本物の素材を生かしたメニューがいっぱい!かごっまグルメ&お土産

上質な柔らかさと味わいの「かごしま黒豚」

400年の歴史と生産者の愛情が育んだ「かごしま黒豚」
鹿児島を訪れたら絶対に食べてほしい「かごしま黒豚」。甘しょ(さつまいも)で育った黒豚は、お肉なのに脂っぽさがなくさっぱりとした食感。歯切れがよく、柔らかいのも特徴です。その美味しさのヒミツや歴史、おすすめのメニューとお店を紹介します。

※画像提供:鹿児島県黒豚生産者協議会/鹿児島県観光連盟
健康的で優れた肉質!おいしさの秘密は甘しょ(さつまいも)パワー
鹿児島県黒豚生産者協議会の会員が生産した「黒豚」は、甘しょ(さつまいも)入りのエサを厳格なルールに基づき与えているのが特徴。甘しょを与えることによって黒豚の肉質が向上、さっぱりとした味でしまりのある肉質が生まれます。鹿児島の豊かな自然の中でじっくり愛情をかけて育てているのも、黒豚がおいしい理由のひとつ。協議会会員が生産した黒豚は「かごしま黒豚」と称され、その肉質は「軟らかく、歯切れがよく、うま味がある!」と国内だけでなく海外でも人気です。
一時は絶滅の危機?見事な復活劇の影に生産者の努力あり
今から約400年前、島津家により琉球から移入されたのが「かごしま黒豚」のルーツといわれ、その後長年に渡り県内で飼育されてきました。幕末には外交問題の重鎮・水戸藩主徳川斉昭公をして「いかにも珍味、滋味あり、コクあり、何よりも精がつく」と言わしめ、郷土の偉人・西郷隆盛もこよなく愛したといわれています。全国的に知られるようになった「かごしま黒豚」ですが、昭和40年代には経済効率の高い白豚が導入されたことで、絶滅の危機に直面した歴史も。そんな状況を救ったのは、「量より質の時代が必ず来る」と信じた生産者や関係者の努力でした。今日では「鹿児島といえば黒豚」と言われるほどの見事な復活を遂げ、鹿児島県の食の代表格となっています。
カラリと揚がった至福のひと品!サクサクの衣に包まれた黒豚の旨味
サクサクの衣。歯切れのよい豚肉からは旨味が溢れ出して口の中を満たす。黒豚料理の中でも不動の人気を誇るのがとんかつです。有名店になると食事どきには行列ができることも珍しくなく、その人気の高さを物語っています。専門店も多数あり、肉の下ごしらえから揚げ方、衣となるパン粉や卵など、技と素材にこだわり各店がしのぎを削っています。
ごまかしの効かない調理法。黒豚本来の美味しさが際立つ。
薄くスライスしたバラ肉やロース肉を出汁にくぐらせて食べる、黒豚料理の代表格。シンプルな調理法だけに、黒豚本来の美味しさが際立ちます。甘くジューシーなバラ肉、しっかりした食感に奥深い旨味を持つロース肉と、部位による違いが楽しめるのもポイント。「肉を出汁にくぐらせたあと生卵をつけて食べる」など、提供するお店によって食べ方にも違いがあります。
じっくり煮込んで柔らかく!甘辛の味付けでご飯がすすむ
豚の三枚肉(バラ肉)を、濃口醤油や砂糖、酒などでじっくり煮込んだ料理です。甘辛の味付けが豚肉の旨みとマッチ。ほろほろと崩れていく柔らかな食感で、ご飯のお供に最適です。鹿児島に昔から伝わるレシピでは豚の骨付きあばら肉を使うため、“とんこつ”と呼ばれます。薩摩武士たちが戦場や狩場で作ったのが始まりとされています。
肉厚の豚肉を豪快に焼き上げる!赤身と白身の美味しさを一度に
黒豚の美味しさをよりダイレクトに、豪快に味わうなら“ステーキ”がおすすめ。肉厚のロース肉やヒレ肉をこんがりと焼き上げ、塩コショウやタレなど最低限の味付けで仕上げます。適度な歯ごたえがあり、噛むほどに味わいを増すジューシーな赤身に、甘みがあり口の中でとろけていく白身。その両方を一度に味わえる贅沢な逸品です。
かごしま黒豚料理を召し上がれ!
かごしま黒豚販売指定店(精肉店・飲食店)、かごしま黒豚「こだわりの店」を紹介します。

鹿児島食べ歩きMAP

鹿児島食べ歩きMAP

生産者がおすすめする29店を掲載。
鹿児島中央駅周辺、天文館周辺の地図をPDFでダウンロードできます。