都萬(妻萬)神社(大崎一之宮) (ツマジンジャ)

都萬神社は、日向五郡(臼杵、児湯、那珂、宮崎、諸県)の各郡に一社ずつ設けられた「日向五社大明神」の一つ。また、大崎町の五社詣での一つ。

大隅エリア 史跡・寺社・武家屋敷

都萬神社は、日向五郡(臼杵、児湯、那珂、宮崎、諸県)の各郡に一社ずつ設けられた「日向五社大明神」の1つ。もともと大崎町は、明治初期までは現在の志布志市とともに日向国諸県郡に属していました。

初めは志布志原田村(現有明町原田)にありましたが、天文九年十一月三日に今の場所に遷宮されました。祭神は、「木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)」「立述主命(タチノベノミコト)」。

木花開耶姫命はかぐや姫の伝説があり、またお乳の神様ともされる他、安産にもご利益があると言われています。この都萬神社は大崎町の一の宮として昔から大切にされ、大崎郷の五社参りとしても参拝されていました。

毎年、初日の出を見た後にお参りされる方が多くいらっしゃいます。

社宝として、国の重要文化財に指定されている銅鏡「籬二菊双雀文様(まがきにきくそうじゃくもんようきょう)」、神楽面などがあります。

基本情報

住所 鹿児島県曽於郡大崎町假宿1589
電話番号 099-476-0588
営業日 通年
休日 無休
交通アクセス 国道220号を鹿屋市から志布志方面へ車で30分。三文字交差点を通り抜け、坂を登ると左手。
駐車場
ホームページ 公式サイトを見る

シェアする

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください。