪れた際は立ち寄る家であったと伝わります。明治10年2月2日、私学校生徒らの暴発の報を前日に聞いた西郷は、高須を経由して鹿児島に戻ったと伝わります。

住所 鹿児島県鹿屋市高須町

車で約30分 

西郷南洲翁宿泊の家

 
 西郷南洲翁宿泊の家

明治10年の1月から大隅半島南部を中心に狩りをしていた西郷隆盛は、小根占の平瀬邸を宿所にしていました。建物のほか、手水鉢などが当時をしのばせます。西郷はここで私学校生徒らが火薬庫を襲撃したことを知るのです。

住所 鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北38
電話番号 0994-24-3164(南大隅町教育振興課)
休日 無休

根占フェリー利用約50分で移動指宿泊

GOAL

Google Mapの読込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がありますのでご了承ください

シェアする

次にチェックしたいモデルコース 次にチェックしたいモデルコース

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.